成果報告書詳細
管理番号20120000000675
タイトル*平成23年度中間年報 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 次世代技術開発・フィージビリティスタディ等 革新的な次世代技術の探索、有効性検証に関する研究開発 / 水素・燃料電池に係る国際関連機関等研究・政策動向の調査検討
公開日2012/7/26
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社テクノバ
プロジェクト番号P08003
部署名新エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1. 研究開発の内容及び成果等
(1) 研究開発の内容
本プロジェクトは、我が国の水素経済社会の実現に向けた研究開発を支援するために、水素燃料電池に係る国際関連機関(IPHE、HIA、AFCIA)の動向の調査・分析・検討を行い、関係者及び研究開発従事者への情報提供を行う。
(2) 研究開発の成果
2. 成果(当該年度分についてのみ記載)
1)IEA/HIA の動向の調査・検討・普及
IEA/HIA(水素実施協定)の各Annex(会合)に我が国の専門家を派遣し、最新動向・活動を入手した。また9 月にHIA 執行委員会(ExCO)をNEDO と関係者との連携のもとで福岡にて開催し、意見交換と情報収集を行った。
2)IEA/AFCIA の動向の調査・検討・普及
IEA/AFCIA(先端燃料電池実施協定)の各Annex(会合)に我が国の専門家を派遣し、最新動向・活動を入手した。
3)IPHE の動向の調査・検討・普及
IPHE の各委員会やIPHE 主催のワークショップに参加し、その最新動向・活動を入手するとともに、我が国の政策や技術開発への影響を分析した。
4)IPHE、HIA、AFCIA メンバー国やその主要関連研究機関の政策・技術開発動向の調査・検討
IPHE、HIA、AFCIA メンバー国の発言、プレゼンテーションおよびその他の情報から、参加メンバー国や、その主要関連研究機関の政策・動向を把握し、我が国の政策や技術開発への影響を分析した。特に海外のインフラ状況、FCV 普及台数の情報をとりまとめた。また我が国のFCV の普及台数予測を行い、燃料電池分科会(6 月)に対して「諸外国の水素コスト、水素インフラのあり方、FCV 普及シナリオ」を作成・提出した。
5)情報の展開・普及及び共有化活動
1)?4)で把握した技術開発動向及び分析活動ならびに関連国際会議やウェッブサイ
トから得られた水素関連活動等の展開・普及及び共有化を図った。特に国際動向情報共有ネットワークを立ち上げ、関係者に情報発信を行った。
また2 月にIEA/HIA(水素実施協定)とIEA/AFCIA(先端燃料電池実施協定)の活動
報告会を開催し、関係者に情報発信を行った。
6)再生可能エネルギー由来水素の技術動向
再生可能エネルギー由来水素に係わる技術・情報を集約し、報告書「非化石資源および低炭素資源による水素製造の可能性」にまとめ、報告を行った。
英文要約Title: Research on R&D and policies of international organizations on hydrogen and fuel cell technologies (FY2010-FY2012) FY2011 Annual Report

The purpose of this project is to study R&D and policies of international organizations, such as IPHE, IEA HIA, and IEA AFCIA, on hydrogen and fuel cell technologies and to provide stakeholders with such information to support R&D activities toward hydrogen economy in Japan.

(1) Study, analysis and dissemination of information on IEA/HIA
By sending specialist / experts to each annexes, up-to-date information on IEA/HIA was acquired and provided to stakeholders in Japan. Also, with the support from NEDO and stakeholders, we hosted ExCo meeting in Fukuoka in September, 2011.

(2) Study, analysis and dissemination of information on IEA/AFCIA
By sending specialist / experts to each annexes, up-to-date information on IEA/ AFCIA was acquired and provided to stakeholders in Japan.

(3) Study, analysis and dissemination of information on IEA/AFCIA
By attending IPHE committees and related working groups, up-to-date information on IPHE and major countries' policies was acquired and provided to stakeholders in Japan.

(4) Study, analysis and dissemination of information on major countries and organizations at IPHE, IEA HIA, IEA AFCIA
From the information and presentation at such committees, annexes, and meetings, up-to-date information on activities of major countries and organizations, especially about infrastructure building and FCV deployment planning, was acquired and provided to stakeholders in Japan. Also we have developed FCV scenario in Japan, and provided it to “Nenryo-denchi Bunkakai” in June, 2011.

(5) Dissemination of information
Information acquired from above activities was distributed and shared with stakeholders to support R&D activities toward hydrogen economy in Japan.
Also, we have launched on-line network to provide the information to stakeholders.

(6) Analysis on technical information on renewable hydrogen
Technical information on renewable hydrogen was acquired and analysis report was submitted to NEDO.




ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る