成果報告書詳細
管理番号20120000000422
タイトル平成22~23年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発 要素技術開発 既存都市再開発型スマートコミュニティモデル構築に向けた蓄電池利用技術及びエネルギーマネジメントシステムの開発実証(3)
公開日2012/6/27
報告書年度2010 - 2011
委託先名日産自動車株式会社
プロジェクト番号P10008
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成22年度?平成23年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発 要素技術開発 既存都市再開発型スマートコミュニティモデル構築に向けた蓄電池利用技術及びエネルギーマネジメントシステムの開発実証 研究開発項目3「車輌からの放電技術を用いたEV、ソーラ電力充電システム、EV予約/配車システムを利用したエネルギーマネジメントシステムの研究開発」 3?1.充放電EVの研究開発
本研究ではEVに搭載されているバッテリーを蓄電装置として活用し、太陽光発電の利用率向上や住宅/ビル等における系統からの電力消費を低減させることにより、CO2排出量を削減させることを目指している。EVの充給電機能は、EVに加え、給電パワコン(家庭内で電力利用する為に直流を交流に変換する装置、以下パワコンと記述)、パワコンコントロールユニット、HEMS(Home Energy Management System、以下HEMSと記述)と給電対応EVのITシステムから構成される。今年度は、
(1) 車載電池を活用したEV給電機構の開発として、パワコンの仕様検討
(2) 給電対応EVのITシステム(車載通信機及びEVグローバルデータセンタ)の仕様検討
を行った。給電対応EVのITシステムは、車載通信機、車載計算機、グローバルデータセンタから構成される。太陽光発電の利用率向上や住宅等における系統からの電力消費を低減させるために、EVは充電や給電を行う。グローバルデータセンタは、EVの運行計画やバッテリー残量を元にして、充電に要する時間などを計算し、住宅の場合はHEMSにデータを送信する。HEMSは受け取った、EV運行計画や充電に要する時間を、住宅のエネルギーマネジメント計画や車両の充放電計画作成に反映させる。
英文要約Title: R&D of Practical and integrated Energy storage systems for smart community, Elemental technology development, R&D and demonstration of a Practical and Energy storage technology and Energy management system for a smart community Applied for an urban redevelopment (FY2010-FY2011) Final Report
The purpose of this research and development is to use electric vehicle for reducing CO2 by efficiently using photovoltaic power, and reducing dependency on grid electricity.
The main subjects are following: (1) Study of specifications about power conditioner for EV with Bi-directional charging capability. (2)Study of system construction and specification for EV IT system with Bi-directional charging capability.
Regarding the power conditioner for EV with Bi-directional charging capability, System construction of Power conditioner, Power conditioner control unit, Home energy management system (HEMS), EV and Global data center specifications are studied.
A system construction and specification for EV IT system with Bi-directional charging capability is also studied. The system consists of control unit, telematics communication unit and EV global data center.
For efficiently using photovoltaic power and reducing dependency on grid power, charging and discharging of plug-in electric vehicle is controlled. For the control, global data center generates EV operation scheduling data and provides the data onto energy management system for house et al..
The energy management system draws up scheduling of charge and discharge, considering into fluctuations of photovoltaic power generation and house and/or building electricity demand.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る