成果報告書詳細
管理番号20120000000404
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業「ロシア連邦共和国における随伴ガス回収・有効利用プロジェクトの案件(組成)調査」
公開日2012/6/13
報告書年度2011 - 2011
委託先名JX日鉱日石エネルギー株式会社、三菱商事株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名環境部
和文要約遠隔地にある油田では、原油生産に伴い副産物として産出される随伴ガスは、回収利用に必要なパイプラインなどへの設備投資コストが高いことなどから、主にフレアという形で焼却されている。衛星データによれば、ロシアではガス・フレア量は2010年において世界で最も多く、全世界の随伴ガス・フレア量の26%を占めており、これに伴い大気中に放出されるCO2(二酸化炭素)は年間推定9000万トンにのぼる。ロシアでは2011年5月、経済開発省が、随伴ガスのフレアを随伴ガス発生量の5%未満とする目標値を設定するという決議案を作成したが、具体的な適用方法など詳細は未定であり、立法化されていない。
本調査はこのロシアを対象として、油田随伴ガス回収・有効利用技術の実現性を調査するとともに、現行のCDM・JIの課題と二国間枠組みにおける新たな手法を考察した。実施体制として、JX日鉱日石エネルギー(株)と三菱商事(株)が受託者として調査を実施し、随伴ガス有効利用技術の事業性評価については東洋エンジニアリング(株)(以下TEC)に調査を外注した。また外部有識者として、ロシア大手石油会社であるガスプロムネフチ社(以下GN)およびロシアの研究機関の協力を得、調査を行った。対象技術は、ガスプロセス工場、ミニLNG、Gas to Liquid (GTL)、Dimethyl Ether (DME)である。当初、ハンティマンシスク自治管区内にあるサウス・プリオブスコエ油田における二国間クレジットの検討を進めた。その後GN側提案に基づき、ノヤブルスク自治管区内にあるノヤブルスク油田群を対象として調査を行った。評価の結果、当該油田群では経済性が優れた技術はなかったものの、その中ではマイクロGTLが他の技術に比べ、経済性評価において最も優位性があるという結果となった。当該油田群周辺には油のパイプラインを除いて既存のインフラはほとんど存在しない。マイクロGTL以外の技術では長距離にわたりパイプラインの敷設が必要である一方、マイクロGTLは既存の原油出荷設備のインフラを使うことが可能であることがその要因と考えられる。マイクロGTLは、現在の排出権市場価格でも十分な経済性を得られない。GTLのように二国間クレジットの対象となりうる先端技術では、付加価値が大きくなるので、排出権収入に伴う経済性の改善効果が他の技術に比較して少なくなる。このことから、日本の最先端技術を対象とする二国間クレジットの仕組みを作りためには、より単価の高い排出権クレジットを、対象技術を絞った上で付与する仕組みが必要である。MRV手法については、既存のCDM・JIの方法論をGTLに適用した場合、CO2削減数量が大きく見積もられる。そこで、より正確にかつ簡易に測定できる方法として、GTLプラント出口の合成原油生産数量をモニタリングするという手法が適切である。最初に述べたとおり、ロシアにはまだ数多くの油田随伴ガスフレアが存在する。国として、随伴ガスの有効利用を促進する方向に動いているので、有効利用技術のビジネスチャンスは数多くある。上述のように、経済性が必ずしもすぐれてはおらず、当該技術の展開は困難を伴うが、さらなる研究・スタディを継続しよりFeasibleな技術にすることが肝要なのと、当該技術を導入するロシア企業へのFinance Arrangementのサポート、二国間クレジットによる排出権創出等に関し、日本政府に期待するところは大きいと思われる。
英文要約Oil fields located in the distant place, associated gas (APG) mostly are flared due to high investment cost to connect to existing pipeline. According to satellite data, Russian Federation is the country which burnt flare the most in the world and it is 26% of total flare AGP. The quantity of carbon dioxide (CO2) generated and released into atmosphere as a result is estimated to be as much as 9 million ton per year. Ministry of Economic Development, Russian Federation has made the resolution establishing a target amount for APG flaring of no more than 5% of APG output. However, detail procedure applying such resolution has not been finalized and it has not been legislated.The objective of this study is to assess the potential of various technologies for recovery and utilization of APG and their feasibility as projects, while at the same time to examine the methodology for the measurement, reporting, and verification (MRV) processes, which the current system under the CDM/JI are not entirely suitable for the types of technologies being studied, and consider a new MRV methodology for a framework termed bilateral offset credit mechanism (BOCM).  The above-described study shall be undertaken jointly by JX Nippon Oil & Energy (JXE), and Mitsubishi Corporation (MC), each taking partial charge of study items as appropriate. The study on business potential, challenges, and business feasibility for the APG utilization technology shall be subcontracted out to Toyo Engineering (TEC). For a study on APG utilization projects, assistance of Gazprom Neft (GN) and the Energy Systems Institute (ESI) shall be enlisted as an external advisor which will help organize workshops, field investigations, etc.Technologies for recovery and utilization of APG are such as a gas processing plant, mini-LNG plant, GTL, or DME. Initially, South Priobskoye Oil Field was selected as a target oil field. Due to the instruction from GN, Noyabrskiy Integrated Project has also been chosen as additional target.As a result of the above studies, Micro-GTL is the most competitive feasible one while feasibility for all the technologies is relatively low level as a whole. There is very limited infrastructure near such oil fields except crude oil pipeline. Micro GTL is to be installed close to the oil fields and able to use existing crude oil pipeline while other technologies are required to install long distance of pipeline transferring APG.It is quite marginal for Micro GTL under current market price of CER. Micro GTL, most advanced technology as object of BOCM, has additional value and impact of improving economics by introducing BOCM would be less than other three technologies. In order to establish framework for BOCM targeting Japanese advanced technologies, applying higher carbon credit price will be necessary for such technologies by narrow downing technologies.
MRV: Applying existing methodology of CDM / JI to GTL, reduction of CO2 will be estimated much larger. It is recommended that monitoring Syncrude Oil production at the exit of GTL should be appropriate.As stated earlier, there are still many flaring APG in Russia. There should be various and several business opportunities for technologies of utilizing APG as Russia will promote APG utilization. It is essential to continue study / research for optimization of such technologies. In addition to that, Government of Japan must take an important role; to support financial arrangement for Russian corporation who introduce the technologies, and to establish the mechanism of BOCM.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る