成果報告書詳細
管理番号20120000000403
タイトル平成23年度成果報告書 高効率ノンフロン型空調機器技術の開発 冷凍空調機器からの使用時冷媒漏洩防止に係る技術課題の抽出事業
公開日2012/6/9
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P11008
部署名環境部
和文要約本調査研究は、業務用空調機器の使用時の冷媒漏えい防止のための効果的な技術課題を抽出する目的で実施された。
まず、市中で稼働しており、冷媒漏えいの影響が懸念されている別置形冷蔵ショーケースとパッケージエアコン機器を中心に、平成23年10月から平成24年2月の間、定期点検を実施して頂ける3,850台の機器を、業界団体等の支援のもと抽出し、情報収集を実施した。
その結果、21台の機器で冷媒漏えいが把握され、冷媒配管からの漏えいが確認された。また、高圧ガス保安協会が公表している、高圧ガス保安法の対象としている機器の冷媒漏えいに関する情報の分析も行い、さらにその原因を明らかとした。
把握された冷媒漏えいの状況に基づき、冷媒漏えいに効果的な技術課題の抽出を行った。
技術課題の抽出は、ライフサイクルに沿って、“冷媒漏えいの抑制及び漏えいによる影響を低減する設計”、“冷媒漏えいの抑制に係る施工方法”、“定期点検制度”、“間接的な現象把握による冷媒漏えい感知手法/システム”、“修理実施前の適切な冷媒回収”の5つの観点から行った。
“冷媒漏えいの抑制及び漏えいによる影響を低減する設計”については、“エネルギー効率と冷媒充填量の削減(漏えいに係るリスク低減)の最適なバランスに関するガイドラインや社会的に受容される基準作り”や、“製品設計等の段階で、機器の稼働に伴う冷媒漏えいをシミュレートすることができるシステムの開発と精度の向上”が課題として上げられた。
“冷媒漏えいの抑制に係る施工方法”については、“機器設置施工者及び冷媒配管施工者の経験や技量に依存しない機器設置、配管工事手法の確立”や、“霜や氷塊から配管を保護及び配管の腐食を抑制する製品及び施工方法の確立”、“Oリングなどの樹脂及びゴム製シーリング材の硬化を踏まえた点検基準の策定及び交換方法などの標準化”、“これらの取組で上昇するコストの負担に関するユーザーとのコミュニケーションツールの開発、普及啓発に係る官民協働での取組内容の検討”が課題として上げられた。
“定期点検制度”については、“定期点検の実施に伴う費用負担に関するメーカーや設備事業者とユーザーとのコミュニケーションツールの開発、普及啓発に係る官民協働での取組内容の検討”や、“6ヶ月や1年という、既存の期間に縛られた点検の実施ではなく、高圧ガス保安協会が蓄積している情報に基づく、冷媒漏えいの実態を踏まえた期間の設定及び高圧ガス保安法の対象とならない機器をも対象とする、定期点検の結果により想定される、冷媒漏えいの原因や箇所の特定などに関する情報収集、分析及び共有のための仕組み作り”、“機器開発や施工方法の開発に係る上記情報のフィードバック体制の確立”が課題として上げられた。
“間接的な現象把握による冷媒漏えい感知手法/システム”については、“(定期点検制度の導入と同様に)冷媒漏えい感知システムの導入に伴う費用負担に関するメーカーや設備事業者とユーザーとのコミュニケーションツールの開発、普及啓発に係る官民協働での取組内容の検討”と“冷媒漏えい感知の精度を向上させるための情報収集、分析及び共有のための仕組み作り”が課題として上げられた。
“修理実施前の適切な冷媒回収”については、“残存冷媒量の迅速な把握と残存冷媒の回収に要する時間の的確な推計手法の確立、そのための知見及び情報収集、分析及び共有のための仕組み作り”と“残存冷媒回収の実施に伴う費用負担に関する回収事業者とユーザーとのコミュニケーションツールの開発、普及啓発に係る官民協働での取組内容の検討”が課題として上げられた。
英文要約This research was conducted in order to extract technical issues that are effective in preventing the leakage of refrigerant when an institutional-use air-conditioning machine is in use. First, we picked up and collected information on 3,850 separate placement-type refrigeration showcases and package air-conditionings that are operating in town and can go under periodic inspection during the period from October 2011 to February 2012. As a result, we discovered refrigerant leakage on 21 of them. We conducted the extraction of the issues with the following 5 viewpoints along with the product life cycle.
As to Designs to restrain leakage and reduce the effect from leakage, issues pointed out were --- establishing guidelines on the optimal balance between energy efficiency and refrigerant medium quantity reduction and socially acceptable standards, and the development of system at the product design stage where we can make simulation of cooling medium leakage as the machine starts operating, and enhance its accuracy.
As to Construction methods regarding the limitation of refrigerant leakage, the following issues were pointed out ---establishing the methods of machine installation and duct system construction that are not affected by the experiences and skills of installers and duct constructors, developing products that protect pipes from frosts and ice pieces and controls corrosion.establishing the inspection standards that take into account of the hardening of sealing materials made of plastic and rubber, and the standardization of parts exchange methods, and so on.
As to the Periodic inspection system, issues raised were: Reviewing jointly by the government and the private of specific steps of the development, used for communication with manufacturers, workers and users, regarding the increased costs incurring from periodic inspections, Establishing new period intervals for periodic inspections, and also establishing framework for the collection, analysis and sharing of information on the causes of refrigerant agent leakage, and Establishing a feedback system for above information regarding equipment development and construction methods
Regarding the refrigerant leakage censoring methods/ systems through grasping indirect events, the following issues were discussed, establishing framework for the collection, analysis and sharing of information in order to improve the precision of refrigerant leakage censoring system and so on.
As to appropriate collection of refrigerant medium before the execution of repair work, issues raised were establishing of the method of quick gauging of the remaining amount of refrigerant and of accurate calculation of time necessary for the collection of the remaining refrigerant, and establishing the framework for the collection, analysis and sharing of knowledge and information for that purpose,and reviewing jointly by the government and the private sectors of specific steps of the development, and so on.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る