成果報告書詳細
管理番号20120000000515
タイトル平成22年度成果報告書 将来の革新的な省エネルギー技術の検討
公開日2012/6/1
報告書年度2010 - 2010
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P09015
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成22年度成果報告書 将来の革新的な省エネルギー技術の検討
本調査は、NEDO「省エネルギー技術に関する今後の方向性に関する情報収集」調査を受けて、広範に渡る省エネルギー技術から、将来、大幅な省エネルギー効果が発揮されることが期待できる技術を抽出し、注力すべき省エネルギー技術の導入の筋書き、技術整理図、並びに技術開発の道筋の策定を行い、広く関係者間で共有を図ることを目的としている。広範に渡る省エネルギー技術の中から、今後技術開発を注力して進めるべき技術を特定するために、第1ステップとして、各部門の個別技術に対して、省エネルギーポテンシャルを概算し、2030年における省エネルギーに寄与できるおおよその限界能力の定量化を図った。次に、概算した省エネルギーポテンシャルをベースとして、国の技術開発政策における重要度等や個別技術の難易など、個別技術を多面的に評価し、各分野について注力すべき技術の特定を行った。さらに、省エネルギー技術戦略2011の資料となるべく、特定した注力すべき技術についての導入普及の姿を描く導入筋書や、技術開発の行程表を表す技術開発の道筋などの作成を行った。最後に、省エネルギー技術戦略2011について、広く一般に分かりやすく伝えるため、概略版資料の作成を行った。
英文要約title: study of a future innovative energy-saving technology (FY 2010) final report
The purpose of this study makes "important technology introduction scenario" , "important technology sheet" and "important technology development road map" and is that it becomes the reference materials of people related to technology development . As the first step, to choose the important technology, we roughly estimated energy saving potential of the individual technique of each section from the technology field in "collecting information of the future directionality about the energy-saving technology final report"(NEDO, 2010). Estimated energy saving potential is approximate limit ability that could contribute to energy saving in 2030. Then, based on the energy-saving potential, we evaluated the individual technology including the importance in the technology development policy, difficulty, and need of the country's support, we identified the important technology. Furthermore, we made "important technology development road map" and "important technology introduction scenario" so that its became a basic document of "energy-saving technical strategy 2011" . Finally, we made the energy-saving technical strategy 2011 outline version to announce it clearly.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る