成果報告書詳細
管理番号20120000000204
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インド共和国における鉄鋼焼結プロセス 温室効果ガス削減プロジェクトの案件組成調査
公開日2012/6/1
報告書年度2011 - 2011
委託先名住友金属工業株式会社、 パシフィックコンサルタンツ株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約1.プロジェクト概要
(1)概要
本件は、住友金属工業(株)及びパシフィックコンサルタンツ(株)が、政府が検討中の二国間オフセット制度に適用する案件を組成するために、インドにある製鉄所の焼結工場への、温室効果ガスを削減するための省エネルギー技術の導入可能性を調査したものである。
(2)技術
今回適用を検討した省エネルギー技術は、住友金属工業(株)が開発したものである。排熱回収は、従来は大気に捨てていた熱を回収し、電力または蒸気として利用できる技術である。インドでは、日本のモデル事業として第一号機を建設中である。高効率点火炉バーナーは、コークス炉ガスを使用する燃焼効率の良いバーナーであり、燃料消費量の削減に効果がある。これらの技術は既に日本で普及しており、中国をはじめ世界でも採用例が増えている。
(3)MRV手法
複雑で手間のかかるCDMの手法に代わり、より実際的でかつ簡素な手法を提案する。具体的には、日常の操業管理データ(排熱回収の場合は発電量または蒸気発生量、高効率点火炉バーナーの場合は燃料消費量)を用い、省エネルギー技術を導入しない場合の温室効果ガス排出量をベースラインとして、温室効果ガス削減量を求める。
(4)排出削減量
排熱回収設備導入による温室効果ガス削減量は、電力利用時3.1万トン/年または蒸気利用時5.2万トン/年である。高効率点火炉バーナーについては、今回の対象製鉄所では便益が発生せず実現性がないことから、温室効果ガスの削減は見込めない。
2.事業化の見通し・課題(排熱回収設備のみ)
(1)経済性分析
必要投資額を温室効果ガス削減インセンティブを加えた便益で除した回収年は、電力利用時9.5年または蒸気利用時6.1年となった。対象会社の投資判断基準は4年以内であり、この基準を満足できないことが判明した。
(2)課題
温室効果ガス削減インセンティブ及び低金利融資のみでは本プロジェクトの実現性は低いことから、追加的な仕組みが必要となる。具体的には、温室効果ガス削減技術の導入に対するインド政府の施策(設置義務化または補助制度導入)が必要である。円高の下で日本の輸出振興を図るためには、日本政府による追加的な仕組みを導入する必要がある。
英文要約1. Project Overview
(1)Abstract
This project aims to make a proposal to support Bi-lateral Offset Credit Mechanism (“BOCM”) investigated by Japanese government. Sumitomo Metal Industries, Ltd. and Pacific Consultants Co., Ltd. studied the feasibility of introducing energy saving technologies to a sinter plant in the steel works in India to achieve the reduction of Green House Gas (“GHG”) emission.
(2)Technology
The technologies adopted in this study were developed by Sumitomo Metal Industries, Ltd. Waste Heat Recovery System produces electric power or steam by utilizing the discarded heat generated from a sintering process. The first Waste Heat Recovery System in India is under construction as a model project of Japan. High-efficiency Ignition Burners using coke oven gas reduce energy usage. These technologies are widely used in Japan and are disseminating to the world including China.
(3)MRV Methodology
Instead of complicated and time-consuming CDM methodology, a more practical and simple procedure is proposed. GHG reductions from the baseline emissions are calculated by making good use of regular operational management data (electrical power or steam produced in Waste Heat Recovery System and fuel consumption for High-efficiency Ignition Burners).
(4)GHG Reductions
Waste Heat Recovery System: 31,000tCO2/year in the case of electric power or 52,000tCO2/year in the case of steam. High-efficiency Ignition Burners: 0tCO2/year due to no benefits in the works.
2. Feasibility and Issues (only Waste Heat Recovery System)
(1)Economic Analysis
Pay-back years are calculated as follows: the capital investment divided by benefits including GHG reductions incentive. The results are 9.5 years in the case of electric power or 6.1 years in the case of process steam. These numbers do not meet the investment criteria in the company, which is within 4 years.
(2)Issues
Additional measures are needed to realize this project, because GHG reductions incentive and low-interest financing are not enough to help to meet the criteria. The governmental measures (obligation of introducing GHG reduction technologies or subsidy to capital investment) in India should be introduced. Japanese government should introduce the additional measures to facilitate the export from Japan under the strong yen.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る