成果報告書詳細
管理番号20120000000666
タイトル平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 中国における廊坊(LangFang)IGCCプロジェクトの案件形成調査
公開日2012/6/20
報告書年度2011 - 2011
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約 石炭埋蔵量が多く経済発展著しい中国においては、今後も発電設備における石炭高効率利用推進は続く見通しである。そうした中、中国電力投資集団公司(以降中電投と称す)は、今後の低炭素・持続可能型電源の開発としてIGCC推進に意欲的な電力会社(中国5大国営電力会社の一社)である。この中電投が進めている廊坊IGCCプロジェクトは、中国国内におけるIGCC商用機としての筆頭プロジェクトと位置付けられている。廊坊IGCCの予定サイトは、北京南東約40kmに位置する河北省廊坊市内と都市部に近く、高い環境性を求められるという面からも、IGCC商用プラント建設に向けた素地がある。元々このプロジェクトは酸素吹きベースでFS(Feasibility Study)を実施したが、中国政府の批准が進まず予定していた世銀ローンを返上した経緯もある。中電投としては、早期の批准取得、引合発照とする可能性を模索中である。
 一方で、三菱重工の空気吹きIGCC技術は、1980年代より開発を開始し、経済産業省支援の下、日本独自のガス化技術を採用した250MW級IGCC実証機である勿来IGCCにて実証運転を行ってきた。2007年の試験開始以来、他社IGCCに比べて短期間での長期連続運転を達成するなど高信頼性かつ高効率であることが、内外で知られている。
 こうした背景から、2010年10月の第5回日中省エネ・環境フォーラムにおいて、廊坊IGCCプロジェクトへの空気吹きIGCC適用について、中電投と三菱重工との間で検討推進に合意し、覚書に調印をしている。これは、中電投の現状打開の打ち手であり、日本の空気吹きIGCC技術への期待の表れであるともいえる。
 世界的な産炭国且つ消費国である中国に、日本独自技術である空気吹きIGCCを普及していくために、本調査ではまずは廊坊プロジェクトを対象とした概念設計を、中国設計院及び中国メーカーと協力し実施した。また、併せてサイト候補地及び周辺の調査も実施した。
 結果として、対象サイトに、高性能を維持したまま中国製品を活用した安価なプラントを供給できる見込みを得た。これには、主要部品のみを日本から供給し、それ以外の設備を中国製とする事で大幅なコスト低減を実現しているが、特にガス精製、空気分離装置(ASU)といった大物補機及び現地工事費用の低減が大きく寄与している。また、温室効果ガスとされるCO2の削減効果についても検証を実施し、更に中国の標準的なFS用見積方法に基づいて経済性試算も実施した。
 これらの結果を踏まえると、現状の建設コスト・河北地方における売電価格・石炭価格を前提にした場合、中電投の投資可否判断のハードルレートを超えることは困難と言わざるを得ない。一方で、中国におけるGTCCの標準売電価格との比較等により、中国政府による売電価格増額が認められる可能性もある。プロジェクト成立の鍵は、標準売電価格を上回る売電価格の適用がクリーンコール技術であるIGCCに対して認められるか否か次第といえる。
英文要約 China, with its large domestic coal reserves and strong economic growth, is expected to continue to seek higher efficiency in electric power generation using coal. Under this situation, China Power Investment Corporation (CPI), is placing high priority on IGCC projects as part of its low carbon, sustainable power development strategies. The Langfang IGCC project being developed by CPI is considered the front runner in terms of a commercial scale IGCC project in China. The site of the Langfang IGCC project is within the city of Langfang in Hebei Province and is just 40 kilometers southeast of Beijing. This location requires the new plant to be built with high environmental standards, which is exactly what an IGCC plant is capable to provide.
 Mitsubishi Heavy Industries, Ltd's (MHI) IGCC system using the air blown
gasification technology began its development in the 1980s. Under support of the Japanese Ministry of Economics and Industry, the 250MW Nakoso IGCC demonstration plant was built and operated using this unique technology. Since its initial operation in 2007, it has proved its high efficiency and reliability by achieving long term continuous operation during the early stage of operation.
 In October 2010, during the Fifth Japan-China Energy Conservation Forum, CPI and MHI agreed to discuss the possibility and method to cooperate and proceed with the feasibility study of the Langfang project by using the MHI air blown IGCC system. This was a result of CPI's commitment to proceed forward on their high efficiency strategy as well as their high expectations toward MHI's air blown IGCC technology.
 The conceptual design of the Langfang IGCC project was as a joint effort by Chinese engineering company, a Chinese manufacturer and MHI. This combination was essential to introduce and expand the unique air blown IGCC technology from Japan and apply it to the world class coal production and utilization market in China. The results of the study shows that delivery of a low cost, high performance IGCC plant for the subject project shall be possible by utilizing components from China. The basic approach to dramatically reduce cost is to supply only critical components from Japan and fabricate remaining components in China. This concept has contributed to significant cost reductions of large equipment such as the syngas cleanup system, air separation unit and site installation work. Also, an economical analysis of the project has been performed.
 Economics of the project does not seem to meet the investment hurdle rate set by CPI based on the current construction cost, electric power selling price and coal price in the Hebei area. Feasibility of the project relies on whether a premium can be added onto the standard selling price for power generated from an IGCC plant using clean coal technology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る