成果報告書詳細
管理番号20120000000818
タイトル平成23年度成果報告書 高温超電導技術の実用化に資する情報の収集と発信
公開日2012/7/28
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社テクノリサーチ研究所
プロジェクト番号P09018
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成23年度成果報告書 高温超電導技術の実用化に資する情報の収集と発信

 高温超電導の特長を活かす用途を特にマーケットニーズ(技術及び経済面での要求性能)を中心に調べ、超電導ならではの強みや当該用途の市場性等を調査・検討し、今後取り組むべき課題(重点的に取り組む分野等)を明らかにし、関係者で共有し解決に資することを目的として、以下の調査を行った。1.高温超電導の特長を活かす用途として期待される分野の選定。2.当該分野の専門家等からのヒアリング調査。3.有望分野・技術の評価。これらの調査結果を踏まえて選定した10件の技術について、研究開発の必要性を評価するための項目、様式、基準を検討・設定し、それに基づいて評価した結果を、6つの技術分野について「技術シート」として整理した。
英文要約Title: Collection and dispatch of information which contribute to utilization of high-temperature superconductivity technology, FY 2011 Final Report

The application which harnesses the feature of high-temperature superconductivity was investigated especially focusing on market needs. The strong point unique to superconductivity, the marketability of the use concerned, etc. were investigated and examined. The issues and fields which should be tackled in future were clarified. The following investigations were conducted for the purpose of sharing between the persons concerned and contributing to solution. 1. Selection of fields expected as applications which harness feature of high-temperature superconductivity. 2. Interviews to experts in related fields 3. Evaluation of promising technologies. Regarding the selected ten technologies, the item, the form and the criteria for evaluating the necessity for R&D was examined and set up. Finally, the evaluation results were arranged as "technology sheets" on six technological fields.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る