成果報告書詳細
管理番号20120000000501
タイトル平成22年度成果報告書 3R分野に関する情報収集事業
公開日2012/6/13
報告書年度2010 - 2010
委託先名JFEテクノリサーチ株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名環境部
和文要約循環型社会の構築に向けて廃棄物・リサイクル関連の法体系整備が順次進められて来ており、その効果はリサイクル率の向上や国民の3R(Reduce, Reuse, Recycle)に対する意識の高まりといった形で着実に現れている。また、法体系の整備と併せて3R分野の技術開発が精力的に進められ、多くの3R技術が実用化されるに至っている。このような背景のもと、今後の中長期的な3R技術開発の方向性を探るため、平成16年度以来、3R分野に関する技術戦略マップが定期的に更新されている。 3R技術開発は各企業が個別に開発を進める他に、国全体として取り組めるような体制作りが求められる。この体制を構築するためには、資源循環に関わる国内のあらゆる分野の企業等の技術戦略を有機的に結びつけて行くことが長期的に重要となる。更に、今後世界的に製品の環境適合性(有害物質、資源効率、省エネ等)への要求が益々厳しくなり、レアアース等の資源リスク対策も急務となる中、資源節約や環境負荷低減に対し、上流/入り口対策としての効果が極めて大きいエコデザイン分野が重要になっている。 本調査においては、3R分野に関する既存の技術戦略の俯瞰図等を更新して、情報の価値を維持した。更に、エコデザイン分野の中でも、より先進的な「ライフサイクル設計」の最適化のための基盤技術の開発を計画するための基礎として、基礎的な情報を収集調査した。 本調査で実施した内容は以下の通りである。 (1)既存の「技術戦略の俯瞰図(技術戦略マップ2010)」の更新に関する調査:技術マップの見直し基準を作成し、文献調査と専門家へのヒアリングに基づき各項目を見直し評価し、内容を更新した。導入シナリオ、ロードマップ、標準化シナリオ及びこれらの背景情報等についても最新の情報により更新を行った。 (2)3R分野の技術、市場に関するベンチマーキング:3R分野における世界の特許出願動向(2004?2008年)を調査し、全体動向及び個別技術分類毎の動向を把握した。全体動向では、中国の特許出願件数の増加は著しく、日本の特許出願件数(2008年)は中国、米国に次いで第3位である。登録件数では、日本は米国に次いで第2位であった。また、日本は、廃棄物エネルギー分野が他国に比べて強いことが分かった。市場動向調査では、貿易統計データを用いて、アジア向けの3R関連装置の輸出シェアの動向を調査した。その結果、日本、米国のアジアへの出シェアが減少し、中国のシェアが増加していることが分かった。 (3)エコデザイン分野の技術開発に関する調査:エコデザイン分野の基盤技術に関する最新情報を収集し、技術の到達度を評価した。また、液晶テレビを対象としてライフサイクルシミュレーションを実施し、ライフサイクルシナリオを変えることにより、CO2排出量・資源投入量・コストを削減できることが分かり、環境性や経済性を評価できる本手法の有効性を示すことができた。さらに、関連企業へのヒアリング及びワーキンググループでの議論を通じて、今後の当該基盤技術開発のあり方について検討し、研究開発課題を整理した。
英文要約Japan has successively enacted the elements of a legal system in connection with waste/recycling with the aim of establishing a recycling-based society. The effects of this system are steadily becoming apparent in the form of improvement of recycling ratios and heightened awareness of the 3Rs (Reduce, Reuse, Recycle) among the nation’s citizens. In addition to the creation of this legal system, technical development in 3R field is also being promoted energetically, and many 3R technologies have reached the stage of practical application. Against this background, a Strategic Technology Roadmap for the 3R field was established in March 2005 as a policy infrastructure for establishing mid- and long-term 3R technology development strategies for the future. In order to reflect the most recent information, the content of the Roadmap is periodically updated. It is important to establish a nation-wide or region-wide structure to carry out technology development in the 3R field. This calls for organic linkage among 3R technology development strategies in companies and institutes which are related to resource circulation. On the other hand, in recent trend of 3R field, the environmental suitability of products would be required more strongly over the world and countermeasures for resource security of rare-earth element etc. are urgently required. Under these circumstances technology development in the field of eco-design is important from the viewpoints of resource saving and environmental load reduction. This study aims at reviewing the Strategic Technology Roadmap which was revised in fiscal year 2010, as well as reviewing the technology of lifecycle design which is more advanced among the eco-design field, in order to make a planning of fundamental technology development of lifecycle design if necessary. (1) Review of strategic technology roadmap for the 3R field: The strategic technology roadmap was fully reviewed and revised, through a literature survey and interviews for specialists, based on a newly established review standard. The revised map includes the introductory scenario, the technology map, the roadmap, the standardization scenario and background data. (2) Benchmarking on technology and market trend in the 3R field: World patent application data was used to understand the technology trend among representative 5 countries and area. It was found that the number of patent applications by Chinese was increasing rapidly in all the field of 3R. The number by Japanese was the third next to those by Chinese and American. Among 3R field, Japan held a dominant position in the field of wastes energy. As for market trend, the environmental product export share to Asian countries was investigated using export/import statistical data base. It was found that the export shares of Japan and U.S. decreased, while that of China increased. (3) Review of the technology of lifecycle design: A literature survey was conducted to clarify current status of individual technologies of lifecycle design. A lifecycle simulation was employed for liquid crystal T.V. to show lifecycle design methodologies effective. Further development themes of fundamental technologies in the lifecycle design field were discussed by a working group consisting of specialists, including the results of interviews with several companies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る