成果報告書詳細
管理番号20120000000480
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 タイ国における次世代型(ゼロエミッション) 太陽熱利用空調システムによる温室効果ガス削減事業案件組成調査 ~ ソニー工場モデル
公開日2012/6/8
報告書年度2011 - 2011
委託先名四国電力株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約次世代型太陽熱利用空調システムは、太陽熱による温水を利用する吸着式冷凍機と、デシカント除湿器と排気熱交換器で構成する外気処理システムを組み合わせたものであり、空調に関する熱源エネルギーをほぼゼロとすることが可能である。本調査は、本システム導入に関するソニーテクノロジー(タイランド)社チョンブリテクノロジーセンター(STT?C)におけるFS、方法論や効果的MRV手法開発、タイ国政府・産業界への普及促進活動を行なうことを目的とする。本調査で採用するゼオライト系吸着材を用いた吸着式冷凍機は、NEDO委託事業「太陽エネルギー新利用システム技術研究開発事業」を通じて開発されたもので、60度前後の比較的低温の温水でも能力が低下しない特性を持っている。これにより不安定な熱源である太陽熱の利用範囲が広がり、未利用の工場排熱も熱源として利用できるため、システムの適用範囲を広げることが可能となった。STT?CにおけるFSでは、84個の測定器を持ち込んで1ヶ月以上の計測を行なった上で最適なシステムを設計した。その結果、空調負荷の32.4%を次世代型空調システムで賄い、年間1073MWhの電力量と624tのCO2が削減可能と算出された。この場合の投資回収年は17.8年である。また空調負荷の89.6%を次世代型空調システムで賄うゼロエミッションモデルでは投資回収28.4年という結果となった。投資回収年が長くなったのは、空調の外気導入量が少なかったため費用対効果に優れる排気熱交換の割合が低く抑えられたこともあるが、太陽熱集熱器と吸着式冷凍機の費用対効果に課題があったことが主な要因である。一方で現地企業複数社に対して実施した省エネ診断では、食品工場において未利用排熱を熱源として利用することにより投資回収年が6.4年となる費用対効果の優れたケースもあった。方法論・MRV手法の開発では、既設空調のデータが十分に揃っていないケースや新設設備にシステムを導入するケースにも適用可能でバックアップシステムも含めた柔軟な方法論を構築し、排出量の報告・検証をタイ国の省エネルギー促進法制度に組み込んで効率的に実施する手法を提案した。タイ国の政策・制度面を調査した結果、タイ国政府はエネルギー需要の旺盛な伸びや将来の資源枯渇の可能性を踏まえて省エネに力を入れており、低利融資や補助金などの制度を整備しているが、いずれも規模が小さく適用条件も厳しいものであることが明らかになった。またタイ国は既存CDM制度において多くの実績を上げている一方、同制度に対して不満もあり二国間制度への期待が大きいことが判明した。そこで二国間制度の適用方法として、堅実に運用されているタイ国の省エネファンドに出資し、融資規模の拡大と適用条件の緩和を実現することを提案した。また、バンコクにおいてワークショップを開催して本調査の成果を報告し、政府関係者や産業界と活発な意見交換を実施して提案するシステムの理解促進に努めた。次世代型空調システムの普及に向けて、当面は排熱の利用による費用対効果の高い案件に注力することが有効であり、中長期的には太陽熱利用のコスト低減に向けて吸着式冷凍機のさらなる低温駆動の実現が有効であることを示した。今後は、ソニーグループにおける同システムの導入検討、排熱を利用できる案件の導入提案活動、メーカーによるさらなる低温駆動実現を含めたコストダウン努力を継続していく。
英文要約Title:Program organization research of green house gas emission reduction project through next-generation (zero-emission) air conditioning system utilizing solar heat in the Kingdom of Thailand - SONY plant model

Next generation air-conditioning system utilizing solar heat, which consists of adsorption chiller driven by solar-based hot water and outdoor air treatment system which reduce the Outdoor-Air cooling load with solar-based desiccant dehumidification and exhaust air heat exchange, has the potential to achieve almost zero emission by reducing cooling energy for air-conditioning. The purpose of this study is to examine its effectiveness at a factory of Sony in Thailand (STT-C) to establish effective MRV methods and to perform proliferation promotion activities in the Thai government and its industry. Adsorption chiller using zeolite was developed in the NEDO project. An excellent performance that does not fall off even if hot water with relatively low temp. (around 60 deg.) is used has been attained, and as such makes it possible to extend the range of utilizable solar heat energy which is unstable energy source. As a result of feasibility study at STT-C, reduction amount of electricity is 1073 MWh/year and that of CO2 is 624 t/year in the case 32.4% of air-conditioning load is shared by the next generation system. In this case, the payback period is 17.8 years.The payback period of the zero emission model which 89.6% of air-conditioning load is shared by the next generation system is 28.4 years. One of the factors of the longer payback period would be that the amount of introducing of Outdoor-Air is relatively small, so exhaust air heat exchange with high economic efficiencies was limited. However, the main factor would be there are some challenges in the cost-effectiveness of the solar collector and adsorption chiller system. On the other hand, there are some outstanding cases that the payback period is reduced to 6.4 years by utilizing waste heat in food factory. As for the development of MRV methods, methodology which could be adopted for both additional installation for conventional system and the newly constructed equipment is proposed. After the status of policies and systems in Thailand is investigated, Thailand has many record of achievement in the existing CDM system, but they are not satisfied with the system and they have high expectation toward Bilateral Offset Credit Mechanism (BOCM). Then, it has proposed to invest in the energy conservation fund in Thailand, and the expansion of scale of the loan system and the mitigation of its application criteria are proposed to adopt BOCM.As future activities, the followings will be implemented: Examination by Sony group on the introduction of the system at STT-C based on the result of this study. Proposal and examination on the introduction of the system at sites, where waste heat can be used, as immediate promotion measures. Economic efficiency improvement in solar heat utilization by cost down and performance improvement by manufacturers as medium- to long-term promotion measures.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る