成果報告書詳細
管理番号20120000000268
タイトル*平成20年度中間年報 革新的ゼロエミッション石炭ガス化発電プロジェクト 発電からCO2貯留までのトータルシステムのフィジビリティー・スタディー CO2輸送システムの概念設計(H20~H22)
公開日2012/6/9
報告書年度2008 - 2008
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P08020
部署名環境部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1. 研究開発の内容及び成果等
液化CO2 の貯蔵・払い出し・受け入れ基地を陸上に設ける場合、船舶を接舷係留できる既存の
港湾施設が無い場合には、港湾設備の新規建設が必要になる。この場合は、港湾建設に時間を要するだけでなく、海洋土木工事、港湾建設、インフラ整備費用が発生し、その後の航路維持浚渫等の港湾維持・保守費用も必要であることから、経済的に大きな負担となる。
英文要約(1) Setting of the design wave of the pool sites; Wave data neighborhood of pool sites (Boso, Sakata and Amakusa) were investigated, so as to set design wave by statistic technique. In result, design wave height in Boso worked out 8.05 meter, using Weibull distribution. (2) Investigation of anamnestic floating equipments; About 220 floating oil structures at work were investigated. However most of those design conditions are not disclosed, so World Hydrographic Conditions in Handbook of Ocean Engineering (JNOC, 2002) were appropriated. (3) Study on concept of floating base; Some map diagram of the design criteria and floating forms or mooring systems were created for concept design.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る