成果報告書詳細
管理番号20120000000320
タイトル平成22年度成果報告書  平成21年度第2回採択産業技術研究助成事業 09C46551d サスティナブルFe酸化物高温強磁性半導体を用いたスピンエレクトロニクス素子の開発 平成22年度中間
公開日2012/6/13
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人大阪大学 田中 秀和
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約(1)強磁性酸化物ナノデバイス構造作製技術の確立
既存手法では作製が極めて困難な細線幅 < 50 nm以下のFe酸化物ナノ細線構造を大面積一括で作製することに成功した。
(2)細線幅 < 50 nm Fe酸化物ナノ細線構造体の基礎物性評価
磁気抵抗特性、抵抗率から良質なナノ構造体の生成を確認。
(3)積層型強磁性トンネル接合構造の作製・評価
磁気トンネル接合構造において室温でトンネル磁気抵抗効果を観測
英文要約(1) Original nanofabrication method by combination of top-down and bottom-up technique has been established, and Fe2.5Mn0.5O4 nanowire structures with less than 50 nm width can be successfully formed.
(2) The Fe2.5Mn0.5O4 nanowires exhibited excellent transport properties, magnetoresistance and electrical resistivity.
(3) A tunneling magnetoresistance effect was observed in magnetic tunneling junctions with Fe2.5Mn0.5O4 electrode at room temperature.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る