成果報告書詳細
管理番号20120000000788
タイトル平成23年度成果報告書 日本発ZEBの国際展開に関する検討
公開日2012/7/5
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約件名:平成23年度成果報告書 日本発ZEBの国際展開に関する検討
本調査では、日本発ZEBの国際展開に向け、有望と考えられる対象国/地域を選定した上で、日本のZEB関連企業の強み・弱みと、各国/地域における政策動向、市場動向、ZEBニーズ等の整理を行い、日本発ZEB国際展開のシナリオの検討を行った。   世界的に見るとZEB関連市場は、規制や基準の強化等に伴い、今後拡大していくと考えられる。現時点では、政策主導の市場であり、短期的には公共施設へのアプローチが有効であるが、中長期的に民間向け施設の需要を取り込んでいくためには、法令遵守対応や光熱費削減、資産価値向上といった国や地域、顧客毎に異なるZEBニーズを適切に見極めることが重要となる。   今回の調査において、ZEBの国際展開を図るには、現地での実績作りが大変重要であることがわかった。この点において、政府やNEDOが実施している国際実証事業の意義は大きい。今後は、これらの実証事業の成果を次のプロジェクト案件形成につなげていくことが重要となる。日本のZEB関連技術は、欧米や韓国などに比べても遜色ないレベルにあるが、海外において日本の技術の導入を促進していくためには、効果を定量的に示すなど、技術導入によるメリットを顧客に対してわかりやすく伝える工夫が肝要となる。   政府やNEDOの役割としては、実証事業において、省エネ効果に加えて、光熱費削減効果や空室率の改善効果、快適性・知的生産性の向上効果等のデータを収集・蓄積し、営業資料の作成や営業活動を支援することが考えられる。また、実証事業等の成果を活用しつつ、日本企業の現地での事業展開を支援するための規格・標準化への参画や、日本の環境・省エネ格付け制度を世界的に普及させるための取組、すでに世界的に普及している制度との互換性を推進する取組も重要である。   さらには、最初の案件を開拓し、実績を作るためには、国内での実績が重要であり、日本の優れたZEB関連技術を世界にアピールするためには、国内におけるZEBの実績が不可欠である。2009?2010年度に実施したNEDOの実証事業(次世代省エネルギー等建築システム実証事業)の成果等を広く共有するとともに、省エネ規制や支援・誘導策の強化・拡充により、国内におけるZEBの取組の活性化を図ることも重要である。
英文要約Title: Research on International Strategies of Net Zero Energy Buildings (FY2011) Final Report As for the beginning of research, we have picked up some promising countries/area, which have strong political promotion or big market potential to achieve net zero energy buildings (ZEBs). Since those research candidate countries have each different policy or market condition, we did bibliographic research to figure out how much market potential does each country has, and what would be strong point of Japanese players if they wish to penetrate their business into those countries. Eventually this figured the scenario which shows how we can promote ZEBs to all over the world from Japan. Globally, ZEB market seems to grow rapidly with tightening of regulations. At the moment approaching to public institution seems very important since the market is lead by policy side. However, if you wish to play in this market medium - long term, you should figure out each customer's need. It would be different--- can be regulatory correspondents, reduction of energy cost, value up of real estate or others. To find out customer's need will be a key step to get business chance to expand ZEB market not only to public side but also to private side. This research shows that to establish actual results in the country is very important to penetrate ZEB business. NEDO's demonstration projects are obviously having very important role from this point of view. For the next step, we should consider how we can develop those demonstration projects to actual business projects. Japanese technologies have great potential and it can be the most advanced one in the world. Even so we still need to make greater effort to promote Japanese technologies' positive effect or advantages. As for Japanese governments or NEDO, they should collect each demonstration's data or result (such as energy cost reduction, improvement of indoor air quality or better intellectual production). This will greatly support Japanese players to promote their next business. At the same time, they should also make effort to achieve standardization of specifications/pattern for each component. Needless to say, to achieve actual result in Japan is the most important to promote Japanese technologies and ZEBs to all over the world. To share the result of NEDO's demonstration projects which has been held in year 2009-2010 and accelerate energy efficiency policies in Japan is also expected.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る