成果報告書詳細
管理番号20120000000461
タイトル平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 マレーシアにおけるグリーンタウンシップ構想実現のための基礎調査
公開日2012/6/27
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社日本総合研究所 清水建設株式会社 株式会社東芝 豊田通商株式会社 日本アイ・ビー・エム株式会社 日本電気株式会社 株式会社三井住友銀行 株式会社明電舎
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約マレーシア政府は、現在PutrajayaおよびCyberjayaの2都市を低炭素都市(以下、Low Carbon City)とし、マレーシアの他都市にとってのショーケースとする取り組みを進めている。本調査は、両都市の低炭素都市に向けたアクションプランを策定することを目的としており、代表企業である日本総研及び7事業会社(東芝、日本IBM、清水建設、NEC、明電舎、豊田通商、三井住友銀行)によるコンソーシアムが実施した。
Putrajayaは、1995年に開発が始められた計画都市で、マレーシアにおける行政の中心都市として重要な役割を果たしている。PutrajayaではCO2排出量のベースライン、3つの目標、これらの目標を達成するための施策案を整理した「Putrajaya Green City 2025」(PGC2025)が策定されている。本調査では、PGC2025を踏襲しつつ、実態調査やステークホルダーを通じたニーズ分析(分野ごとのワークショップ等)を行い、議論を深めていった。その結果、エネルギー分野では人々の省エネ行動、交通分野では公共交通の利用、廃棄物では住民による分別の重要性が指摘された。これらの結果は、低炭素都市を実現するならば住民やプトラジャヤで働く人々の行動が低炭素に変わらなければならない、という共通の方向性を示唆している。一方で、「変わることの難しさ」に関するコメントも相次いだ。当グループは、人々の行動様式も含めて都市運営・都市経営の基盤に着目してこれを「City Behavior」と名づけた。City Behaviorは、(1)マネジメント、(2)ステークホルダーの関係、(3)文化、(4)地域社会と教育、(5)技術、(6)ビジネス環境、で構成されるものと定義し、これらを包括的に変革する取り組みが求められることを提起した。
以上を踏まえ、低炭素都市実現のための戦略として、パイロットプロジェクトと横展開のためのメカニズム構築の2つを提示し、プトラジャヤでは特に横展開のためのメカニズム構築が重要であることを強調した。その上で、最初の段階(2012年?2014年)においてパイロットプロジェクトとメカニズム立ち上げの両方を実施し、次の段階(2015年?2017年)にはパイロットプロジェクトが半自動的に横展開される状況を作ること、最終段階(2018年?2025年)に老朽化したビルやプラントの大規模更新等の投資を行うというロードマップを提案し、それにもとづき分野ごとのアクションプランを作成した。また、横展開のためのメカニズムとして、Low Carbon City Partnership(LCCP)を提案した。LCCPは、低炭素に関係した取り組みに関連する情報を収集し分析することを通じてPDCAを支援するプラットフォームであり、そのコンセプトは(1)Putrajaya域内のビルに横串をさす機能、(2)供給サイドと需要サイドの相互の情報交換を行う機能とした。
一方、Cyberjayaにおいては、ローカルコンサルタントによるベースラインスタディと並行して低炭素都市に向けた戦略検討に焦点を絞り検討を行った。IT関連の民間企業が主として入居しているサイバージャヤの特徴を踏まえ、「Digital Green City」とビジョンを設定し、CO2排出量削減に資する取り組みのみならず、Green IT技術を振興しIT産業の成長戦略を実現することが重要であることを提起した。
なお、本報告書は2部で構成されており、1部目にPutrajaya、2部目にCyberjayaとなっている。
英文要約The Malaysian Government is now moving towards developing Putrajaya and Cyberjaya as Low Carbon Cities and as a " Showcases" for other cities in Malaysia. This research is aiming at the development of low-carbon-city action plan for of these both cities as a low carbon city, conducted by the Japanese consortium, that is; of The Japan Research Institute, Ltd. and other 7 companies;, Toshiba Corporation, IBM Japan, Ltd., Shimizu Corporation, Meidensha Corporation, Toyota Tsusho Corporation, and Sumitomo Mitsui Banking Corporation in collaboration with relevant Malaysian stakeholders.
Putrajaya is a well-planned and organized city whose development started in 1995. Today it serves a significant important role as a government administrative centre. Before the inception of this research, the report of low carbon city development in Putrajaya, called with respect to Putrajaya, "Putrajaya Green City 2025"(PGC2025) has been drafted, which summarizes the baseline for of CO2 emissions; three ultimate goals to become the low carbon city to be pursued by Putrajaya; and planned approaches to realizing achieve these goals. In this research, fact finding and needs exploration have been done conducted by meetings and workshops with stakeholders in order to have deeper discussion based on PGC2025. As a result, it was pointed out these three points have been clarified as major activities; that is, to be important to promote 1) the energy saving activities of people for in energy sector, 2) the usage of public transport for in urban transportation sector, and 3) the segregation by people residents for in waste management sector. These participants’ stakeholders’ comments from each sector suggest that common direction, thus, in order to realize low carbon city by 2025, residents and workers should change their Lifestyle and /Behavior. On the other hand, the workshop indicated that the dilemma that Malaysian are likely to is adverse hesitate to for the change is also indicated through the workshop may need to be overcome. From these insights, the new concept of low carbon city development we have named this basis of urban development "City Behavior" has been proposed. City Behavior is consists of the following elements ; management, stakeholders’ relationship, culture, community and education, technology, and business situation. All of these elements need to be It is necessary to change and reconstruct these elements involved holistic ally for the success of low carbon city development.
The comprehensive strategy for to realize low carbon city consists of two things aspects, pilot projects and the mechanism for the expansion of the success of the projects. For Putrajaya case, the latter one is would be more important. Based on the strategy, the action plans for of each sectors were have been prepared including the roadmap. The roadmap shows the development plan which consists of three stages suggestion such that 1) pilot projects and building the mechanism will be done in the first phase (2012~2014), then 2) pilot projects will be expanded semi-automatically in the next phase (2015~2017), and 3) the investment like retrofitting of for buildings and plants will be executed done in the final phase (2018~2025). In addition, we proposed the establishment of LCCP (Low Carbon City Partner) has been proposed as one of expanding a mechanism. LCCP is a platform to support PDCA (Plan, Do, Check, Act) by data collection and analysis of information. Also, it provides concepts of LCCP are following; cross-sectional functions among each buildings in Putrajaya, and interactive communication with between supply side and demand side.
For Cyberjaya, this research focused on e the development of the strategy for low carbon city strategy was focused, in line with the baseline study conducted with by local consultants.
This report is composed of two sections, first section is about Putrajaya and second is about Cyberjaya.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る