成果報告書詳細
管理番号20120000000745
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業/インド・トルコにおける高炉ガス焚きガスタービン複合発電プロジェクトの案件組成調査
公開日2012/7/5
報告書年度2011 - 2011
委託先名丸紅株式会社、三菱重工業株式会社、株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名環境部
和文要約製鉄所の高炉操業に於いては、銑鉄生産1トンあたりおおよそ1,500?2,000m3と大量の高炉ガス(BFG)が発生するが、BFGは発熱値が天然ガスの発熱量の10分の1以下と低発熱値であるが故に、有効利用することが困難であり、日本を除く多くの国では、大部分が利用されずに燃焼放散されるか、低効率のボイラーで燃焼利用されているケースが殆どである。一方、日本にて開発された高炉ガス焚きガスタービン複合火力発電設備(高炉ガス焚きGTCC)を採用すれば、大量のBFGを高効率(45%前後)で有効利用することが可能となり、温室効果ガス(GHG)の削減を含めた環境負荷の低減に大きく貢献することが可能である。
本調査に於いては、インド、トルコの代表的な高炉一貫製鉄所であるインド/JSW社Vijayanagar製鉄所及びトルコ/Erdemir製鉄所、Isdemir製鉄所の3か所にて高炉、転炉、コークス炉ならびに、Vijayanagar製鉄所に於いてはBFGに代替する燃料として直接還元鉄プラント(DRプラント)から発生するDR Exportガスの発生・利用状況を詳細に調査し、高炉ガス焚きGTCC導入前後のエネルギーバランスの推移を試算するとともに、GHGの削減効果及びプロジェクト経済性のスタディーを行った。
また、プロジェクトの実施に際して、2国間クレジットが適用されることを念頭に於いて、既存CDMの方法論の問題点を分析した上で、温室効果ガス削減量の測定・報告・検証(MRV)に就いての提案を行っている。現状、CDMでは廃エネルギー(廃ガス・廃熱・廃圧)を有効利用するプロジェクトに適用可能な承認済み方法論として、ACM0012「Consolidated baseline methodology for GHG emission reductions from waste energy recovery projects」ならびに、2011年9月に承認された、新設の鉄鋼プラントに限って適用可能なAM0095「Waste gas based combined cycle power plant in a Greenfield iron and steel plant」があるが、これらの方法論を参照の上、二国間オフセット・クレジットメカニズムを適用する上でのポイントを下記の通り整理した。
・鉄鋼プラントにおける排ガスを利用した発電プロジェクトに適用範囲を特化することでよりシンプルな方法論とする。
・ リファレンス排出量の計算は、特に自家発電との代替ケースにおいて、デフォルト値を設定する等の方法により、より簡便なものとする。
・ 生産量の増加に対応可能な方法論とし、排ガスの利用が増加した分もクレジット化可能とする。
 上述の方法論検討のもとに、稼働時間(年間7884時間/年)、GTCC容量(150MW)、GTCC効率(44.2%(インドJSW)、45.4%(トルコErdemir)、45.0%(トルコIsdemir))を前提とすると、インドJSW、トルコErdemir、トルコIsdemirのGHG削減量は下記の通りとなる。
「インドJSW」
(BL排出量(自家発増強の場合の排出)32.9万t-CO2/年?PJ排出量(GTCCからの排出)0万t-CO2/年=32.9万t-CO2/年)
「トルコErdemir」
(BL排出量(現状継続の場合の排出)53.0万t-CO2/年?PJ排出量(GTCCからの排出)0万t-CO2/年=53.0万t-CO2/年)
「トルコIsdemir(Case1)」
(BL排出量(自家発増強の場合の排出)38.9万t-CO2/年?PJ排出量(GTCCからの排出)0万t-CO2/年=38.9万t-CO2/年)
「トルコIsdemir(Case2)」
(BL排出量(外部電力買増しの場合の排出)30.4万t-CO2/年?PJ排出量(GTCCからの排出)0万t-CO2/年=30.4万t-CO2/年)
上記いずれのケースも相当量のGHG削減量が期待され、今回調査した3案件以外にも、特にインドに於いては、昨今の大型高炉の建設によりBFGの有効利用は益々必要性が高まっており、高炉ガス焚きGTCCの導入に必要なファイナンススキームの構築が実現できれば、本技術の広範な普及が期待される。
英文要約During the operation of blast furnace in iron & steel works, large amount of blast furnace Gas (BFG) (around 1,500‐2,000 m3 per ton of pig iron) will be discharged. Calorific value of BFG is only less than one-tenth of the calorific value of natural gas. Due to its very low calorific value, BFG is difficult to be utilized, in many countries (excluding Japan), BFG tends to be either flared or used as fuel for inefficient gas boilers.
In this feasibility study, based on the assumption that BFG fired gas turbine combined cycle power plant (BFG Fired GTCC), which was developed in Japan and can utilize BFG to produce electricity with very high efficiency(about 45%), can be adopted, we made detailed investigation for gas volume discharged from blast furnace, converter, coke oven and DR plant as well as calculation of reduction amount of GHG and economical analysis at 3 major iron & steel works in India and Turkey such as JSW Vijayanagar works, India and Erdemir & Isdemir, Turkey .
Based on the assumption that Bilateral Offset Credit Mechanism (BOCM) will be applied, we also propose the method about measurement, reporting and verification (MRV) suitable for the measurement of the amount of GHG emission reductions by BFG fired GTCC referring to the existing methodology for CDM such as ACM0012 “Consolidated Baseline Methodology for GHG Emission Reductions from Waste Energy Recovery Projects”, and AM0095 “Waste Gas Based Combined Cycle Power Plant in a Greenfield Iron and Steel plant”, approved methodology applicable to a CDM project which utilizes waste energy., approved in September 2011, we hereby summarized the points for application to Bilateral Offset Credit Mechanism as follows;
・ The scope of application for the methodology should be limited only to a power generation project utilizing waste gas from iron and steel plants so that the methodology can be kept simple.;
・ By setting up default values etc, especially in the case that the project replaces a captive power plant, calculation of reference emissions should be simplified;
・ The methodology should be able to accommodate production increases in the plant if that happens, and consequently any increase in use of waste gas should be able to convert into additional credits.
Based on the above methodology study and assumption of operation condition at each site, reduction amounts of GHG for each case are as follows;
「 India JSW」
(BL emission (in case of expansion of captive power plant) 329,000 t-CO2/y?PJ emission(emmision from GTCC)0.0 t-CO2/y=329,000-CO2/y)
「 Turkey / Erdemir」
(BL emission(in case of no change)530,000t-CO2/y?PJ emission(emission from GTCC)0.0 t-CO2/y=530,000t-CO2/y)
「 Turkey / Isdemir(Case1)」
(BL emission(in case of expansion of captive power plant) 389,000 t-CO2/y?PJ emission(emission from GTCC)0.0t-CO2/y=389,000 t-CO2/y)
「 Turkey / Isdemir(Case2)」
(BL emission(in case of increasing of purchase of electricity from grid )304,000 t-CO2/y?PJ emission(emission from GTCC)0.0 t-CO2/y=304,000 t-CO2/y)
From above all cases, it can be expected that remarkable reduction of GHG emission with the installation of BFG fired GTCC. Besides above 3 projects, there are lots of large scale blast furnace projects in India these days, effective utilization of BFG is becoming more and more important. If good incentive such as attractive finance scheme can be provided, it is expected that BFG fired GTCC can be expanded in India and Turkey.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る