成果報告書詳細
管理番号20120000000499
タイトル平成22~23年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発 要素技術開発 リチウムイオン電池システムインターフェース標準化・海外展開の研究開発
公開日2012/6/27
報告書年度2010 - 2011
委託先名東京電力株式会社 関西電力株式会社 株式会社東芝 株式会社日立製作所 三菱重工業株式会社 日本電気株式会社 株式会社明電舎 ソニーエナジー・デバイス株式会社 シャープ株式会社
プロジェクト番号P10008
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成22年度?平成23年度成果報告書「蓄電複合システム化技術開発/要素技術開発/リチウムイオン電池システムインターフェース標準化・海外展開の研究開発」
リチウムイオン電池システムの系統協調制御に必要なインターフェースを標準化するため、インターフェース項目の標準化対象を選定した。選定された項目には、例えば定格出力、定格容量、充電状態、電池利用予定が含まれる。選定された項目についてデータ定義・形式の基本仕様を決定した。また、電力系統用リチウムイオン電池システムの海外ニーズ分析を行うため、リチウムイオン電池のニーズの高い用途、ターゲットとなる地域およびポテンシャルカスタマーに関する仮説を立案した。仮説に基づき、米国、東南アジアをターゲット地域として選定し、両地域の海外現地調査を行った。
英文要約Title:R&D of Practical and integrated Energy storage systems for smart community / Elemental technology development / R&D of Lithium-ion battery system interface standardization and Global market analysis (FY2010-FY2011) Final Report
As standardization of the lithium-ion battery system interface necessary for rational control coordinated with grid, interface items for standardization are selected. Selected items contain rated power, state of charge and battery operation schedule etc. Date definition and format of these items are outlined. In addition, in order to analyze the global market needs of lithium-ion battery systems applied for grid operation, hypothesis containing promising battery applications, target areas, potential customers are summarized. Based on the hypothesis, United States and South East Asia are selected as target areas and field surveys of both areas are conducted.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る