成果報告書詳細
管理番号20120000000479
タイトル平成23年度成果報告書 情報収集事業 ICTを用いた産業融合を促進するための技術・制度・産業上のプラットフォーム整備(日本版「サイバーフィジカルシステム」)に関する調査
公開日2012/6/8
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社 博報堂
プロジェクト番号P09018
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約件名:平成23年度成果報告書 ICTを用いた産業融合を促進するための技術・制度・産業上のプラットフォーム整備(日本版「サイバーフィジカルシステム」)に関する調査?未来洞察ワークショップ“Future Dynamics”手法を用いた未来予測・ビジョン策定?

近年クラウドコンピューティングやセンサーネットワーク技術の発展により、実世界の情報をサイバー空間に取り込み高度な分析・制御を行う「サイバーフィジカルシステム」の実現可能性が叫ばれるようになっている。我が国は少子高齢化に伴う医療費の拡大や食糧自給率の低下やサービス産業の低生産性など様々な複合的な社会課題を抱えており一部では「課題先進国」とも呼ばれている。ICTを用いた「サイバーフィジカルシステム」の実現は、産業融合的な従来に無い形の産業を創出し、より知能化された社会をもたらし効率的な社会課題の解決に寄与することが期待されており、早急な実現が望まれる。 他方で「サイバーフィジカルシステム」の実現には技術的な問題の解決の他に、様々な制度上の課題の解決、さらには新たな社会像に根ざしたビジネスモデルの創出が不可欠になる。これらの課題はそれぞれが独立した問題ではなく、相互が深く関わり合う複合的な課題であり、産学官一体となった課題整理・解決に向けた取組が求められる。 本事業ではこれらの状況を踏まえ、具体的な分野を事前に想定して「サイバーフィジカルシステム」を実現するための技術・制度・産業上のプラットフォーム整備に向けた課題を明らかにすることを目的としている。また、その際に、調査委託先である株式会社博報堂が独自に開発した未来予測・ビジョン策定プログラムである、「Future Dynamics」を用いる。具体的には関連分野に関する有識者/実務者を一箇所に集め、全員が、約2日間の集中的なワークショップで、5?15年後におこりうる未来シナリオのアイデアを短時間で効率的に構築。さらにそれらの未来シナリオ仮説を後日、精査した上で、無作為抽出による一般国民からの定量調査によって社会的受容性を確認した。 本事業の結果についても要約する、本事業では経済産業省における産業構造審議会情報経済分科会中間取りまとめ「「融合新産業」の創出に向けて」及び有識者とのディスカッションにより、「サイバーフィジカルシステム」に関する将来の有力展開分野として、「農業」「医療」「サービス工学」の三つの分野を選定。それらに関してワークショップによって未来シナリオ仮説を六つ構築した。 詳細は本稿に任せるもののタイトルは下記のとおり。 1)生体情報や行動情報に基づくパーソナル医療・健康指導サービス 2)メンタル状態の推定によるハピネス増進サービス 3)健康診断に基づくパーソナル食生活プログラム 4)身内の個人情報シェアで安心・快適サービス 5)入試・就活革命?難関突破は「よりよい個人情報」で 6)生活モニターの日常行動に基づくスマート街づくり・・・これら六つの未来シナリオの受容性を一般国民から聴取したところ、最も受容性が高かったのは(1)生体情報や行動情報に基づくパーソナル医療・健康指導サービスと、(3)健康診断に基づくパーソナル食生活プログラムであった。さらに、この二つのシナリオに関しては一般国民の多くが、何らかの形で国や自治体の支援・関与を期待していることが調査より判明した。従ってこの分野を中心に今後の国としての課題を検討することには一定の合理性があると考え、これらシナリオの実現性について追加的な検討を行った。 以上の六つの未来シナリオ仮説と導出にいたる議論に関するレポート、一般国民による未来シナリオの受容性調査の結果、調査手法の詳細、今後の政府ならびにNEDOや関連研究機関が日本版「サイバーフィジカルシステム」の実現に向けて検討すべき事項が、本事業レポートの内容である。
英文要約Title:Research on the Development of Technological, Institutional and Industrial Platforms for the Promotion of Industrial Integration through Information Technology (Japanese Cyber Physical Systems):

The recent development of cloud computing and sensor network technologies has fueled interest in the feasibility of Cyber Physical Systems for sophisticated analysis and control of real-world information in cyberspace. Japan is an advanced and yet challenged country, with complex social issues ranging from rising medical costs due to demographic ageing to declining food self-sufficiency and low productivity in its service sector. There is thus an urgent need to create Cyber Physical Systems based on information and communication technology (ICT), to help the country solve such issues efficiently, creating iconoclastic businesses spanning various industries and creating a highly intelligent society. However, to achieve Cyber Physical Systems it will be necessary to eliminate various institutional obstacles and create business models built on a new vision of society, as well as solve technological issues. These complex challenges are inextricably linked and cannot be addressed separately. A collective effort by industry, academia and government is required. This project is designed, regarding predetermined subjects, to identify challenges in developing the technological, institutional and industrial platforms required to realize Cyber Physical Systems. To achieve this objective, the project uses Future Dynamics, an original program for cultivating future visions developed by Hakuhodo Innovation Laboratory, which has been commissioned to undertake the research. The process involves academics and practitioners in relevant disciplines, who gathered for a two-day intensive workshop, to come up with possible but unexpected future scenarios over the next 5 to 15 years. Following a careful review, the hypothetical scenarios were quantitatively assessed with random samples from the general public to verify their social acceptability. The results of the project may be summarized as follows. Based on the interim report published by the Working Group on Information Economy of METI’s Industrial Structure Council entitled “Creating ‘New Integrated Industries’” and discussions with academics, the project identified three promising areas for the development of Cyber Physical Systems: agriculture, medical care and service engineering. A workshop was then held on those subjects to build six hypothetical scenarios. Although their details will be included in the final report, the six scenarios are: (1) Personal medical/health guidance services based on biological and behavioral information; (2) Happiness promotion services based on estimated mental state; (3) Personal dietary programs based on medical checkups; (4) Safe and secure services with personal information shared among family members; (5) Revolution of entrance exam/job seeking ? addressing the difficult challenges with “better personal information”; and (6) Smart urban development based on the routine behavior of lifestyle monitors. Subsequent surveys of the general public on the six scenarios indicated the highest acceptability for (1) Personal medical/health guidance services based on biological and behavioral information, and (3) Personal dietary programs based on medical checkups. The survey also found that a majority of the general public expected some form of support and involvement of the national or local government. We explored the feasibility of those scenarios, and consider that a national agenda could reasonably be constructed around such concepts. The project report describes the six scenarios and the discussions that led to their development; the results of the general public acceptability survey on the scenarios; details of the survey method; and topics to be considered by the government,NEDO and research institutions for the creation of Japanese Cyber Physical Syst
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る