成果報告書詳細
管理番号20120000000844
タイトル*平成23年度中間年報 イットリウム系超電導電力機器技術開発
公開日2012/7/26
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社フジクラ
プロジェクト番号P08016
部署名省エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1. 研究開発の内容及び成果等
超電導変圧器の研究開発に関する超電導変圧器対応線材安定製造技術開発、並びに超電導電力ケーブルの研究開発に関する基板・中間層テープ開発の一環として、ハステロイテープを基板としてAl2O3 薄膜とY2O3 薄膜からなるベッド層の上に、IBAD 法により二軸配向したMgO 薄膜(IBAD-MgO)を形成した中間層テープ(IBAD-MgO 中間層付基板)を、プロジェクト内の他機関に提供した。
平成22 年度は、年度当初より提供を開始し、提供予定総長を均等に月割りして提供してきたが、平成23 年度は平成23 年3 月11 日に発生した東日本大震災の影響により、提供の頭出しが5 月に繰り延べとなった。
さらに夏季の電力需給逼迫により製造装置の稼動制限を受けた影響から、IBAD-MgO 中間層付基板の本格的な提供は秋以降に変更となったが、平成24 年2 月までに修正した計画に沿って、10mm 幅のIBAD-MgO 中間層付基板を総長で4,567m 提供した。
また、超電導変圧器の研究開発に関する超電導変圧器対応線材安定製造技術開発の一環として超電導線材を作製し、プロジェクト内の他機関に提供した。
超電導変圧器用線材については、当社で成膜した10mm 幅の線材を超電導工学研究所
(SRL)において5mm 幅に半裁した後に、使用される部位によって、さらに溝加工を施すことで、線材の超電導層を3 つのフィラメントに分割した。SRL で加工が終了した線材は、I c測定後に特性を満たす線材のみ当社に返送され、当社において絶縁等を施し、再度SRL に提供した。
英文要約Abstruct of annual report on FY2011 Fujikura's achievement for M-PACC

Fujikura has been assigned to provide Hastelloy tapes with IBAD buffer layer (buffer
layer tape) and coated conductor (CC) tapes for Materials and Power Application of
Coated Conductor Project which has started from June 2008.
In the 2011 fiscal year, buffer layer matterial of the buffer tape has been changed into
MgO from Gd2Zr3O7 in order to improve throughput of buffer layer tapes. The total
amount of 10-mm width buffer layer tapes which was delivered to the project is 4.567
km. Two types of 5-mm width CC tapes were delivered to the project. One type has
multi-filament structure which was formed by scribing the superconductor layer. The
structure is expected to suppress the AC loss of CC tapes by factors inversely
proportional to the number of filament. In the 2011 fiscal year, the CC tapes which have
three filaments were delivered to the project. The other type does not have
filamentary structure. The total amount of 5-mm width CC tapes which was delivered
to the MPAC project is 12.044km.
The CC tapes which have five filaments were also examined in order to suppress AC
loss for commercial use of CC tape in the future. Two CC tapes of 5mm width were
divided into five filaments. Both of two tapes is more than 50-m long. The hysteresis
loss of the tapes was successfully suppressed by one fifth after filamentarization.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る