成果報告書詳細
管理番号20120000000813
タイトル平成21年度~平成23年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 コークス炉自動燃焼制御モデル事業(中国)実証事業
公開日2012/7/26
報告書年度2009 - 2011
委託先名三菱化学エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約(1)現地調査・協定関連業務:実施サイト企業である山西陽光焦化集団公司について、基本設計のためのデータを収集するため現地詳細調査を行った。また、同公司との間で本プロジェクトの内容や取進めに関する付属協定書を締結した。
(2)設計: 実施サイト企業の対象コークス炉の操業状況と設備状況の調査結果に基づきコークス炉自動燃焼制御システム(以下ACCSシステム)の設計を進め、またセンサー機器類の設置位置などについて設計を行った。
(3)機器製作・輸送:ACCS管理システム、制御システム及びセンサー類及び主要工事資材類は日本国内にて調達し、中国へ輸送した。日本からの機器資材の輸送に先立って、実施サイト企業により山西省政府を経て中国国家発展改革委員会へ当該資材に係る日本から中国への輸入に際しての免税申請が行われ、認可された。
また、輸送期間中の事故のよる機資材の損害に備えて日本から実施サイトへ輸送する機資材を対象として輸送保険を付保した。
(4)据付・試運転:日本側の指導の下、2010年10月より実施サイト企業により設備機器の据付を開始し、事業対象とされた2炉団のコークス炉のうち工事着手が先行した第5、6炉の据付工事を同年12月上旬に、後続の3、4炉の据付工事を2011年1月下旬にそれぞれ据付完了した。また、据付完了に引き続き試運転を開始し、制御パラメータの調整などの試運転調整を実施した。
(5)実証運転:ACCSシステムの試運転完了に引き続き、事業対象のトップチャージ炉2炉団において、ACCSシステムの操業指導と実証運転を行い、設備の実用性及び本省エネルギー技術の有効性を実証した。
その結果、原料炭の乾留の為にコークス炉で消費される燃料がカロリーベースで従前よりも5%程度削減できることが実証できた。
また、実施サイト企業の事情により本事業対象の第3、4コークス炉がトップチャージ炉形式からスタンプチャージ炉形式へ改造されたることになったが、改造後のスタンプチャージ炉形式においてもACCSシステムの適用を試みた結果、スタンプチャージ炉形式に改造された後であってもACCSシステムが機能することを確認することができ、当該設備は2011年10月に竣工し営業運転に入った。
(6)普及活動:本省エネルギー技術の中華人民共和国国内への普及を図るため、セミナー開催等の普及活動を実施した。設備竣工後は実施サイトにおいて実施サイト企業と共同により山西省内外の200数社の企業幹部を招いての技術普及セミナーを開催し、今後の本技術の中国国内への普及の足がかりを作ることができた。
(7)CDM関連業務:本事業に適用するべきCDM方法論についてCDMコンサルタントを起用して詳細に検討した。その結果、本事業でのCDM適用申請には、AMS?II、Iが適用可能であるとの見解を得、若干の修正案を付記してPDDを作成しFNFCCCへ提出した。
しかしながら、FNFCCC方法論パネルからはこのPDDについて方法論的な適格性の「不適」について指摘を受けるなど本事業でCDM認定を受けるには至らなかった。
今後は斯かる状況に鑑みて2国間オフセットメカニズムでの適用を検討すべきであろう。
英文要約(1) Site survey and fixing the I.D.: Site detail investigation was done on the coke plant of Shanxi Sunlight (Yangguang) Coking Group Holding Co., Ltd. to collect data for basic design. And the I.D. that prescribed the content or procedure of this project was concluded between Mitsubishi Chemical Engineering Corporation and Shanxi Sunlight Shanxi Sunlight (Yangguang) Coking Group Holding Co., Ltd.
(2) Design: Design work for the Coke ACCS was carried out based on the site investigation and the locations of every sensor were determined.
(3) Procurement and transportation: ACCS managing system, ACCS control system, sensors and principle materials were procured in Japan and shipped to China. Prior to shipping, the application of tax exemption was filed to NDRC and authorized. Transportation insurance on the shipments that were forwarded to China from Japan was covered for any accident during the transportation.
(4) Installation and trial run: Under Japanese supervising, installation works were started in October, 2010 by the implemented company. In the subjected Coke oven plant No. 3, 4, 5 to 6, the installation were finished in December, 2010 at the advanced oven No. 5 and 6, then finished in January, 2011 at following No. 3and 4 oven. After finishing installation, trial operation was started and the ACCS systems were tuned up.
(5) Demonstration run: After completing the trial run of the ACCS system, operational instruction were provided and demonstration run were carried out in the two oven trains , then the usefulness and efficacy of ACCS technology was proven. In the result of the demonstration run, that the amount of the fuel for distillation coal could be reduced about 5 (five) percent less than before was proven. In addition to this, the coking operation at No. 3 and No. 4 oven were modified to stamp charge style after the demonstration run by Shanxi Sunlight Coking Group Holding himself.
(6) Dissemination of the technology: To disseminate this energy saving technology, we held some seminar for introducing the technology. After completion of the project, the implementing company and we jointly held a seminar at the site with inviting over 200 leaders of coke maker.
(7) Preparation work for CDM application: CDM method was considered by a consultant. At the result of the consideration, the consultant expressed that AMS-II.I might be applicable for submission of CDM methodologies, then we made and submitted the corrected PDD to FNFCCC. However, the PDD was indicated as difficult in methodology by Panel of FNFCCC Methodologies and CDM was not got authorized. To take warning by above situation, bilateral offset credit mechanism should be considered for this project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る