成果報告書詳細
管理番号20120000000317
タイトル平成22年度成果報告書  平成20年度第2回採択産業技術研究助成事業 08C46588c エネルギー効率の最大化を目的とした適応型3次元マイクロプロセッサ・アーキテクチャの研究 平成22年度中間
公開日2012/6/27
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人九州大学 井上 弘士
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約【適応型3次元積層メモリ・アーキテクチャの開発】プログラム実行中に積層
DRAMを活用する新しいアルゴリズムを新たに考案し、従来は対応できなかった
実行の動的な振る舞いへの追従を可能とした。

【適応型3次元積層アクセラレータ・アーキテクチャの開発】動画像認識処理向
け3次元積層アクセラレータに関して、詳細なアプリケーション分析、ならびに、
性能/消費エネルギー見積もり評価を実施した。

【適応型3次元積層アクセラレータ向けコンパイラの開発】コンパイラ実装に向
けたフレームワークの開発、ならびに、チップ温度を考慮したALUマッピング技
術に関する研究開発を実施した。
英文要約Adaptive Memory Architecture for 3D-IC: A novel algorithm to exploit a
3D stacked DRAM die has been proposed. It makes it possible to capture
the variation of program execution behavior and optimize memory
organization.

Adaptive Accelerator Architecture for 3D-IC: An application for image
recognition has been analyzed. Performance/energy estimation for the
proposed 3D accelerator has been performed.

Compilation Framework: We have developed a compilation framework for
the proposed accelerator and a mapping technique to alleviate thermal
effects.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る