成果報告書詳細
管理番号20120000000762
タイトル平成18年度成果報告書 国際石炭利用対策事業 国際協力推進事業 「アジア主要石炭産国におけるCCT移転研修事業の効果的な実施のための情報収集調査」
公開日2012/7/5
報告書年度2006 - 2006
委託先名財団法人海外技術者研修協会
プロジェクト番号P92029
部署名環境部
和文要約1. 目的および概要:NEDOがこれまで実施してきたCCT移転研修事業の改善策として、受入研修の研修ニーズおよび本邦から移転可能なCCT技術要素(シーズ)を調査し、両者を調和させた研修カリキュラム案およびその実施に必要な付随的な条件を提言した。 2. 事業内容:調査対象国は中国・インド・インドネシア・ベトナム、調査対象分野として電力、セメント、鉄鋼(ただしインドネシアとベトナムは電力・セメントのみ)を選定した。調査は文献調査・国内調査・海外調査の三段階を実施。国内調査はCCT技術を有していると思われる本邦企業合計47社に調査票を送付し、有効回答18通を回収した。(回収率38.3%)各社回答から、移転が期待されている技術を燃焼、排煙処理、選炭、改質、ガス化、液化、基礎技術、セメント等一般産業向けに大分類した後、各分類中に個別技術要素(例 流動床ボイラ発電、脱硫・脱硝等)を配置し、さらに各社回答から移転希望先としての国名、産業分野をマトリックス集計した。また、従来のCCT研修に関する意見、今後展開すべき研修への提言もあわせて聴取した。これを国内調査結果とし、CCT移転シーズと位置づけた。引き続き、海外調査を実施し、各国関係機関より移転ニーズとして回答を得た。インドネシア(平成19年1月23日?27日)ではエネルギー鉱物資源省教育訓練庁、同バンドン訓練センター、PLN本社、セメント協会、石炭鉱業協会を訪問。ベトナム・ハノイ(平成19年1月28日?31日)では工業省国際協力局、EVN、セメント公社、石炭・鉱物産業グループ、化学公社、建設省を訪問。中国・北京(平成19年1月31日?2月3日)では中国セメント協会、鉄鋼鉱業協会、海外電力調査会、九州電力北京代表事務所を訪問。インド・デリー(平成19年2月6日?10日)では電力省、商工省、鉄鉱省、石炭省、セメント協会・セメント建材協会、鉄鉱公社をそれぞれ訪問した。国内調査および海外調査の結果をもとに、今後実施すべき受入研修の実施案を設計した。その際に、実施対象国別実施、セクター別実施、等の基本方針を策定。CCT技術の応用性および石炭消費量の規模を考慮して、合計6コースの研修企画案を提示。(1電力 2セメント・鉄鉱 3省エネ・環境 4管理者向け 5現地企業実務者 6実習組み込み型) 期間は1?3週間を想定した。各案には実施カリキュラム案を添付し、年度別に実施する際の研修コー含む来日前準備を該当国窓口機関との協力の上実施、来日研修中のアクションプラン作成による研修参加者の動機付け、帰国後の研修参加者の組織化としてのデータベース作成等、来日研修を契機とした立体的な運営により、CCT移転の実現を図ることを提言。国内調査、海外調査の企画、実施結果検討のため、本邦CCT関連企業関係者6名で構成の調査検討委員会を組織し、平成18年12月および平成19年3月の二回にわたり、委員会を開催した上、各方面からの意見・提言をとりまとめた。また、調査期間中に専門的知見を得るため、業務委託した合計2名の専門家が海外調査、報告書の作成等に従事した。
英文要約Aiming at improving of NEDO’s CCT transfer training scheme, which has been conducted over many years, the Association for Overseas Technical Scholarship (AOTS) was consigned by NEDO to survey both training needs and technological seeds that are transferable from Japan as well as to propose training curricula to meet both such needs and seeds. The survey was conducted from December 2006 to March 2007 in four countries, China, India, Indonesia and Vietnam, and covered three industrial sectors, power generation, cement and steel*. The survey took the form of a literature search, domestic research and an overseas survey mission. For the domestic research, AOTS sent survey sheets to a total of 47 CCT-related companies in Japan and collected 18 replies from them or 38.3% of the total sent out collection rate.*Power generation and cement for Indonesia and Vietnam. The collected data were classified by technological category such as combustion, dust processing, coal selection, coal upgrading, gasification, liquidification as well as by application and then they were combined with specific technological components such as fluidized-bed boiler power generation, denitration, desulfurization etc.; furthermore, the degree of interest in their technological transfer by country was added to a matrix table. AOTS identified the results of domestic research as technological seeds in Japan. For overseas research, AOTS dispatched four missions: the Indonesian Mission (23-27 January 2007), the Vietnamese Mission (28-31 January 2007), the Chinese Mission (31 January to 3 February 2007) and the Indian Mission (6-10 February 2007). Each mission visited relevant public and private sector institutions that shared an interest in the transfer of CCT in the respective countries, thus AOTS could identify training needs in the respective countries. Based on the results of the domestic and overseas research, AOTS designed a plan of new CCT training in Japan. In this plan, taking into consideration the applicability and the size of the coal industry in the respective countries, a total of six training plans were conceived: (1) exclusive training for the power generation sectors (2) for the cement/steel sectors, (3) training with the focus on energy conservation and the environment, (4) short-term training for senior ranked administrators, (5)training for practitioners in local private sector companies, and (6) CCT training incorporating hands-on training. Each training plan is assumed to last for one to three weeks. This report proposes several training plan choices for each year. The report also proposes the comprehensive practice of other supportive measures for the more effective transfer of CCT such as better coordination with local counterparts, better motivation of training participants with assignments such as preparing action plans, as well as organizing the names of the returned training participants onto a database.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る