成果報告書詳細
管理番号20120000000424
タイトル平成22~23年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発 要素技術開発 既存都市再開発型スマートコミュニティモデル構築に向けた蓄電池利用技術及びエネルギーマネジメントシステムの開発実証(5)
公開日2012/6/27
報告書年度2010 - 2011
委託先名オリックス株式会社
プロジェクト番号P10008
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成22年度?23年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発/要素技術開発/既存都市再開発型スマートコミュニティモデル構築に向けた蓄電池利用技術及びエネルギーマネジメントシステムの開発実証「エコ充電スタンドエネルギーマネジメントシステムと連携したEVシェアリング車両運用システムの研究開発」
日産自動車株式会社、株式会社日立製作所、オリックス自動車株式会社と共同で「車両からの放電技術を用いたEV、ソーラー電力充電システム、EV予約/配車システムを利用したエネルギーマネジメントシステムの研究開発」を実施。 オリックスは、「エコ充電スタンドエネルギーマネジメントシステムと連携したEVシェアリング車両運用システムの研究開発」の一部を担当し平成22年度はエコ充電スタンド最適仕様決定のための評価手法の開発を行った。 1.カーシェアリングデータ解析によるEV充電需要推移 エコ充電スタンドをカーシェアリングステーションにて利用する場合、ステーションのロケーションによって利用状況が異なることが想定される。 そこで、ガソリン車によるカーシェアリング事業の実走行データから、4パターンのステーションのデータを1か月分抽出し、想定されるEV車載電池の電力貯蔵量履歴を作成した。車載電池の容量は24 kWhで、低速充電器および急速充電器を用いた場合の、各ステーションにおける自動車利用パターンの電力貯蔵量の推移を解析。 オフィスビルや駅前においては走行距離の長い使用があるために、EV車載電池の蓄電量がゼロを下回ることが多くある(マンションにおいても一部見られる)。 2.定置型二次電池電力経営システムとカーシェアリング用EV電力経営システムの統合マネジメントシステムの可能性の検討 今後は、EV電力経営システムに加えて、ビルやマンションなどに設置された定置型二次電池を用いた電力経営システムが普及していくものと考えられる。 ここではマンションの住民のうち7世帯が1台のEVを利用するとしたときの電力経営シミュレーションを行った。これにより、適切な電力経営を行うことで、系統供給量が平滑化されていることが見て取れた。 3.成果まとめ マンションにおいては、マンションの電力需要に対してEV車載電池の充電のための電力需要が相対的に小さいため、EV車載電池による電力経営の効果は限定的である。つまり、単純な低速充電器サービスで十分な可能性が高い。しかし、EVへの充電時間帯が家庭の電力需要のピークと重なるなどの問題が予想されるので、V2Hの形での双方向システムの電力経営法は今後検討されるべきである。 また、オフィスビルや事業所においては、EV車載電池の使用電力量や、EVからの供給電力量が一時的に大きい電流量を作り出すと考えられる。よって、EV車載電池と定置型二次電池とを複合的に利用する電力経営法を開発しなければならない。
英文要約Title: R&D of Practical and integrated Energy storage systems for smart community. Elemental technology development of R&D and demonstration of a Practical and Energy storage technology and Energy management system for a smart community applied for an urban redevelopment(FY2010-FY2011)FY2010 Annual Report
Contents and results of a joint research: ORIX Corporation, together with NISSAN MOTOR CO.,LTD., Hitachi, Ltd., and ORIX Auto Corporation, executed R&D and demonstration of an energy management system, consists of EVs with bi-directional charging capability, EV charging station with solar panel and EV car-sharing management system. We developed Evaluation approach for the best specification of EV Charging station with Solar Panel in FY2010. 1.Transition of charge demand for EV by car-sharing operation data analysis:    In case of using EV Charging station with Solar Panel at the car-sharing station, pattern of the usage can be different depending on its location. Therefore, we picked up data of four different sites where ORIX Auto Corporation is running car-sharing business with gasoline engine vehicle. By using one-month data of the four different sites we simulated an power storage of EV battery.  Conditions: A. EV battery capacity is 24 kwh.  B. Use both low speed charger device and quick charger device.  In this simulation, with an assumption that the EV is located in office building and/or train station, electricity balance of the EV battery theoretically falls below 0 so often, because the EV runs for long distance. It is partially seen as well in case it is supposed to be located in an apartment.  2.Examination of possibility of integration of Energy management system of ground setting type rechargeable battery system and Energy management system of EV for car sharing:In addition to the EV energy management system, the energy management system that uses the ground setting type rechargeable battery set up in the building and the apartment house, etc. will spread in the future. In this case, we simulated the energy management with condition that seven families of residents in an apartment share one EV. As a result, the amount of the electric power system supply was smoothed by the appropriate energy management.  3.Result summary:In apartment house, because the power demand for the charge with EV battery is relatively small compared with the power demand of the apartment house, the effect of the energy management with EV battery is limited. In a word, it is estimated that low speed charger device service would be enough for apartment house. However, because it is anticipated that charging to EV would happen at peak time of the power demand of the residence, it needs to be well examined the energy management method of an interactive system in V2H. On the other hand, in office building and/or office, it is considered that the EV battery amount of the electric power used and the amount of the supplied electricity from EV temporarily produce a large amount of the current. Therefore, it is necessary to develop energy management method that compounds EV battery and ground setting type rechargeable battery.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る