成果報告書詳細
管理番号20120000000459
タイトルFY2011 Final Report Feasibility Studies with the Aim of Developing a Bilateral Offset Credit Mechanism FY2011 Studies for Project Development and Organization Program organization research of Green House Gas emission reduction through pilot project of energy efficient Distribution Transformer introduction in Vietnam, Indonesia and South Africa.
公開日2012/6/8
報告書年度2011 - 2011
委託先名日立金属株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約ベトナムでは経済発展に伴う電力増強が不可欠であり、同国政府は今後の積極的な電力投資を計画している。加えて、環境負荷低減、電力有効利用の観点から、省エネルギーにも積極的に取り組んでいる。
本調査は配電網に注目し、高効率配電変圧器であるAMDT(Amprphous Metal Distribution Transformer)普及により、温室効果ガス排出量削減を図るものである。また、他国への水平展開を目指し、インドネシアおよび南アフリカにおいても、技術移転に向けた活動を実施した。
本報告書ではベトナムにおけるAMDTの事業化に向けた具体的な調査結果と、インドネシア、南アフリカでの調査結果について述べる。
1. 調査概要
1) ベトナムにおいて環境の異なる複数サイトで実機の試験導入を実施
試験導入では、同国電力会社の系統各所にAMDTを設置し、負荷率の測定、等価負荷率の算出を行う。等価負荷率はDT(Distribution Transformer)の効率算定に極めて重要であり、収集したデータを基に高効率DT導入の指針を示し本格導入に向けた環境づくりを行う。
2) ベトナムにおいて高効率DTの規格化および経済性評価方法を提案
我が国の優れた技術や製品等の普及を可能にする高効率DTの新規格と、入札時の採用基準(経済性評価)を提案する。
3) インドネシア・南アフリカにおける調査
ベトナムでの調査手法をベースとし、高効率DT普及のポテンシャルと温室効果ガス排出量削減効果の試算を行う。また、二国間クレジット制度の水平展開の可能性についても検討を行う。
4) 高効率DTを用いた二国間クレジット制度のMRV提案
無負荷損だけでなく、負荷損も含む全損失を改善するMRV方法論について提案する。
2.対象技術
本調査の対象となる技術は配電網で使用されるAMDTである。AMDTは従来のケイ素鋼板を使用した変圧器(CRGO-DT)に比べて、その損失が小さいためエネルギー効率が高いことが最大の特徴である。変圧器の損失は無負荷損と負荷損の2種類があるが、AMDTは無負荷損がCRGO-DTに比べて1/3程度に低減できるため、変圧器の負荷率が低い場合に特に効果を発揮する。本調査では実サイトにおける負荷率の測定結果を基にAMDTの効果的な導入について述べる。
3.ベトナムの調査結果
1)負荷率調査:8箇所で測定実施。等価負荷率は16.3%?46.2%であり、同国の電力会社で認識されている70?80%より大幅に低いことが判明した。
2)新規格提案:現行規格であるTCVN 8525:2010 を下限とし、これより効率の良い2 Star、3 Starの2つの規格を提案した。
3)経済性評価:LCC(Life Cycle Cost)による経済評価方法提案とベトナムでの評価例を報告した。
4.他国への水平展開
インドネシアと南アフリカにおいて高効率DTを使用した二国間クレジット制度の適用の可能性と、AMDTを導入する場合のCO2排出量削減ポテンシャルについて述べる。
5. 高効率DTを用いた二国間クレジット制度のMRV提案
既存方法論適用上の問題点について述べ、それを解決し二国間制度を想定した、より汎用性の高い現実的なMRV方法論を提案する。
6.事業化に向けた今後の取組みと課題
ベトナムでは今回提案した高効率DT規格及び経済性評価に関する啓発活動を引続き行う。一方で同国は貸出金利が14%と高利のため、新規AMDT参入者の設備投資及び配電会社等のユーザーにとって初期投資が高いハードルとなっている。
インドネシアではベトナムで得た実測データを有効なツールとし普及を図っていく。南アフリカは既存変圧器規格の効率が低いため、国際レベルへの高度化の必要性と、それに伴う省エネルギーメリットを定量的に提示し、規格の見直しに向けた広報活動を行っていく。
英文要約Summary
Vietnamese government has planned to invest aggressively into electricity infrastructure, because they recognize that electrical energy reinforcement is necessary for Vietnamese economy to develop. They also tackle energy saving in terms of reduction of environmental load and efficient utilization of electricity.
This FS(Feasibility Study) focuses on distribution grid and advance reduction of CO2 emission reduction with the expansion of energy efficient AMDT (Amorphous Metal Distribution Transformer). Hitachi Metals conducted FS in Indonesia and South Africa to expand this scheme and technology transfer.
This report states outcome of specific study to expand business in Vietnam and outcome of study in Indonesia and South Africa.
1. Summary for this FS
1)Conduct test installation of AMDT at several sites and measure load factor in Vietnam.
In the test installation, we installed AMDT at several sites in distribution grid and measure load factoer, and calculate RMS(Root Mean Square) load factor. RMS load factor is very important to evaluate efficiency of DT(Distribution Transformer). We show guidelines of installation of energy efficient DT based on RMS load factor and create environment for mass installation.
2)Propose new standard and an economic assessment method of energy efficient DT in Vietnam.
Propose new standard that is to expand an excellent technology and products of Japan, and an economic assessment method when they issue the tender.
3)Study in Indonesia and South Africa
Based on study method in Vietnam, we calculate CO2 emission reduction and study possibility of energy efficient DT in Indonesia and South Africa.
4)Propose MRV of BOCM(Bilateral Offset Credit Mechanism) using energy efficient AMDT.
Propose MRV which improves total loss with load loss, not only no load loss.
2. Object technology in this study
AMDT, used for distribution grid, is the object technology in this FS. The distinctive feature of AMDT is high energy efficiency, in other words, low loss. Compared with AMDT and CRGO(Cold Roll Grain Oriented Electrical Steel) , Loss of AMDT is much lower than traditional transformer. AMDT is very effective when load factor is low. There are two types of transformer loss; no load loss and load loss. No load loss of AMDT is 1/3 lower than CRGO-DT. In this report, effectiveness of AMDT is described based on measurement result of load factor at several real sites.
3.Outcome of study
1)Data of load factor : Measured it at 8 sites. RMS load factor was 16.3%?46.2%, and it’s much lower than 70?80% which power company recognizes.
2)Propose new standard : As "TCVN 8525:2010" is minimum, we propose new two high efficiency standards which are 2-Star and 3-Star.
3)Economical assessment : Propose LCC(Life Cycle Cost) method and show a example of its calculation
4.Expand this scheme to other countries.
It states that adaptability of BOCM using AMDT and potential of CO2 emission reduction when AMDT is installed.
5.Propose MRV of BOCM using energy efficient DT
Describe problems when existing methodology is applied and propose practical and versatile MRV which solves the problems and is adequate methodology to BOCM.
6. Further exercise and action for business growing
We continue to promote new standard and economical assessment of energy efficient DT in Vietnam and try to expand business. On the other hand, there are barriers for new entrants to install AMDT and to start producing AMDT because of high interest rate, 14%, in Vietnam.
In Indonesia, we’ll use data, measured in Vietnam, as effective tool to promote AMDT. In South Africa, we'll try to upgrade their DT standard with quantitative benefit of energy efficient DT.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る