成果報告書詳細
管理番号20120000000089
タイトル平成23年度成果報告書 地域水素供給インフラ技術・社会実証 地域導入可能性調査 山口県における水素供給インフラの導入可能性調査
公開日2012/6/21
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人山口大学 山口県 社団法人中国地方総合研究センター
プロジェクト番号P11003
部署名新エネルギー部
和文要約平成23年度成果報告書 地域水素供給インフラ技術・社会実証 地域導入可能性調査
「山口県における水素供給インフラの導入可能性調査」 
 山口県全体を網羅するための理想的な水素ステーション設置箇所を二つの手法により検討した結果、16箇所あるいは153箇所が必要となった。一方で、2015年に向けた4大都市圏以外の先行整備方針を考慮して、高速道路沿線もしくはその付近で、県内の水素ステーション候補地を調査し、12箇所を抽出した。この中から、現状の県内交通量を考慮し、具体的調査対象地域として下関地域、新山口駅北地区、周南市西部道の駅整備予定地、周南市東部・下松市付近、岩国地域の5つを選定した。山口県内の高速道路上への設置については、高速道路上のサービスエリア及びパーキングエリアの立地条件から水素ステーションの設置には周辺の大規模開発が必要であること、及び地域におけるFCV普及への寄与が小さいと考えられることから、本調査ではインターチェンジ(以下、IC)に比較的近い一般道路沿いへの設置を考えることとした。
 また、水素ステーションの利便性が現在のガソリンスタンドの利便性と同程度と仮定した場合、将来のFCVの普及は、HEVの普及と同様の傾向をたどると想定し、高速道路におけるHEVの走行台数実態調査、県内自動車ディーラーでのHEV販売台数の調査、及び新車登録台数年報の調査を行った。その結果、FCV市場導入から15年後の山口県でのFCV比率は、3つの調査の中で最も厳しい数値で約5%であった。
 人口・交通量の少ない地方都市では、普及初期には水素ステーションの採算性を考えると、稼働率を向上することが課題である。その課題に対する対策としてFCVへの供給と併せて水素ステーション周辺において水素エネルギーを利用するモデル(「山口モデル」)について、前述の5つの候補地域を対象に検討した。
 また、水素ステーションの経済性としてイニシャルコスト、ランニングコストを調査し、山口県における水素ステーションの経済性について検討した。その結果、普及初期においてはFCVのみで水素ステーションの採算をとることは困難であるが、周辺施設への水素供給による稼働率向上が有効であること、また、特にFCバス導入の効果は非常に大きいことが分かった。
 地方都市で水素ステーションを整備していくためにはイニシャルコストをできるだけ抑え、かつFCVユーザーの利便性を確保しながら整備を進めていくことが重要と考える。そこで、水素需要量にあわせた移動式ステーション(Type C)→簡易ステーション(Type B)→定置式商用ステーション(Type A)といった水素ステーション形態の発展と県内への水素ステーション配置において、Type CやType Bのステーションを各地に設置し(サテライトステーション)、Type A(マザーステーション)からこれらサテライトステーションへ水素を供給するモデルを考え、山口県における水素ステーション導入シナリオ(イメージ)を検討した。
 最後に、山口県における水素供給インフラ導入に向けた取組の方向性と課題についてまとめた。取組の方向性としては、地方都市における水素ステーションの稼働率向上のため、「山口モデル」の構築、及びFCバスの導入に向けて、設置候補地を有する自治体事業及びバス事業者との連携を図り、観光など幅広い経済効果をはじめ、環境性(低炭素地域づくり)、社会性(防災拠点としての機能等)も視野に入れた取組を進めることが重要であることを示した。
英文要約Title:Social infrastructure technology demonstration hydrogen supply in the region,
Feasibility study introduction to the region “Feasibility study the introduction of hydrogen supply infrastructure in Yamaguchi Prefecture” Final Report (FY2011)
 We examined the ideal locations for hydrogen stations covering the entire Yamaguchi Prefecture by two methods. As a result we found 9 or 153 stations were needed. Meanwhile, we surveyed potential sites for hydrogen stations in the prefecture based on the condition that we could secure certain lands along or near highways as the prior development policy for 2015 except for four metropolitan areas. Consequently, we extracted 12 candidate sites for the specific survey to construct hydrogen stations. In addition to the surveys of the above, considering the current traffic volume in the prefecture, we selected five areas of Shimonoseki, Northern District of Shin Yamaguchi Station, a construction site of a roadside station in the west of Shunan city, the east of Shunan neighboring Kudamatsu, and the Iwakuni area as the specific study areas. However, because of the site conditions of service areas of highways and parking areas in Yamaguchi prefecture, large scale development of neighboring areas is needed to construct hydrogen stations on highways. And the contribution to the spread of FCV in the region is considered small. Therefore, we decided to construct the stations on ordinary streets which are relatively near to highway interchanges.
 In addition, expecting the growth of FCV would be the same as the growth of HEV in the future, we calculated the growth rate of FCV based on the sales of HEV at auto dealers in the prefecture and the number of HEV running on highways. The growth rate of FCV in Yamaguchi prefecture in 2030, 15years after the introduction of FCV market in 2015, will be about 5%.
 In cities with less population and traffic volume, considering the profitability of hydrogen stations in the beginning, improving the utilization rate is a key issue. As a countermeasure to the problem, we considered a model using hydrogen energy in the vicinity of the hydrogen stations as well as supplying FCV, which is called Yamaguchi model, and examined the model in the foregoing five areas.
 In addition, as the economic effects of hydrogen stations, we evaluated the profitability of the implementation of hydrogen stations in the prefecture in related to the initial costs, running costs and the feasibility in the planned construction site. As a result, we found that although in the beginning of the FCV, making profits only from FCV is difficult, the capacity utilization by supplying hydrogen to the surrounding facilities would be valid, and effects of introducing FC bus would be very large.
 In order to develop a hydrogen station in the provincial cities, it is important to reduce the initial costs as much as possible while maintaining the convenience of the user and FCV. Then, we considered the model should be evolved from mobile stations ("chicks") → mobile stations (container type) → simplified stations → stationary commercial stations, and examined hydrogen station deployment scenarios (image) in Yamaguchi Prefecture.
 At the last, we summarized the direction of the efforts and challenges for the introduction of hydrogen supply infrastructure in Yamaguchi Prefecture. The direction of efforts is that to improve the utilization rate of hydrogen refueling stations in cities, it is significant to make cooperation with the bus operators and local government which has the candidate sites for the construction of “Yamaguchi model” and the introduction of the FC buses, and to proceed efforts with consideration for the environment (development of a low-carbon community) and sociality (the function as a disaster-prevention facility and so on) as well as broad economic efforts including tourism.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る