成果報告書詳細
管理番号20120000000487
タイトル平成22~23年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発 要素技術開発 複合電力貯蔵対応Advanced BEMSの研究開発
公開日2012/6/27
報告書年度2010 - 2011
委託先名株式会社日立製作所 株式会社山武 株式会社日建設計 イーソリューションズ株式会社 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
プロジェクト番号P10008
部署名スマートコミュニティ部
和文要約電力ネットワーク側と相互補完する個々の需要地点レベル及び地域レベルでのエネルギーマネジメントシステムをエネルギー消費量が大きいビルに適用することは、需要側での分散電源の大量導入に対する電力安定化対策などを解決するための有効な手段であると考えられており、従来型のBEMSの機能を拡大し、自動最適運転制御に加えて、複合的なエネルギー貯蔵、地域エネルギーマネジメントシステム(以下CEMS)と協調したビルのエネルギー管理と制御を可能とするAdvanced BEMSの開発ニーズが高まっている。上述した機能を持つAdvanced BEMSの開発をグローバル展開に必要なデマンドレスポンス機能の付加を視野に入れ進めた結果、需要パターンの異なる施設(業務ビル、商業ビル、ホテル、住宅)における需要量と新エネルギーによる発電量をCEMSと協調して最適制御する運転パターン、及び必要な発電・需要予測におけるインターフェース項目及び、インセンティブ情報を整理し、地域レベルでの連携制御の要となる共通アダプタの在り方を示すことができた。本Advanced BEMSは、スマート・コミュニティを支える技術として定義され、将来的な地域レベルでのエネルギー最適化に大きく貢献すると期待される。一方、導入にあたっては、経済的な要素として直接的な影響をあたえるエネルギー料金のインセンティブ・ペナルティの仕組みが重要なキーとなる。たとえば、米国では自由化された電力市場を背景に、緊急ピーク料金、リアルタイム料金、および、所定の電力消費を上回った場合のペナルティ料金等の事例が存在し、それらへの柔軟な対応が必要と考えられる。本Advanced BEMSは、CEMSと協調することで、これらのエネルギー料金の仕組みに対して対応可能となり、グローバル展開を視野に入れた汎用的な機構を提供できる。
英文要約Title: R&D of Practical and integrated Energy storage systems for smart community/ elemental technology development/ Research of Advanced BEMS adapting complex power storage (FY2010-2011)
Content of research and development: To develop Advanced Building Energy Management System (BEMS) by expanding conventional BEMS functions and adding new systems and functions such as self-automated optimized operation system, a combined storage system, and a building energy control function coordinated with Community Energy Management System (CEMS). Research Background: We carried out R&D of Advanced BEMS which equipped the functions above, considering additional Demand Response function which is essential for world-wide deployment. As a result, we could indicate three valuable developments; The first is the operation patterns, coordinated with CEMS, that enable optimized control for the power output from renewable energy and the amount of various demands in different type of facilities such as office buildings, commercial buildings, hotels, and residences. The second is the interface items between Advanced BEMS and the forecasting system for energy supply and demand. The third is what the common adaptor between CEMS and Advanced BEMS should be with its incentive information, the key for coordinate control. Advanced BEMS is defined as a supportive technology for smart community, and expected to make a big contribution to optimization of area energy management. By coordination with CEMS, Advanced BEMS can react to the system of energy fee such as dynamic pricing and incentive/penalty fee. Consequently, Advanced BEMS can provide the system which aim to be globally-expandable one.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る