成果報告書詳細
管理番号20120000000319
タイトル平成22年度成果報告書  平成20年度第2回採択産業技術研究助成事業 08C46618c ピコリットル微小液滴反応場を利用した低分子系有機薄膜デバイスプロセスの開発 平成22年度中間
公開日2012/6/1
報告書年度2010 - 2010
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所 長谷川 達生
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約前年度開発に成功した貧溶媒添加型インクジェット印刷法による単一成分低分子系有機半導体の均質薄膜形成技術をさらに高度化することを目的とした。クロスニコル偏光顕微鏡を用いたミクロ液滴内での薄膜成長の観察を行い、低分子系半導体薄膜が気液界面において成長していることを見出した。この結果をもとに液滴形状を制御し液滴内に濃度勾配を形成することにより、薄膜成長を制御することが可能なことを明らかにし、単結晶薄膜化とそのアレイ化技術の開発に成功した。さらに得られた薄膜の放射光X線回折測定、偏光吸収スペクトル測定などの薄膜評価を行い、その単結晶性を評価することに成功した。
英文要約In the fiscal year of 2011, we further sophisticated the production technology for highly uniform thin films of single-component semiconducting molecular materials on the basis of the antisolvent-coupled inkjet printing technique that we developed in the last fiscal year of 2010. We utilized crossed-Nicols microscope to observe the film growth of semiconducting molecular materials within the microliquid droplet, and found that the films are grown at the liquid-air interfaces. Based on the results, we designed the droplet shape to form the concentration gradient, and succeeded in the production of single-crystal films and arrays by controlling the film growth. We also evaluated the single crystal nature of the films by synchrotron radiated x-ray diffractions and polarized optical absorption spectrum.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る