成果報告書詳細
管理番号20120000000454
タイトル平成22~23年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発 要素技術開発 けいはんなエコシティモデルの実現に向けたHEMS、BEMS及びEV充電マネジメントシステムの開発実証 EV向け充電インフラ及び車載装置の研究開発
公開日2012/6/29
報告書年度2010 - 2011
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P10008
部署名スマートコミュニティ部
和文要約「けいはんな地域」で行う地域実証と地域EMSの全体概要としては、ローカル蓄電池の設置等により、電力系統と連携すると共に、住宅、ビル、店舗、EV等での電気や熱エネルギー利用の効率化等により、地域に設置した太陽光等の分散型電源を最大限活用するための地域EMSを構築し、実証によりその有効性を確認するものである。
また、HEMS、BEMS及びEV管理システムと連携を図る地域EMSを開発し、地域レベルでの電力・熱需要管理や需要者側のエネルギー使用実態に基づく、需要家のエネルギー消費行動がエリア全体の最適行動となるようなデマンドレスポンスの仕組み導入を視野に入れたエネルギーマネジメント手法の検討を行うと共に、京都府及び京田辺市、木津川市、精華町、地域の関係団体等が推進している電気自動車等の次世代自動車の大規模導入、太陽光発電等の再生可能エネルギーの大規模導入、燃料電池、ヒートポンプ等の省エネ・省CO2機器の導入及びエコポイントを活用したデマンドレスポンス等によるライフスタイルの変革等により、けいはんな学研都市が掲げているCO2削減値(2020年度に、現状から家庭部門50%、運輸部門50%、業務部門40%のCO2削減)の達成を目指している。
本実証事業の最終目的は、CO2排出量の最小化を実現する地域EMSを開発し、それを中心とする次世代エネルギー・社会システムを構築することであり、また、地域で生活する人々が生活の質や利便性を損なわずに、新しいライフスタイルを確立することができ、「エコ」がけいはんなに暮らす人々の「文化」となる社会の実現にある。具体的には、電気や熱エネルギー利用の効率化、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの最大活用、さらにはEVの普及による交通インフラの電化シフトなど、地域におけるエネルギー需給の最適化に向けた取り組みを、電力系統と連携を図りながら、様々な蓄電池や「京都エコポイントモデル事業」などを活用するとともに、けいはんな学研都市から生み出される先端技術を取り入れながら実施していく。
平成22年度は、エネルギーマネジメントの実現に必要な構成要素である「EV充電施設」、「EV車載装置」および「蓄電池認証システム」の開発を実施した。「EV充電施設」はEVに対して最適な充電を行い、「EV車載装置」はEV内の電池残容量を管理し、充電のリクエストを行う。また「蓄電池認証システム」の開発では、バッテリの安全・性能管理および二次利用上の安全性確保のための充放電履歴管理情報や蓄電量などのデータ・情報のセキュリティ保護・管理が重要となるため、その実現に必要な蓄電池認証プラットフォームに関する技術開発を実施した。
英文要約Title : R&D of Practical and integrated Energy storage systems for smart community/ Elemental technology development/ Development and verification study of HEMS, BEMS and EV charge management system toward the realization of Keihanna eco city model/ Development of EV charging infrastructure and EV management On-Board Unit (OBU)
The master plan for the Kansai Science Park Demonstration of Next-Generation Energy and Social Systems announces that the final goal is to realize the 'Keihanna Eco-city' which can realize large scale CO2 reduction from local community with residence districts, commercial districts and educational districts. Based on the master plan, the purpose of this project is to develop necessary technologies and equipment to minimize energy consumption and CO2 emission in urban area as a whole by introducing a number of HEMS, BEMS those can visualize the effects of energy management for buildings and housings and OBU for EV to manage EV charging. Overview of demonstration and the local EMS in Kansai Science City is that by introducing energy storage system which synchronizes with power grid system and developing local EMS, which can maximize the utilization of distributed power sources such as PV installed in the local area, by improving the efficiency of energy utilization of houses, merchandise stores and buildings and the efficiency is confirmed through the demonstration. And also energy management technology with Demand-Response is studied to optimize the energy consumption schedule within the whole area. This project aims to achieve targeted value of CO2 reduction (by 2020, 50% from residential section, 50% from transportation section, 40% from business section), by introducing large number of next generation of electric vehicles promoted by Kyoto prefecture, Kyotanabe-city, Kizugawa-city and Seika-cho and reuseable energy source such as PV, energy saving equipment such as fuel batteries and heat-pump and shifts to eco-oriented life style. Final goal of this demonstration project is to develop local EMS which can minimize CO2 emission from the local area and construct the next generation social system which can provide solutions for the local people without lacking convenience and quality of life and also realize eco-society as life culture for people in Kansai Science City. In 2010, we developed necessary system of EV charging station, EV management OBU and Battery authentication system to support energy management system. EV charging station provides optimized charging services for EVs. EV management OBU monitors state of charge and sends information to reserve of EV charging. Regarding the EV battery authentication system, to ensure safety operation of EV battery and also to make secure the secondary use of EV batteries, data information security is required to protect secure information from risks. For this purpose, we have developed necessary technologies to provide system platform for battery authentication.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る