成果報告書詳細
管理番号20120000000477
タイトル平成20~23年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 セメント排熱発電設備モデル事業
公開日2012/6/8
報告書年度2008 - 2011
委託先名JFEエンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約インドネシアでは経済成長に伴う石油エネルギーの消費拡大により、石油産出国でありながら、2004年からは石油の純輸入国となっている。また、電力も、堅調な経済成長に伴う需要増加により供給量が不足しており、政府は、「新・再生可能エネルギーへのシフト(エネルギーミックス)」と「省エネルギー」の2本柱をエネルギー政策の基本方針として省エネ法を策定するなどの対策をとっている。
係る状況下、対象国における電力多消費型産業であるセメント産業は、その生産コストのうちの3?4割を占める電力について、省エネルギー、環境負荷低減、発電コスト低減の具体的技術が必要な状況である。

そこで、インドネシアにおけるにおける「セメント排熱回収発電設備モデル事業」の実施の可能性と有効性の調査を実施し、本技術が非常に有効であるとの結果を持って、モデル事業の実施に至った。詳細な現地調査を実施した結果、西スマトラ州にあるセメン・パダン社が最もモデル事業サイトとして適しているとして選定された。
事業期間中には、スマトラ沖地震や東日本大震災等によりスケジュール遅延が発生したものの、2011年11月に無事完成し、これまでに定格どおりの8.5MWの出力を確認した。これにより、年間約63GWhの自家発電が可能となり、年間約4.3万トンの温暖化ガス排出削減が期待できる。

本技術は現在のインドネシア政府の政策に大きく寄与するものであり、また、電力コストの低減の効果から投資に十分見合う事業として、普及可能性は非常に高いと考える。さらに、この技術の導入で、インドネシアにおけるセメント産業は、省エネルギーによる電力コスト低減による競争力アップを享受でき、また発電に際して追加燃料を一切必要としないので、温室効果ガス排出削減の環境改善効果もあることも、その普及可能性を高める要因となる。
英文要約Due to the rapid growth of oil consumption in the country, Indonesia has been a net oil-importing country since 2004 although the country reserves the oil production within the country. The electricity supply as well cannot catch up the rapid growth of electricity consumption, and the government therefore has enacted several energy-saving acts. The cement industry, a huge energy consuming industry, is facing immense need for energy saving technology.

After carrying out a feasibility study and concluding that the waste heat recovery power generation technology is very well feasible and viable, the model project was implemented. PT. Semen Padang had been selected as the model site after a thorough site selection.
Although some inevitable schedule delay had occurred due to the two major earthquakes in both Indonesia and Japan, the project has completed in November 2011, and 8.5MW output was confirmed. With this system about 63GWh/yr of captive power generation and about 43 thousand tons of greenhouse gas emission reduction will be expected.

This technology has a great potential of dissemination in Indonesia since it can contribute to Indonesian government’s energy policy as well as it can save a lot of energy cost at cement plants. The facts that also contribute to the potential are that Indonesian cement industry can be more competitive by reducing production costs and that this technology is environmentally friendly since it generates electricity without any additional fuel meaning that the greenhouse gas emissions will be reduced by reducing grid-electricity consumption.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る