成果報告書詳細
管理番号20120000000457
タイトル平成22~23年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発 要素技術開発 けいはんなエコシティモデルの実現に向けたHEMS、BEMS及びEV充電マネジメントシステムの開発実証 戸建住宅における太陽光発電の効果的活用のための蓄電池利用技術と上位システムとの結合化技術の開発と実証(けいはんな戸建住宅用蓄電活用HEMS開発)
公開日2012/6/27
報告書年度2010 - 2011
委託先名オムロン株式会社
プロジェクト番号P10008
部署名スマートコミュニティ部
和文要約「蓄電複合システム化技術開発/要素技術開発/けいはんなエコシティモデルの実現に向けたHEMS、BEMS及びEV充電マネジメントシステムの開発実証/戸建住宅における太陽光発電の効果的活用のための蓄電池利用技術と上位システムとの結合化技の開発と実証(けいはんな戸建住宅用蓄電活用HEMS開発)」
開発では、けいはんな地区に平成22年度末建設される戸建住宅を想定し、太陽光発電で充電した蓄電池の充放電制御、住宅用エネルギー機器(例えばヒートポンプ式給湯器、又は燃料電池)と組み合わせた最適な充放電制御、HEMS(Home Energy Management System)と上位システムとのエネルギー情報交換等、それぞれを可能にする開発を行っている。平成22年度は、(1)エネルギー機器の特性調査、(2)エネルギー機器の制御方法の検討、(3)地域EMSと結合可能なHEMS側ゲートウェイのハードウェア開発に取り組んだ。エネルギー機器の特性調査では、自社京阪名イノベーションセンタ内にエネルギー機器類を設置し、一般に普及するエネルギー機器類から得られる情報の取得方法の検討とエネルギー機器を制御する方法、エネルギー機器導入についての課題を検討した。エネルギー機器の制御方法の検討では、エネルギー機器の制御と住人に省エネ・省CO2行動を促進させるための見える化システムの開発を行った。エネルギー機器の制御では、定置型蓄電池に特化し、一般家庭での蓄電池活用に対応できる幾つかの制御方法を定義した。地域EMSと結合可能なHEMS側ゲートウェイのハードウェア開発については、地域エネルギーマネジメントシステムに関する標準化等調査事業共通仕様書(第0.5版)に基づいたインターフェイス仕様をHEMSコントローラに実装し、地域EMS担当企業が用意した模擬CEMS装置との通信確認を行った。
英文要約Title : R&D of Practical and integrated Energy storage systems for smart community/ Elemental technology development/ Development and verification study of HEMS, BEMS and EV charge management system toward the realization of Keihanna eco city model/ Development and verification study of battery application technologies for effective use of photovoltaic power in detached houses and method of connecting to a Regional Energy Management System (HEMS development for utilizing stored electricity in detached houses in Keihanna) FY2010 Annual Report
This study was carried out for detached houses constructed at the end of FY2010 in the Keihanna region, to develop methods for charge-discharge control of storage batteries charged by photovoltaic generation, charge-discharge control optimized for residential-use energy equipment (e.g., heat pump-based water heaters or fuel cells), and information exchange between a Home Energy Management System (HEMS) and a Regional Energy Management System (Regional EMS). In FY2010, we focused our efforts on: (1) characterizing the energy equipment, (2) studying control methods for the equipment, and (3) developing hardware for a HEMS-side gateway that can be connected to the Regional EMS. We installed various types of energy equipment in the Omron Keihanna Innovation Center, and investigated how to acquire information from it, how to control it, and issues relating to its installation. We developed various control methods for the equipment, and a visualization system for promoting energy savings and lower CO2 emissions by residents. Several of the control methods are optimized for stationary storage cells and are compatible with the use of storage batteries in ordinary households. In addition, for connection of the HEMS-side gateway to the Regional EMS, we implemented an interface specification based on the Common Specifications of Survey Program for Standardization of Regional Energy Management Systems (ver. 0.5) and verified its ability to communicate with a simulated Regional EMS prepared by the company in charge of the Regional EMS.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る