成果報告書詳細
管理番号20120000000097
タイトル平成22~23年度成果報告書 スマートコミュニティ関連産業の国際展開に係るインド市場情報集事業
公開日2012/8/9
報告書年度2010 - 2011
委託先名エー・ティー・カーニー株式会社
プロジェクト番号Q10002
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成22年度?平成23年度成果報告書 スマートコミュニティ関連産業の国際展開に係るインド市場情報収集事業

インドの電力市場は高い経済成長に伴い、年率6.0%(2003?2009年)で拡大している。今後も拡大する電力需要(2009?2020年で年率7.6%)に対し、供給(2009?2020年で年率7.4%)が追いつかないと予想されており、電力不足が課題となっている。電力セクターでの需給ギャップは、発電・送配電、更には需要サイドでの複数の課題に起因している。例えば、送配電サイドでは、絶対量としての送電網の不足に加え、州によっては40%を超えるといわれる一般家庭での盗電を含む、「配電ロス」などがある。かかる中、これら課題への解決策として、再生可能エネルギーを含むスマートコミュニティに包含されるソリューションは有効といえる。また、インド政府は、電力市場を成長させるべく、電力の自由化、外資導入を積極的に推し進めてもいる。しかしながら、外資から見た場合のインドリスクに留意する必要がある。例えば、土地収用は大きな障壁であり、タタなど現地大手資本も同様の課題に直面している。また、中国ほどのリスクはないものの知的財産の保護もインド進出にあたり留意が必要である。インドは世界のサンベルトに位置する等、豊富な再生可能エネルギー資源に恵まれ、再生可能エネルギー発電も拡大を続けている。これまで風力を中心に拡大してきたが(2010年に占める比率は70%)、今後は太陽光の比率が大きく伸びる見込みである(再生可能エネルギーに占める比率が2009年の1%程度から2015年には30%へ増加)。しかし、再生可能エネルギーの促進にあたっては課題も多い。例えば、PVでは、既存電力に対する、所謂、グリッドパリティの実現にある。技術革新によるコスト低減と既存電力料金の上昇がポイントとなるが、ソーラーウェハは輸入に依存しており、高コストの一因となっている。風力については、風況の良い立地が限られつつあることに加え、新たな土地収用の難しさも課題となっている。かかる中、インド政府も再生可能エネルギーへの取り組みを積極的に進めようとしている。例えば、太陽光発電でいえば、グリッドパリティ実現を目指したタスクフォース(JNNSM)を立ち上げ、太陽光発電への州電力公社による買取義務や税控除など経済的インセンティブを付与している。また技術面では、インド政府はシリコンウェハの国内製造を立ち上げようとしており、コスト低減に向けた取り組みもある。ただしその成否は未だ不透明といわざるを得ない状況にある
英文要約Title:Market research of Smart Community related industry in India (FY2010-FY2011)

With the high economic growth in India, energy market has been increasing at 6.0% in 2003-2009. The lack of electricity will be the issues. Supply which will grow at 7.4% in 2009-2020 cannot meet the demand which will grow at 7.6% in 2009-2020. Gap between demand and supply in electric sector is caused by a several problems in generation, transmission & distribution and demand side. For example, there are more than 40% transmission and distribution loss in some states, including commercial loss. Under these circumstances, some of smart community solutions are expected to be effective to solve the issues. The government of India actively promotes power industry reformation and capital introduction to expand power market. However, it is also necessary to pay attention to the risk in India for foreign capital. For example, land acquisition is a significant obstacle even for a bug business like Tata. And we also have to consider the protection of intellectual property when we tap into India, though it's not as unprotected as in China. RE generation in India has been growing with the sufficient amount of RE resources. For example, India is located in World Sun Belt and how to use it effectively is most important issue. RE generation has been expanding with high ratio of wind generation (70% of total RE) but the ratio of PV will become higher in future (from 1% of total RE in 2009 to 30% in 2015). However, there also be the problems to overcome in promoting RE. The issue of PV is the cost and how and when to achieve grid parity. Expected cost reduction by technological innovation and cultivation of economy of scale, as well as the raise in existing electric power rate driven by increasing fuel price, results in diminishing the cost gap between PV and conventional. However, PV manufacturing heavily depends on import of PV solar wafer, and imposes obstacle to decrease cost. There are some problems about wind generation such as decreasing of availability of high wind-resourced land, the difficulty of land acquisition, etc. Under these circumstances, the government of India actively promotes RE; they established a task force (JNNSM) which aims to reach grid parity and offer various incentives such as FIT and tax benefits for PV. Furthermore, they try to domestic manufacturing silicon wafer, but it is unsure if they will succeed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る