成果報告書詳細
管理番号20120000000413
タイトル平成20年度~平成23年度成果報告書  平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A20020c 立方晶窒化ホウ素コーティングを用いた難削材用ワイドユース超硬工具の開発 平成23年度最終
公開日2012/6/13
報告書年度2008 - 2011
委託先名国立大学法人九州大学 堤井 君元
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約超硬合金平板基材上において、金属をベースとする新規材料を中間層として導入する手法を新たに着想し、既存の被膜工具に比して十分な静的密着性を有するcBN膜の形成プロセス開発に成功した。超硬合金工具用基材上において、本年度までに開発したさまざまな中間層導入法を適用し、密着性と結晶性の良いcBN 膜を形成した。cBN 被膜工具について、切削試験により面磨耗量を評価したところ、軽度な切削条件下では既存の硬質被膜工具に匹敵する加工性能を示すことを確認した。しかしながら切削試験時の被膜の経時変化を十分評価するには至っていない。
英文要約We improved the adhesion of cBN films on cemented carbide substrates by newly inserting metal-based buffer layers, which are physically and chemically compatible with boron nitride. We could deposit cBN films with high adhesion and crystallinity on cemented carbide substrates shaped into cutting tools by employing various buffer layers which we have ever developed. The cutting test using the cBN-coated tools revealed that they have high cutting performance comparable to market-use hard coating tools under light load conditions. However, we have not investigated thoroughly the change of the coating during the cutting test.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る