成果報告書詳細
管理番号20120000000674
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 ベトナム国における超々臨界圧石炭火力導入プロジェクトの案件組成調査
公開日2012/6/20
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名環境部
和文要約 本事業は、ベトナムの石炭火力発電サイト(Vinh Tan 4)を対象に超々臨界圧(USC)石炭火力発電の導入について、技術的・経済的実行可能性の検討およびCO2排出削減量の検討を行い、同国で初となるUSC技術の導入促進を図ることを目的として調査を実施したものである。
 ベトナムでは著しい経済成長を背景に、電力需要は1990年以降年平均14.2%で伸びており、今後も10%を超える高い増加が見込まれている。持続的な経済成長のためには、電力を含む安定的なエネルギー供給が喫緊の課題であるといえる。このような状況の中、2011?2020年までの電力開発計画「第7次国家電源開発マスター・プラン(Power Development Master Plan 7th:PDP7)」が2011年7月21日に公表された。PDP7は、総発電設備容量を2020年に75,000MW、2030年に146,800MWとすることを目標としている。このうち、全電源に占める石炭火力発電所の比率は、設備容量ベースで2010年の17%から2020年に48%、2030年に52%まで増加することが計画されている。また石炭火力発電所の増加に伴い、2015年には発電用一般炭は国内炭だけでは賄えず供給不足に陥り、海外より本格的に輸入を開始することが見込まれている。本事業の対象となるUSCの熱効率は高いことから(超臨界圧と亜臨界圧との比較ではそれぞれ2.0%、3.5%高い)、燃料コストが国内炭よりも高い輸入炭を使用するにあたり、優位性を生み出すこととなる。
 USCに適用される方法論については、パフォーマンス基準を用いた具体的な検討を行った。追加性に関しては、CDMを含め世界的な流れはベースライン・シナリオや個別の追加性の立証を必要としない、パフォーマンス基準である。今回提案するUSCのための方法論においても、パフォーマンス基準を採用し、その基準を上回れば自動的に追加的とみなすとした。リファレス排出係数については、「オプション1:上位X%以上の発電所の平均」「オプション2:Y年以内に建設された発電所の平均」をオプションとして設定し、それぞれ排出削減量を試算した。オプション1においてX=15(%)とすると、Vinh Tan 4では年間234万トンCO2の二国間クレジットの発生が想定される。
 経済・財務評価では、USCは超臨界圧と同等の収益性があり、将来石炭価格が上昇した場合には、熱効率の差による燃料コストの軽減から、超臨界圧よりも収益性が向上するという結果が得られた。またUSC導入にあたり円借款及び二国間クレジットが適用された場合、亜臨界圧や超臨界圧に比べ非常に高い収益性があること、かつ、USC及び超臨界圧が亜臨界圧の内部収益率(9.80%)と同じ内部収益率を得るために必要となる卸電力料金を算出したところ、USCが最も安い電力料金であった。これにより、円借款と二国間クレジットを用いたUSCの導入は、ベトナム側の電力料金の上昇抑制に大きな効果があるといえる。
 またVinh Tan 4サイトは地点の諸条件(土壌、港湾、送電線、環境等)にも優位性があり、Vinh Tan 4でのUSC導入は技術的・経済的に実行可能であると結論付けられた。
 本案件についての今後の二国間オフセット・クレジット制度実現化に向けたプロセスとしては、Vinh Tan 4プロジェクトの早期実現化、およびベトナム?日本間での二国間オフセット・クレジット制度成立の2つの大きなプロセスをそれぞれ推進していく必要がある。今後積極的にこれらプロセスを進めることが期待される。
英文要約  We studied technical and economic feasibility and the amount of emission reduction of CO2 for a ultra-supercritical (USC) coal-fired thermal power plant (Vinh Tan 4) with the aim of introducing ultra supercritical technology for the first time in Vietnam.
  Backed by high economic growth, Vietnam’s electric power demand has increased on average 14.2% annually since 1990. It is expected to increase as much as more than 10% in future. For continuous economic growth, the need to secure electricity and other energy supplies is an urgent challenge. Under these circumstances, Vietnam announced on July 21, 2011 the 7th National Power Development Master Plan (2011-2020) (PDP7). PDP7 aims to increase the total power generation capacity to 75,000 MW by 2020 and to 146,800 MW by 2030. It is planned that the percentage of coal-fired power generation in the total power generation will rise from 17% in 2010 to 48% in 2020 and to approximately 52% in 2030 on an installed capacity basis. With the increase of coal-fired thermal power plants, domestic coal sources for power generation will become in short supply in 2015 and Vietnam will have to begin importing coal. USC has the advantage of high thermal efficiency (3.5% higher than sub-critical and 2.0% higher than SC) when using imported coal whose cost is more expensive than domestic coal.
  Regarding the methodology applied to USC, we conducted a concrete study based on performance standards. As for additionality, the global trend, including CDM, is the adoption of performance standards which do not need to consider a baseline scenario or demonstrate project-specific additionality. The proposed methodology for USC also adopts performance standards; if exceeding the standards, projects will be automatically deemed additional. As for reference emission factor, we set “Baseline Option 1: Ave. Emission Factor in Top X% performers of coal fired TPPs”, and “Baseline Option 2: Ave. Emission Factor in recently-built coal fired TPPs (within Y years)”, and calculated the amount of emission reductions. When setting X=15% in Baseline Option 1, it is expected that the bilateral offset credit of 2.34 million t-CO2/year will be generated from Vinh Tan 4.
  The economic and financial analysis has proved that USC is equally feasible as SC, and it is more feasible than SC if the cost of coal increases in the future because the gap of thermal efficiencies will cause the decrease in fuel cost. Also, it has found that USC will become much more feasible than sub-critical and SC, when utilizing yen loan assistance as well as the bilateral offset credit mechanism in order to introduce USC. Furthermore, by calculating the electricity of each of SC and USC plants in order to obtain the same internal rate of return as that of sub-critical plant (9.80%), it was found that the electricity tariff of USC plant was the lowest. Therefore, it was proved that the introduction of high-efficiency USC coal-fired thermal power plants utilizing yen loan assistance as well as the bilateral offset credit mechanism would have a significant effect of restraining the rise in the electricity tariff in Vietnam.
  Furthermore, Ving Tan 4 has advantages in its site conditions (land form, marine work, transmission line and environmental & social conditions) compared to the other candidate sites, it is concluded that the introduction of USC into Vinh Tan 4 is the most feasible.
  As the process in order to realize the bilateral offset credit mechanism between Vietnam and Japan, it is necessary to proceed with the two procedures; implementing Vinh Tan 4 project and establishing the bilateral offset credit mechanism between Vietnam and Japan. It is expected to actively advance these processes.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る