成果報告書詳細
管理番号20120000000770
タイトル平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 インドネシアにおけるIGCC発電プロジェクトの案件発掘調査
公開日2012/7/5
報告書年度2011 - 2011
委託先名電源開発株式会社 日揮株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約本調査においては、インドネシアのスマトラ島及びカリマンタン島の3炭鉱を対象に、電源開発株式会社で開発を進める石炭ガス化技術(EAGLE)を用いた低品位炭による山元IGCC発電の技術的可能性を把握し、CO2削減効果の試算を行うとともに、経済的実現可能性を評価した。EAGLEはドライフィード方式であり、石炭は予めガス化炉に気流搬送可能な水分まで乾燥する必要がある。またBAU(Business As Usual)として、インドネシアで現存する亜臨界圧ボイラー火力の性能を用いて炭種毎に水分による送電端効率の補正を行ったプラントを想定し、補正した送電端効率を基に炭種毎のIGCC導入によるCO2削減効果を算出した。検討の結果、どの炭種においてもEAGLE炉を用いたIGCCの導入により送電端効率の改善及びCO2削減効果は得られた。しかし、(1)インドネシアの高温多湿(本調査では温度25℃、湿度80%、冷却水温度32℃と設定)な環境によりIGCC効率が低下していること、(2)インドネシアにおいては石炭火力に対する環境規制がそれほど厳しくないため、脱硫装置や脱硝設備が設置されておらず、高い送電端効率を持つ石炭火力をベースとして比較したこと、により現時点ではCO2削減は小幅に留まった。経済分析は、プラント性能と環境性能および3炭鉱の地域特性からガスタービン発電所を代替火力として、評価した結果、本プロジェクトは経済的観点から合理的なプロジェクトであるといえる。他方、財務分析においては、当該プロジェクトのIPP事業としての採算性を検証することを目的としており、実際のPLNへの売電価格水準(7?/kWh程度)にて評価した結果、IGCC 発電プロジェクトのプラント建設費が、インドネシアの石炭火力と比べて高額であり、現在のインドネシアにおける売電価格水準では事業採算性を確保することが困難で、財務的観点から実現可能であるとはいえないことが分かった。そこで効率・環境面での優位性、本調査で分かった補助金・優遇税制の活用、更に現在進められているIGCCの低コスト化技術開発、多用途利用やCO2との親和性が高いといったガス化炉の一般的な特徴を活かし、プラントコストの削減策とともに、IGCCのBAUに対する競争力強化による導入促進策を検討した。IGCCにおいては、低コスト化技術の適用で約30%、補助金・優遇税制の活用により約10%のプラントコスト低減が期待される。しかし、BAUと同等のプラントコストとするには更なるコストダウンが必要であり、その差は普及促進に頼らざるを得ない。普及促進によるコストダウンの一つとして、多用途利用によるガス化炉コスト低減が考えられる。またBAUに対して更なるIGCC競争力強化による導入促進策としては、排出規制の利用及びCO2クレジットの利用が考えられる。また現地技術者へのCCTへの理解も導入推進の一つに繋がるとして、現地技術者の本邦研修を行い、CCTの理解を促した。
英文要約In this study, the technical feasibility is verified for IGCC power generation at low rank coal mine mouths, using the coal gasification technology ("EAGLE") which J-POWER has been developing. These mine mouths are located in south Sumatra and south/east Kalimantan of Indonesia. At the same time, CO2 reduction potential compared to BAU (Business as usual) case is estimated and the feasibility from the economic aspect is verified. In this study, as the assumption, the low rank coals are dried up in advance and the dried coal is gasified. In addition, CO2 reduction potential for each coal by IGCC installation is evaluated comparing to the virtual BAU plant adjusted by moisture of each coal based on the net efficiency of sub-critical PCF boilers which are commonly used in Indonesia. From the finding of the study, net efficiency and CO2 emission in all coal types are improved by installation of IGCC using EAGLE gasifier. However, significant improvement by IGCC installation is not achieved for the following reasons: (1) it is difficult to obtain higher net efficiency for IGCC in the climate condition of Indonesia (in this study, atmospheric temperature, atmospheric humidity and temperature of cooling water are assumed 25℃, 80% and 32℃, respectively). (2) IGCC had to be compared with the BAU plant which has higher net efficiency, since the BAU plant does not equip DeSOx and DeNOx facilities due to less stringent environment regulations for coal fired plants in Indonesia. Economic analysis is conducted to compare IGCC with gas turbine power plant, which is selected as the alternative plant considering plant/environmental performance and regional conditions. The economic analysis showed that the project is reasonable from the view of economy. On the other hand, financial analysis is conducted using the current electricity tariff (approximately 7?/kWh) to examine profitability of this IPP project. According to this analysis, this project is difficult to be financially feasible at the current tariff, because the plant cost is much higher than that of coal power plant in Indonesia. Therefore, promotion measures to introduce IGCC were examined by improvement of competitiveness against BAU in addition to plant cost’s reduction measures, considering superiority of high-efficiency and less environment impacts, utilization of subsidy/preferential taxation, technology development for plant cost reduction and IGCC general characteristics such as applicability to multiple usage and CO2 utilization. The plant cost of IGCC is expected to be reduced by 30% and 10% approximately through low-cost technology application and utilization of subsidy/preferential taxation, respectively. However, additional cost reduction measures are required to catch up with the cost equivalent to BAU and that needs to be achieved by widespread utilization of IGCC. Enforcement of strict environmental regulations, utilization of CO2 credit and EOR/EGR can be measures for this.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る