成果報告書詳細
管理番号20120000000411
タイトル平成21年度~平成23年度成果報告書 省エネルギー革新技術開発事業/実用化開発/エネルギー効率の高い新規プロピレン製造プロセスの研究開発
公開日2012/6/1
報告書年度2009 - 2011
委託先名三菱化学株式会社 日揮株式会社
プロジェクト番号P09015
部署名省エネルギー部
和文要約プロピレンは、石油化学産業において最も重要な基礎原料の一つである。我々はプロピレンの需要増加に応えるべく、効率的にプロピレンを専産する新しいプロセスに着目している。DTP (Dominant Technology for Propylene Production)プロセスは三菱化学株式会社と日揮株式会社による共同開発プロセスである。原料は低級オレフィン(例えばC4オレフィン)とメタノールであり、原料とリサイクルされる炭化水素がDTP反応器に供給されてプロピレンを生成する。DTP反応器に充填される触媒を独自開発し、その性能向上に成功した。触媒の最適化はラボスケールの反応器を用いた触媒性能評価試験によって行い、結果として、充分な再生周期を持つ触媒が開発された。コーク析出によって失活した触媒は、コークを燃焼・除去することによって再生して繰り返し使用される。DTP実証装置が三菱化学水島事業所に建設され、2010年8月から運転を開始した。連続運転は成功裏に継続され、2012年2月には積算で10,000時間を超えた。DTP触媒は工業スケールで製造され、上記装置で性能を確認した。本技術開発の結果として、DTPプロセスによるプロピレン製造におけるエネルギー消費量が算出され、DTPプロセスを導入することにより、省エネルギー化が達成できることを確認した。
英文要約Title: Strategic Development of Technology for Energy Usage Rationalization Innovative Technology Development Project for Energy saving Commercialization Development Phase Research & Development for New Propylene Production Process with High Energy Efficiency (FY2009-FY2011) Final Report

Propylene is one of the most important basic feedstocks used in the petrochemical industry. In response to the demand for propylene, the new process focuses on the efficient "on purpose" propylene production. The DTP (Dominant Technology for Propylene Production) process has jointly developed by Mitsubishi Chemical Corporation and JGC Corporation. Feedstock is lower olefins (ex. C4 olefins) and methanol. Feedstock and recycled hydrocarbon are fed into the DTP reactor to produce propylene. The proprietary catalyst in the DTP rector was studied and improved successfully. The optimization of the catalyst was carried out according to the results of catalyst evaluation tests conducted with a laboratory-scale reactor. At the result, adequate operation cycle time was achieved by developed DTP catalyst. The DTP catalyst deactivated by the coke formation was regenerated by burning the coke and repeatedly used. The DTP demonstration plant was constructed at Mitsubishi Chemical's Mizushima Plant. Operations were started in August 2010. Continuous operation had been successfully conducted and the accumulated operation time was over 10,000hr in February 2012. The DTP catalyst was manufactured on an industrial scale and the performance of the catalyst was confirmed at the above plant. According to the result of the development, energy consumption for propylene production with DTP process was calculated. It was confirmed that energy saving for propylene production can be achieved by introducing DTP process.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る