成果報告書詳細
管理番号20120000000343
タイトル平成20年度~平成23年度成果報告書  平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08B40001c グリセリンの化学品・燃料への変換プロセス用触媒の開発 平成23年度最終
公開日2012/6/27
報告書年度2008 - 2011
委託先名国立大学法人東北大学
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約Ir-ReOx/SiO2を用いたグリセリンの水素化分解による1,3-プロパンジオール合成反応においては、反応溶液中に硫酸を共存させることで高い選択性を維持したまま、活性を向上させることができる。この結果を踏まえて、分離プロセスの効率化のために、硫酸を固体酸に置き換えるために検討を行った。その結果、MFIゼオライトが有効であることを見出し、固体酸助触媒の添加により、活性向上と同時に触媒上の金属成分の溶出を抑制し、さらに再使用も可能であることも明らかにした。
英文要約In the glycerol hydrogenolysis to 1,3-propandediol over Ir-ReOx/SiO2, the addition of H2SO4 to the reactant aqueous solution was effective to the increase of the glycerol conversion maintaining high selectivity. It is found that the MFI zeolite can substitute H2SO4 as a solid acid co-catalyst. This can make the separation of the catalysts from the product solution more energy efficient. The utilization of MFI zeolite suppressed the leaching of metal components on the catalysts, increased the activity and high recyclability of the catalyst and co-catalyst was also shown.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る