成果報告書詳細
管理番号20120000000768
タイトル平成23年度成果報告書 クリーン・コール・テクノロジー推進事業 モンゴルにおける低品位炭利用に起因する環境負荷低減技術に関する検討
公開日2012/7/5
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社栗本鐵工所 双日株式会社
プロジェクト番号P92003
部署名環境部
和文要約モンゴル国においては、首都ウランバートルをはじめ都市部における民生部門での石炭直接燃焼に起因する大気汚染、それに伴う呼吸器疾患など健康被害の拡大が深刻な問題となっている。かかる大気汚染の発生を抑制すべく、環境改善が見込まれる無煙燃料である乾留ブリケットを日本の乾燥技術、乾留技術及びブリケット製造技術を活用して生産する可能性を評価した。乾留ブリケットの評価に当たっては実際にバガヌール炭を乾燥、乾留、粉砕、混練、造粒の各実験を行なってデータ収集及び乾留ブリケットのサンプルを製造し、その発熱量、強度、粒度、水分、灰分、全硫黄分を測定して全てが現地規格を満足している事を確認した。また、実験によって得られたデータにより、プラント全体のマテリアルバランス、熱バランス、ガスバランスの計算を行い各機器のサイズ選定と必要なユーティリティー量の算出を行なった。各機器のサイズ選定に当たっては、現地までの輸送、据付条件を考慮し、適正なサイズ及び分割方法を選定した。一方、輸送困難な場合は機器台数を増やしてサイズダウンを図るか、機器を分割して輸送することを考慮している。各機器のベンダー選定に当たっては、仕様達成できる能力を有し、且つ、製作能力のあるベンダーを選定した。経済性検討の前提としては、バガヌール褐炭を原料として、現地に褐炭乾留ブリケット年産20万トンの製造設備を建設した場合を想定し、その条件に於ける内部収益率と割引現在価値を算出の上、経済性を評価した。
英文要約In Mongolia, air pollution caused by the direct combustion of low rank coal in Ulan Bator, the capital of Mongolia and other urban areas and the consequential health hazard such as respiratory disease are becoming serious problems. We have conducted a research and investigated the possibilities for reducing air pollution by making use of Japan’s outstanding dryer, kiln, and other technologies to manufacture semi-coke briquettes, a smokeless fuel which is expected to contribute to environmental impact reduction. For the evaluation of semi-coke briquette, we have examined Baganuur Raw Lignite and collected data for drying, distillation, crushing, kneading, and briquetting. We have also produced samples of semi-coke briquettes using Baganuur Raw Lignite and analyzed calorific value, strength, size, moisture, ash content, and sulfur and confirmed these criteria satisfy the domestic standards of Mongolia. From the result of these experiments, material balance, heat balance, and gas balance of manufacturing plant were calculated as well as the proper sizes of each equipment and amount of utilities. For the size selection of equipment, conditions of transportation and installation were considered in order to identify proper sizes and the ways of disaggregation. In cases where transportation is deemed difficult, sizing down by increasing the number of equipment or disaggregation of equipment were studied. Vendors of equipment were selected on a basis of manufacturing abilities while meeting the specifications. For the economic valuation, we have assumed the case in which the plant is built in a surrounding area of Ulan Bator and produces 200,000 tonnes of semi-coke briquette per year using Baganuur Raw Lignite. Financial Internal Rate of Return and Net Present Value were calculated from the cash flow model based on these assumptions.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る