成果報告書詳細
管理番号20120000000704
タイトル平成23年度成果報告書 省エネルギー効果が期待される半導体レーザー応用技術に関する検討
公開日2012/6/29
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P09015
部署名省エネルギー部
和文要約半導体レーザー応用技術について国内外の技術動向、市場性、及び省エネルギー効果量の算出等をすることで、レーザー応用技術に係る省エネルギーのポテンシャルのベース量を算出し、その提示に資することを目的とし、下記の調査及び検討業務を実施した。

(1)省エネルギー応用技術に関する技術動向検討
国内外における各励起波長の半導体レーザーの省エネルギー応用技術(下記例を参照)に関して有望な技術を抽出し、有識者ヒアリング等を実施することで、国内及び海外における当該技術開発に関する最先端の情報、これまでの開発経緯や現在の開発段階、将来の技術方向性について、それぞれ技術的内容や課題などを明らかにし、国内及び国外における当該分野に関して整理した。

省エネルギーレーザー応用技術例:
レーザーディスプレイ、レーザー照明、レーザー植物工場(1次産業のレーザー応用)、レーザー点火

(2)当該技術に関わる市場性等検討
当該技術開発が成功したと仮定した場合の普及可能性や市場性について、いくつかの仮定に基づき検討した。

(3)当該技術に関わる省エネルギー効果の定量
当該技術開発が成功したと仮定した場合の、2020年、2030年における国内及び全世界の省エネルギー効果量について、いくつかの仮定に基づき定量的に検討した。

(4)報告書の作成
有識者のヒアリングや、(1)、(2)、(3)の結果をもとに、当該技術の報告書を作成した。また国の支援の有無、法規制の動向等などいくつかのシナリオを仮定し作成した。
英文要約Executive Summary

We have conducted a study on various applications of the diode laser technologies in order to evaluate the energy conservation potential of these technologies, and obtained quantifiable bases for the evaluation of the technologies by investigating domestic and international technology trends, and marketability.

1)Evaluation of the current status of diode laser technologies with respect to these energy conservation potential.
We surveyed the current status of these diode laser technologies and gathered the latest information regarding technologies, including history and current stage of development, future direction, technological contents, and issues by interviewing experts in the following application areas for each excitation wavelength of technologies in Japan and abroad. (See below.)

- The energy conserving applications of diode laser technologies surveyed in the study: Laser Display, Laser Lighting/Illumination, Laser Plant Factory (Laser Application in the Primary Industry), and Laser Ignition.

2.) Evaluations of diode laser technologies in terms of marketability and commercialization potential.
The marketability and commercialization potential were examined based on several assumptions.

3.) Quantitative estimations of energy conservation potential upon success of the technology development.
We made the quantitative estimations of domestic and global energy conservation potential for 2020 and 2030 based on several assumptions, supposing successful commercialization of diode laser technologies.

4.) Report
We have created a report based on the results of 1), 2) and 3), and the information gathered by interviewing the experts. In addition, we made several scenarios assuming the presence or absence of government supports and regulatory trends.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る