成果報告書詳細
管理番号20120000000324
タイトル平成21年度第2回採択産業技術研究助成事業 09E52502a グローバルな食糧確保に貢献する寄生雑草制御技術の開発 平成22年度中間
公開日2012/6/1
報告書年度2010 - 2010
委託先名国立大学法人大阪大学 岡澤 敦司
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約・寄生雑草に特徴的に含まれるオリゴ糖の加水分解酵素の候補遺伝子を取得し,大腸菌での発現を行った.
・上記加水分解酵素のゲル内活性評価法(ザイモグラフィー)を確立し,寄生雑草発芽種子より抽出したタンパク質画分の活性を確認した.
・ポット試験にて糖加水分解酵素阻害剤ノジリマイシンがストライガの寄生率を低下させることを確認した.
・放線菌によるノジリマイシンの大量調製法を確立した.
英文要約・A gene encoding sugar hydrolytic enzyme involved in seed germination of parasitic weeds was isolated and expressed in E. coli.
・Zymography was performed to confirm the activity of hydrolytic enzyme extracted from the seeds in gel.
・The effect of nojirimycin on parasitism of Striga was evaluated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る