成果報告書詳細
管理番号20120000000589
タイトル平成23年度成果報告書 「福祉機器情報収集・分析・提供事業/福祉用具開発における現状分析と今後の方向性に関する検討」
公開日2012/7/28
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ
プロジェクト番号P93011
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約件名:平成23年度成果報告書 「福祉用具開発における現状分析と今後の方向性に関する報告」

本調査研究では、NEDOが実施する福祉用具実用化開発推進事業(以下、本事業)を対象とし、本事業で開発された福祉用具における現状確認及び分析を実施することで、本事業の現行実施体制等における課題を明確にするとともに、本事業の効果的・効率的な運用等に関する方策を検討し、平成24年度以降の本事業の運営及び福祉用具産業全体の発展に資することを目的とする。調査方法は、調査方法と調査結果を議論するために委員会を設置し、書面調査、アンケート調査、ヒアリング調査及び福祉用具に関する海外の状況 調査を行なった。
本事業で開発された福祉用具の現状確認及び分析(本事業の現状確認も含む)において、今回のアンケート調査の結果では、本事業終了テーマの事業化(商品化)状況は、事業化済が5割であった。事業化できているテーマのうち、普及している(事業として成り立っている)のは約6割で(事業化間もないテーマは除いて算出)、本事業終了の全テーマに対しては、約3割である。普及した理由として、普及していると回答した全テーマが「ニーズに合致」を挙げており、ニーズ調査の重要性を示している。また本事業応募時、4割以上のテーマが、ニーズ調査、事業性調査が余りできておらず、事業化状況、普及状況に関するアンケート調査では、ニーズの有無が重要という結果から見て、重大な問題であると考えられる。
一連の調査結果に基づいて、本事業の効果的・効率的な運用及び福祉用具産業全体の発展に資する方策の検討を行い、以下の重要と思われる方策案を立案した。
<大企業と中小企業の協業>
●NEDO主導の福祉用具開発のまとまったプロジェクトを立ち上げ、参加企業として大企業と中小企業をNEDOがコーディネートする。
●本事業の終了テーマから、有望と思われるものを選定して、実施事業者と連携を取ってNEDOとして改良研究や販売の協業先の開拓を行なう。
<コーディネータ制度>
●専任の福祉用具開発コーディネータを置くとともに機能できる環境を整備する。
●福祉用具開発コーディネータの人材育成制度を創設する。
<海外展開>
●海外現地の状況に合わせた福祉用具の開発・販売を支援する体制を作る。
<その他>
●本事業で開発する製品の福祉経済性を評価する。
●開発した福祉用具の事業終了後の状況を定期的に調べる追跡調査を実施する。
●開発した福祉用具について、NEDOが個別の企業に対し積極的に営業活動をする。
●福祉用具開発のための大きな目標として、福祉用具産業向けの本格的な技術ロードマップを作成する。
●デザインに優れた福祉用具の開発を支援する。
英文要約Title: Current situation analysis and survey about useful measures in the development of welfare equipments. (FY2011) Survey Report

This survey is targeted for the promotion project of welfare equipments development and commercialization conducted by NEDO. The purpose of this survey is to improve the management of this project and to contribute to the growth of welfare equipments industry by current situation analysis and the survey about useful measures in the development of welfare equipments.
In this survey, a committee was set up and literature searching, questionnaire survey, hearing survey and survey of overseas situation about welfare equipments were carried out.

Commercialization rate of the ending themes of this project is about 50%, but the percentage of themes that is selling well is about 30% in this questionnaire survey. As the reason for the selling well, all themes that are selling well give "matching to the needs". This has shown the importance of needs assessment, but at the time of application, the themes of more than 40%, has not carried out needs assessment.
Based on this survey, we propose as follows,

●to launch development themes of welfare equipments by NEDO and coordinate large and small enterprises as the participating companies.
●to select promising themes from the ending themes of this project and coordinate collaboration between large and small enterprises in improvement study and sales.

●to place coordinators for development of welfare equipments and improve the environment that coordinators can work easier.
●to establish a human resource development system of coordinator for development of welfare equipments.

●to establish a system to support the development and sale of welfare equipments tailored to the situation overseas.

●to valuate the economic efficiency of welfare equipments developed in this project.
●to survey the ending themes to make clear the success factors and failure factors.
●to support more the sale of welfare equipments developed in this project.
●to draw up a road map for development of welfare equipments to show the NEDO's policy about development of welfare equipments.
●to support development of good design welfare equipments.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る