成果報告書詳細
管理番号20120000000465
タイトル平成22~23年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発 要素技術開発 けいはんなエコシティモデルの実現に向けたHEMS、BEMS及びEV充電マネジメントシステムの開発実証(7)
公開日2012/6/29
報告書年度2010 - 2011
委託先名古河電気工業株式会社
プロジェクト番号P10008
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成22年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発/要素技術開発/けいはんなエコシティモデルの実現に向けたHEMS、BEMS及びEV充電マネジメントシステムの開発実証
「次世代エネルギー・社会システム実証地域公募」において採択された「けいはんなエコシティ次世代エネルギー・社会システム実証プロジェクト」で策定された計画に基づき、住宅、商業施設、文教施設が混在する都市におけるCO2排出量の大幅削減を達成する「けいはんなエコシティモデル」の実現を最終目標として、多数の住宅・中小ビルのエネルギーマネジメントを可視化するHEMSやBEMS、あるいはEVの普及を促進するためのEV充電マネジメントシステム等の先端技術の開発を通じ、都市全体のエネルギー消費とCO2排出量の最小化を実現する地域エネルギーマネジメントシステム(地域EMS)の実現に必要となる技術と機器の開発が本事業の目的である。本事業の最終目的は、CO2排出量の最小化を実現する地域EMSを開発し、それを中心とする次世代エネルギー・社会システムを構築することであり、また、地域で生活する人々が生活の質や利便性を損なわずに、新しいライフスタイルを確立することができ、「エコ」がけいはんなに暮らす人々の「文化」となる社会の実現にある。
 本実証プロジェクトのうち、弊社は、『施設ナノグリッドを対象とするエネルギーマネジメントシステムの開発 <BEMS>』におけるリチウムイオン電池用運用管理システムの通信インタフェースの開発を担当した。 上位側のシステムが効率よくエネルギーマネジメントを実施するためには、蓄電池の充電状態を表すSOC(充電状態:State Of Charge)やSOH(劣化状態:State Of Health)が重要な情報となる。一方、蓄電池の安全面や劣化防止などの観点から見た場合、警報判定時に上位側システムが各種警報に沿った対応をとることが望ましく、運用管理システムは、各センサから情報を収集し、次世代リチウムイオン電池のSOCなどの状態を判定して、PCS(Power Conditioning System)など上位システム側に出力する。本年度は、次世代リチウムイオン電池用運用管理システムから上位側に送信可能なデータ種別を「基本情報」、「判定情報」、「警報」の3種類に大別し、出力する情報の精査を実施した。また、PCSの開発を担当する会社と協議し、本システムはスマートPCS内のPLC(Programmable Logic Controller)とEthernetにて接続する事に決定し、通信インタフェース仕様として(1)通信プロトコル、(2)通信の種類、(3)データ内容及び形式、(4)PLC側通信ポート、(5)通信シーケンス、(6)通信エラー処理 を決定した。
英文要約Title: Element technology developments for Storage composition systemization technology development. Development and demonstration of HEMS, BEMS and EV charging management system for achieving of Keihanna eco-city model (FY2010) Final Report
This project is aiming to develop technology and equipments which are necessary for regional energy management system to minimize energy consumption and CO2 emission of the city as a whole. These can be realized through the development of advanced technology such as HEMS and BEMS which visualize energy management of a number of houses or small and medium-sized buildings, and an EV charge management system for EV promotion. The final target of this project is realization of “the Keihanna eco-city model” which achieves significant CO2 emission reduction in cities mixed with residential houses, commercial facilities and educational facilities, based on the plan which is adopted by “the regional public offering on the next-generation energy and social system demonstration” and developed by “the Keihanna eco-city next-generation energy and social system demonstrating project”. The final purposes of this project are development of a regional EMS which minimizes CO2 emission and creation of next-generation energy social system centered on it, furthermore, realization of a society in which the regional people can establish new lifestyle without spoiling quality and convenience, and “Eco” becomes culture of the people living in Keihanna. In this demonstration project, Furukawa electric is in charge of the development of telecommunication interface for lithium-ion battery operational management system in BEMS (the development of energy management system for facility nano-grid). For high efficient energy management in upper level system, SOC (State of charge) and SOH (State of health) which show battery charging condition are important information. On the other hand, from battery safety and deterioration prevention points of view, on alarm evaluation, upper level system should take correspondence along with variety of alarms. Then the operational management system evaluates condition of SOC for next-generation lithium ion batter and others based on collected information from each sensor and output to upper level system like PCS (Power conditioning system) etc. In this year term, data which can be transmitted to upper level system from lithium-ion battery operational management system, were divided into 3 categories “ basic information”, “information for evaluation” and “ alarm”, and output information were examined. Moreover, based on the discussion with the company in charge of PCS development, this system was decided to be connected with PLC (Programmable logic controller) in smart PCS through Ethernet. And, (1) telecommunication protocol, (2) telecommunication category, (3) data contents and format, (4) telecommunication port at PLC side, (5) telecommunication sequence and (6) telecommunication error treatment, were determined as specification for telecommunication interface.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る