成果報告書詳細
管理番号20120000000325
タイトル平成22年度成果報告書  平成21年度第2回採択産業技術研究助成事業 09C46501d ナノ結晶による低熱伝導率化を利用したシート状熱電発電モジュールの開発 平成22年度中間
公開日2012/6/13
報告書年度2010 - 2010
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所 馬場 創
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約AD法で銅基板上に2mm以上の膜厚で97%以上の相対密度を有するBi0.4Sb1.6Te3厚膜の成膜に成功した。厚膜の導電率は焼結体よりも1桁程度低く、AD法による微結晶化、欠陥導入がキャリアの移動度を阻害していることを明らかにした。厚膜の熱伝導率は焼結体の20から30%程度であり、厚膜中に存在する多数の結晶粒界やナノポアがフォノン散乱を助長していることを明らかにした。また、AD法で厚膜型熱電発電モジュールを試作し、高温側78℃と低温側30℃で8.4W/m2の電力密度を得ることに成功した。
英文要約Bi0.4Sb1.6Te3 thick films with above 2 mm thickness and above 97% R.D. have been deposited onto the Cu substrates by AD technique. Electrical conductivity of AD films has been at least one order of magnitude less than that of the bulk materials by obstruction of carrier mobility with nano-crystallization and some kinds of defects in the films. Thermal conductivity of the films has been reduced by 20-30% of that of the bulk materials by enhancement of phonon scattering by many grain boundaries and nano-pores in the films. Thick film thermoelectric power generation modules with power density of 8.4 W/m2 have been produced.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る