成果報告書詳細
管理番号20120000000558
タイトル平成23年度成果報告書 情報収集事業 膜分離活性汚泥(MBR)等水処理技術の国際化戦略の構築に向けた調査
公開日2012/6/1
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社三菱総合研究所 一般社団法人膜分離技術振興協会
プロジェクト番号P09018
部署名技術開発推進部
和文要約件名:平成23年度成果報告書 「情報収集事業/膜分離活性汚泥(MBR)等水処理技術の国際化戦略の構築に向けた調査」
1.目的
本調査では、MBR等水処理技術に係る我が国の技術的優位を保ち、かつ、海外市場へ容易に参入するために必要となる国際標準化等を見据えた具体的取り組みについて明らかにすることを目的とする。
2.MBR等技術の性能評価指標及び運転管理指標の策定
1 MBR膜初期性能試験方法
現在、ユーザーがMBR製品を選択する際に使える評価指標はなく、海外にも統一された評価方法や規格はないため、我が国が先んじて試験方法を提案し、事実上の標準としての運用を働きかけることにより普及に弾みがつき、我が国の技術適用のチャンスを拡大させることができるものと期待される。そこで、MBR用膜の性能評価方法の提案を行った。具体的な項目としては、孔径及び孔径分布、透過流速(flux)等である。
2運転管理指標の策定
MBR製品自体の初期性能だけでは、実地で期待される性能を評価(予見)することが困難であり、実環境での運転管理に関する性能評価を行うことが実務的に重要になる。初期性能に加え、運転管理が評価できる指標があれば、導入や普及に弾みがつくものと期待される。MBRのシステムに関して、「流入原水」、「発生汚泥」、「処理水」等運転性能を評価する指標と管理する方法を検討し、提案した。
3.我が国MBR技術の海外展開に向けた具体的取組の検討
1海外調査
我が国MBR技術の海外展開に向けた方策を検討するためには、海外市場の概況を把握する必要がある。特に、本調査ではMBR等技術の指標策定・標準化を念頭に置いており、国際標準化に向けた検討材料として、海外における技術基準の制定状況や、海外市場における水処理関連施設や技術の評価指標に関する情報が必要となることから、中国、韓国、インドネシア、ベトナムを対象として、情報収集した。訪問先は以下のとおりである。
韓国:韓国環境公団、K-Water Institute、成均館大学、慶熙大学
中国:清華同方、清華大学院/黄教授/陳教授、中国MBR技術創新連盟、中国水網、全国膜技術標準化委員会
インドネシア:ジャカルタ下水道公社(PD PAL JAYA)、Degremont、JICAインドネシア事務所、水ingインドネシア、バンドン工科大学、公共事業省(Cypta Karya)
ベトナム:ハノイ下水公社(PMB)、建設省、Ebara Vietnam、ハノイ下水・排水公社(HSDC)、ハノイ工科大学/教授
2具体的取組の検討
海外調査結果をもとに、中国、韓国、EUと日本の間で、MBRの市場、シェア、国プロの技術開発状況、アカデミックセクタの実務への関与、運転管理ノウハウ、標準化への組織的対応、英語での情報発信の各項目について、躁的な強み、弱みを評価した。この評価結果に基づき、取組1:強みを生かす】として、取組1?1:MBR膜のシェアを拡大・維持する、取組1?2:国プロによる技術開発で技術的なハードルを超える、取組1?3:蓄積された運転管理ノウハウを共有する、【取組2:弱みを補う】として、取組2?1:大学・研究機関での開発を海外展開の活力に、取組2?2:標準化に向けた組織的な対応を行う、取組2?3:積極的なPRで日本のプレゼンス向上を方向性として提言した。
4.我が国の水ビジネス強化に資するNEDOプロ成果の取り込みの検討
NEDOプロジェクト及びNEDO以外のMBRに関連した研究開発プロジェクトをレビューして、連携の可能性を検討した。また、これら既存プロジェクトおよび、前段の調査をまとめ、日本のMBR技術の基盤を構築し、海外展開を推進するための今後のアクションプランを提案した。
英文要約Title: Working Paper for FY2011 - Information Collection Project / Research on International standardization Strategy of Water Treatment Technology by Membrane Bioreactor(MBR) .
1. Objective
This research intends to clarify specific measures to internationalization needed for easily getting into the overseas market and for keeping advantage of Japanese technologies on MBR and other water treatment.
2. Designing Indexes for Performance Evaluation and Operation Control for MBR and Other Technologies
i. Test Method for Initial Performance of MBR Membrane
We have suggested the method of initial performance evaluation for MBR membrane such as pore diameter, flux.
ii. Designing Index for Operation Control
We have studied and suggested the management method and the index for operation control such as “inflow raw water”, “generation sludge” and “treatment water”.
3. Studies on specific approaches toward developing Japanese MBR technologies into overseas
i. Overseas Studies
In order to consider specific approaches toward developing Japanese MBR technologies in overseas, it is needed to understand condition of the overseas market. We have visited the following organizations in China, South Korea, Indonesia and Vietnam.
South Korea: Department of Water Supply & Sewerage Water Industry Promotion Team, Water Management & Research Center
China: Graduate School at Tsinghua University, Tsinghua Tongfang Company etc.
Indonesia: Jakarta Water Supply Enterprise(PD PAL JAYA), Degremont, JICA Indonesia Office, PT. Swing Indonesia,etc.
Vietnam: Ministry of Construction, Ebara Vietnam, Hanoi Sewerage and Drainage Company (HSDC), Hanoi University of Science and Technology etc.
ii. Studies on Specific Approaches
Based on the result of the overseas researches, we found strengths on Japan such as high MBR market share, extensive situation of technology development. On the other hand , there are some weaknesses. Based on those results, we have suggested the directions of Japan as follows;
1: Making use of advantages
1-1: Expanding and keeping Japanese share in the MBR membrane market
1-2: Clearing technical hurdles by developing technologies as a national project
1-3: Share the accumulated know-how for operation and management with the countries in Asia
2: Supplementing disadvantages
2-1: Encouraging universities and institutes to develop technologies by getting into overseas business
2-2: Organizing related agencies/institutions for standardization
2-3: Aggressively delivering related information to expand the presence of Japan
4. Studies on incorporation of the result from the NEDO projects contributing to strengthening water business of Japan
After reviewing the NEDO projects and other research related to MBR, we have studied possible cooperation of those projects. We have made a summary of those existing projects and the research mentioned in No. 3 above and suggested the future action plans in order to formulate the basement of Japanese MBR technologies and promote overseas business.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る