成果報告書詳細
管理番号20120000000402
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インドJSWスチール社製鉄所における省エネルギー・プロジェクトの案件組成調査
公開日2012/6/1
報告書年度2011 - 2011
委託先名JFEスチール株式会社 JFEテクノリサーチ株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約インドの年間粗鋼生産は既に約7千万トンと世界第4位レベル(2009年)に達し、2030年の鋼材需要は2?3億トンに達すると予想される。90年代初頭に開始された経済自由化以前から一貫製鉄プロセスを有するSAIL・RINL(共に国営)とTATAスチール、自由化後に一貫製鉄プロセスに進出したJSWスチール・ESSAR・Bhushanなどの大手鉄鋼事業者は、国内鋼材需要の急速な成長に対応して積極的な事業拡大を進めている。
JFEスチール(株)とJFEテクノリサーチ(株)は、NEDOの委託を受け、インドJSWスチール社グループの一貫製鉄所において、2つの省エネルギー技術に関する設備の基本設計作業と、全般的な省エネルギー・CO2削減ポテンシャルの推定・試算を実施した。
ヴィジャヤナガール製鉄所(年間粗鋼生産1000万トン、カルナタカ州)では、焼結クーラー排熱回収技術と転炉OGボイラー技術に関して設備の基本設計作業を実施した。第1焼結工場に対して焼結クーラー排熱回収装置を導入すると7.8MW(年間CO2削減量5.5万トン)のエネルギー回収が期待できる。また、転炉OGボイラー装置の導入にて第1製鋼工場36トン/h(同5.8万トン)、第2製鋼工場51トン/h(同8.3万トン)程度の蒸気回収が可能である。プロジェクトの実施には、現地調達比率の拡大等を通じた設備費の大幅な低廉化に加え、インド政府による省エネルギー目標の設定やBOCM等を通じた日本政府の適切な支援が不可欠である。
高炉と天然ガス法直接還元が共存するドルヴィ製鉄所(同300万トン、マハラシュトラ州)では次のような改善項目が発見された。1)日本の製鉄所に比べエネルギー原単位が比較的高く改善の余地がある、2)各種省エネルギー機器の設計能力がフルに発揮されていない、3)段階的に拡張が進んだため製鉄所全体の最適化を目指したエネルギー管理の確立が今後の課題。1)高炉ガス需給調整の改善、2)焼結排熱回収、3)大型モーターのインバーター化などの省エネルギー技術を導入することで、年間約4.2PJ(同37万トン)の省エネルギーが可能であると試算された。
鉄鋼セクターの省エネルギー技術移転プロジェクトに関しては、経済的追加性ではなく「効果的な省エネルギー技術」の「スムーズな移転と普及」に重点をおいた適格性の判断を実施すべきである。両国専門家の議論を踏まえて、両国政府間で移転を促進すべき技術を「ポジティブリスト」として合意することが望ましい。さらに事業者の予見性を改善し、負担を軽減するため、1)プロジェクト導入前の現状をベースラインとする、2)多数ある省エネルギー技術をいくつかにカテゴリー化し方法論を共通化する、3)確立された既存のエネルギー管理システムを活用する。また、製鉄所全体における省エネルギーの取組を1つのプロジェクトと捉え、個々の技術導入をそのサブプロジェクトと見なす(パッケージ化)ことで、効果の小さなサブプロジェクトに係る審査・認証の負荷を軽減することも必要である。
BOCM制度構築に向けた2国間協議を通じて、日本政府が積上げてきた省エネルギーに関する各種の政策ベストプラクティスの共有と、その立案・推進を可能にする人材育成に関する協力の展開を期待したい。
英文要約Steel production in India recorded almost 70MT in 2009, the forth in the world, and has been predicted to reach 200 to 300 MT in 2030. Large steel producers who had already established integrated production process before Liberalization started in early 90s, namely SAIL, RINL and TATA Steel, and those who established integrated process after Liberalization, namely JSW Steel, ESSAR and Bhushan, are very positive to expand their production capacity to meet growing domestic steel demand.
JFE Steel and JFE Techno-Research entrusted by NEDO to estimate energy saving and CO2 emission reduction potential, identify appropriate technologies and implement basic engineering activity in two integrated steel mills operated by JSW group in India.
In the Vijayanagar works (10MTPA, Karnataka state), basic engineering activities for Sinter Cooler Waste Heat Recovery Technology (SWHR) and OG Boilers for Converters were implemented. SWHR for the No1 Sinter plant can generate 7.8MW (equivalent to 55kt-CO2/year). OG boilers can generate 36t-steam/h (58kt-CO2/year) in SMS (Steel Melting Shop) 1 and 51t-steam/h (83kt-CO2/year) in SMS2. It seems necessary to realize the projects that plants cost should be reduced dramatically through higher local procurement, introduction of severer energy saving target by the Government of India and appropriate supports by the Government of Japan through new BOCM and other measures.
In the Dolvi works (3MTPA, Maharashtra State), the team found the following challenges to improve energy efficiency. 1) Relatively higher energy intensity compared to those in Japan, 2) Existing energy saving facilities are not fully performing designed ability, 3) Need extensive improvement in Total Energy Management and Control as step-by-step capacity expansion of the works created individuality of plants. Some technologies such as 1) improvement of blast furnace gas (BFG) utilization, 2) waste heat recovery at the Sinter, 3) power saving by introduction inverter control, were identified to save 4.2PJ/year (370kt-CO2/year).
Smooth transfer and dissemination of appropriate energy saving technologies should be prioritized when project's eligibility is judged in steel sector of the BOCM, not by economic additionality. The both governments should develop “positive technology lists” which is expected transfer and disseminate energy saving technology based on experts' discussion. The following issues should be considered as well. 1) Set baseline as current facilities and operation; 2) Categorize technologies and develop common methodologies for each category; 3) Utilize existing energy management system in integrated steel mills. It would be also necessary to combine some sub-projects as a packaged energy saving project in an integrated steel mill to minimize burden of validation and verification procedures for each small sub-project. This methodology can be called "PERM: Packaged Emission Reduction Methodology".
It is expected that the GOJ would share its proven policy measures and best practices to improve energy efficiency and provide appropriate joint efforts to strength human resource development which enable to train personnel who could plan and promote such measures.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る