成果報告書詳細
管理番号20120000000761
タイトル平成20年度~23年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 ディーゼル発電設備燃料転換モデル事業(インド)
公開日2012/7/5
報告書年度2008 - 2011
委託先名JFEエンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー部
和文要約近年の経済成長により、インドにおける電力需要の伸びは衰えをみせない。2009年においては、インド国内全ての州において供給が需要に追いついておらず、最も不足している州においては、需要に対して発電容量が22.4%不足しているところもあり、インド全体では発電容量が平均で約10%供給量に対して不足している。燃料においては、重油の価格高騰も続き、重油焚発電設備(含む自家発電設備)においてはコスト負担の増加により停止せざるを得ないところも出てきている。そのような中インド政府は、国内のエネルギー源を、その約80%を輸入に依存している石油から、国内に充分な埋蔵量が確認されている石炭および天然ガスにシフトする方針を打ち出している。
デューアルフューエル技術は、既設重油焚き発電設備の主燃料を天然ガスに転換することにより、石油使用量の低減を図ることが可能な技術であり、石油代替エネルギーの促進になることから、インド政府の方針と合致するばかりか、発電コストが改造前に比べて低減する為、結果として発電設備稼働性向上に繋がり、インドおける電力不足への一助となるものである。
本モデル事業では、FS調査により候補となった7サイトのうち、マハラシュトラ州プーネ市にあるタタ・モータース社を実施サイトとし、6台あるディーゼル発電機のうちの2台をデュアルフューエルエンジンへと改造した。
結果として、改造前に比べ7%の省エネ、63%の経費(発電単価)削減、および年間1,300トンのCO2削減効果が得られた。また、30%のNOx排出削減とSOxにおいては95%の排出削減を達成した。
現状ではインド国内における天然ガスの生産が計画を大幅に下回っており、その供給先は政府によって限定されているため、本技術の普及にとって最適の環境とはいえない。他方、本技術が普及する為のその他の要素、例えば電力需要を受けての発電設備稼働率の向上の必要性や重油価格高騰による燃料転換の必要性など、は揃っていると考えられる為、若干限定的ではあるが、本技術の普及は可能であると考える。さらに、本モデル事業において実証された効果は決して小さいものではないことからも、今後天然ガス生産が回復し供給量が充分になった時には、本技術がインド国内において広く普及することに大きな期待が持てる。
英文要約Title : The Model Project for Converting a Diesel Generator to Dual-Fuel Operation (FY2008-FY2011) Final Report
The demand for electricity in India has been steadily increasing due to the recent growth of Indian economy. In 2009, the demand and supply were not balanced in all the states, and in the most electricity-deficit state, the supply was 22.4% short of the demand. On average, the supply was about 10% short of the demand throughout India. Due to the recent price hike of fuel oil, many power plants, including captive power plants, have to cease the operation. The government of India has set its energy policy that promotes the shift from petroleum whose dependence on imports is about 80% to coal and natural gas whose sufficient reserve within India has been long known.
The Dual-Fuel conversion is the technology that matches the government’s policy because the petroleum fuel consumption of diesel engines is dramatically reduced by switching the fuel from oil to natural gas. Since natural gas price in general is lower than fuel oil, power generation cost is also reduced with this technology, and this would result in the increased operation rate of the oil-fueled power generation systems, which in turn would result in improving the electricity situation.
In this model project, 2 of the 6 diesel engines of Tata Motors Limited in Pune, Maharashtra, have been converted. As a result, the following results have been achieved: 7% increase in energy efficiency; 63% cost saving; emission reductions of 1,300 tons CO2, 30% NOx, and 95% SOx.Indian Government currently limits the supply of natural gas to certain industries because the natural gas production in India has been much lower than planned. With such fact, it seems that the situation is not for the Dual-Fuel conversion technology. However, it is also true that there are some supporting factors, such as the need for increasing operation rate of the oil-fueled power generation systems in order to ease the current electricity-deficit situation and the need for switching fuel from costly petroleum to relatively cheaper natural gas in order to save operation costs. Therefore, there is still sufficient possibility of the dissemination of this technology. In addition, when the natural gas production recovers and the supply limitation by the government is called off, such possibility will be inevitably increased.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る