成果報告書詳細
管理番号20120000000583
タイトル*平成23年度中間年報 情報収集事業 「使用済み製品中のレアメタル等を対象としたリサイクル技術・システムに関する動向調査」(H23~H24)
公開日2012/6/13
報告書年度2011 - 2011
委託先名神鋼リサーチ株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名環境部
和文要約既存のレアメタルリサイクル技術・システムを、中間処理工程(破砕・粉砕、選別技術)及び回収工程(製錬技術等)毎に整理し、実用性、成熟度、経済性、長所、短所、克服すべき課題等、技術の全体評価を行うために、文献、既存の成果報告書、インターネット情報を基に、情報収集および整理作業を実施した。また、新たな有望技術として、NEDOの平成23年度希少金属代替・削減技術実用化開発助成事業で行われているリサイクル分野の技術18件に関しても情報収集を開始した。
一方で、前述の技術の全体評価のうち、技術・システムの経済性を評価するための指標案を作成した。具体的には、中間処理工程は、自動化の可否、イニシャルコストの程度、ランニングコストの程度、製品の価値、収率等を指標とし、回収工程は、イニシャルコストの程度、ランニングコストの程度、製品の価値、収率等を指標として、各項目3段階で点数をつけて評価を行うこととした。
これまでの調査では、既存技術で回収できている鉱種においては、回収コストの削減や回収率の向上の点での技術改良が必要であること、製錬・抽出に適したレアメタル含有部位の濃縮(中間処理)が必要であること、及び、既存プロセスでは回収が進んでいない鉱種、たとえばネオジム、ジスプロシウム等に関しては、新たな技術開発や水平リサイクル的発想が必要であることがわかった。
英文要約Using technical references, existing achievement reports, and internet, information was gathered and sorted out to assess the aspects of all the technologies, including the practical usefulness, the degree of technological matureness, the economic efficiencies, the merits and demerits, and the issues to be overcome by classifying the present rare metal recycling technologies and systems into both the intermediate processes (such as crushing, grinding, and sorting technologies) and the recycling processes (such as smelting technologies). Also started is the information gathering on 18 topics of technology in the recycling area that are implemented in the Rare-Metal Substitute Materials and Usage Reduction Development Project of NEDO in FY 2011.
In parallel, a draft was proposed on the indices for evaluating the economic efficiencies of the technologies and the systems in the assessment of all the technologies mentioned above. More specifically, the assessment result is ranked in three levels for each technology; the intermediate treatment processes are ranked based on the possibility of automation, the initial cost, the running cost, the value added to the product, the yield, etc.; the recovery processes are indexed based on the initial cost, the running cost, the value added to the product, the yield, etc.
In the research done so far, it was found that for the rare metals that have already been recycled using the current technologies, further technology development is necessary to reduce the recycling cost and rate, and to enrich the portions that contain rare metals in the intermediate process for efficient smelting and extraction; for the rare metals that have not yet been fully recycled, such as Nd and Dy, new technology development and new ideas of horizontal recycling are necessary.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る