成果報告書詳細
管理番号20120000000205
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インドネシア国におけるユーティリティ供給設備向け「連携制御(RENKEI)技術適用プロジェクト」の案件組成調査
公開日2012/6/8
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社山武
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 「インドネシア国におけるユーティリティ供給設備向け連携制御技術適用プロジェクト」

. 本調査は、インドネシア国において、「連携制御」(RENKEI)技術として、工場やビルのユーティリティ設備の連携制御を行い、省エネを実現する「ユーティリティ設備運用最適化システム」を適用した場合に、2国間クレジットスキームのどのように貢献するかを調査・検討した。
「ユーティリティ設備運用最適化技術」(以下 「U-OPT」)は、工場やビルに電力、蒸気、冷温水、圧縮空気などのユーティリティを供給しているユーティリティ設備全体の運用最適化を図り、大幅な省エネルギー・CO2削減を可能とするものである。 今までの国内での適用実績では、CO2の全排出量の約2?5%が削減されている。
.2国間クレジット実施に必要とされるMRV等方法論として、二つの方法論を提案している。
一つ目の方法論は、既存のCDM方法論にのらないシミュレーション技術を使った独自のものである。ベースラインの算定に、蒸気・電力需要、使用可能な機器制約、機器効率の変化を考慮して行うことにより、当該技術外の影響因子を排除しようとするものである。
ベースライン(U-OPT導入前のCO2排出量)算出に、最善(最適)運転からの乖離の程度を表す「乖離率」という指標を導入し、プロジェクト導入後のベースラインを、その蒸気需要量や使用可能な機器および直近の運転実績データを基に求めた機器効率を用いて、シミュレーションにより最適運転と乖離率から算出する。
実際に使用された燃料の計測値とシミュレーションで求めた導入前のCO2排出量(ベースライン)とを比較し、削減量を計算するものである。
しかし、一つ目の方法論に十分対応可能な計測ポイントやデータ収集システムを持っていない工場には、暫定的に二つ目の方法論を提案する。
二つ目の方法論では影響因子の中で一番影響の大きい蒸気・電力需要のみを考慮し、機器選択、機器効率の変化については、良い保守の元で長期間であれば平均化するという前提の元に考慮外としている。
次に、本技術による想定排出削減量を推算すると、
今回F/Sを実施した繊維工場およびパルプ&ペーパ工場での削減量は、各8,934 t-CO2/年(3.5%)、3,869 t-CO2/年(2.3%)である。
波及効果として、インドネシアの繊維とパルプ&ペーパ工場の3割の工場がU-OPTを導入し、2%の削減効果があるとすると、50,000t-CO2/年の削減効果が期待される。また、更に他の工業市場に拡大した場合、その1割の工場がU-OPTを導入し、2%の削減効果があるとすると、300,000t-CO2/年の削減効果が期待される。
IRR for the textile factory: 154%
IRR for the pulp and paper factory: 77%
事業性を評価するために、今回の調査で、先の中小規模の繊維工場およびパルプ&ペーパの工場に対してF/Sを実施し、内部収益率(IRR)を求めたが、繊維工場で154%、パルプ&ペーパの工場で 77% と高い値が得られている。
課題としては、当該技術は日本発の新しい技術であり、削減効果の確証を相手に与えるまでに時間を要することである。一度、インドネシア国内でランドマークとなりうる導入実績を作れば、加速的に導入プロジェクトを展開できることが期待できる。その意味で事業のポテンシャルは非常に大きいと言える。
英文要約Title: Feasibility Studies with the Aim of Developing a Bilateral Offset Credit Mechanism Operation “Optimization cooperation control (RENKEI) Technology for Utility Facility in Republic of Indonesia”

We studied how the utility operational optimization system, which is one of “RENKEI” control for factories and buildings, contributes to Bilateral Offset Credit Mechanism “BOCM” in Indonesia.
The utility operational optimization system “U-OPT” achieved a large amount of energy conservation and CO2 reduction by operational optimization of total utility facilities which supply power, steam, cold/hot water, compressed air and so on to factory and building.
In the actual results in Japan, around 2 to 5% reduction of total CO2 emissions was achieved.
.We have proposed two methods of MRV required for a BOCM scheme.
One method is a complete new technology from the existing CDM methods which uses a simulation technology. This method calculates a baseline by eliminating other effects such as demand change of power/steam, available equipment change, equipment efficiencies change and other factors unrelated to U-OPT.
We apply the divergence ratio which shows how the current operation differ from optimum operations in calculation of the baseline.
The baseline after introducing the project is calculated with this index and the optimum operation using the simulation technology with the equipment efficiency and the latest actual data after the project.
The CO2 emission reduction is gained by calculating the difference between the baseline CO2 emission calculated by simulation and the actual CO2 emission.
This MRV method needs sufficient measuring points and suitable amount accurate data, however some of targeted factories and buildings have not these measuring points and data collecting system.
We propose the second method for these factories as temporary method before arrangement of measuring instruments and data collection system. .
In the second method, we are focusing on only changes in demand for steam and electric power as the most effective factor other than U-OPT.
We are not taking into account the effect of equipment availability and equipment efficiency as they will be averaged over a long term under a proper maintenance.

We estimated the CO2 reduction by this technology.
We conducted feasibility studies (FS) for two middle-size factories, one is a textile factory and the other is a pulp and paper factory. We could obtain the following results of FS:
CO2 reduction per year for the textile factory: 8,934 t-CO2/year (3.5 %).
CO2 reduction per year for the pulp and paper factory: 3,869 t-CO2/year (2.3 %).
If we assume that this technology extends to 30% of the textile industries and the pulp and paper industries in Indonesia and 2% CO2 reduction is realized, 50,000t-CO2 reduction per year is expected.
Moreover, if this technology extends to 10% of the whole industries in Indonesia and 2% CO2 reduction is realized, 300,000t-CO2 reduction per year is expected.

In order to evaluate business potential, we conducted FS and calculated IRR for the above-referenced textile factory and the pulp and paper factory. As the results the following high values are obtained.
IRR for the textile factory: 154%
IRR for the pulp and paper factory: 77%
The hurdle of this technology expansion is that it requires time for Indonesian clients to understand merits of this technology, since it is a new technology originated from Japan.
However, once we provide the land mark of a successful example for the introduction of this technology in Indonesia, this technology is expected to be rapidly spread in Indonesia.
We can say that if this hurdle is cleared, this technology has a great business potential.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る