成果報告書詳細
管理番号20120000000098
タイトル平成23年度成果報告書 スマートコミュニティ関連産業の国際展開に係る北東アジア(中国・韓国)市場情報収集事業
公開日2012/8/9
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社日本総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成23年度成果報告書 スマートコニュニティ関連産業の国際展開に係る北東アジア(中国・韓国)市場情報収集事業
本調査では、中国・韓国を対象にスマートコミュニティ市場に関するマクロ環境を調査した。中国市場に対しては、JSCA国際戦略WGで検討されている10個のソリューション・パッケージ(1:新エネルギーチェーン、2:RE活用型SG、3:電力網管理型SG、4:低損失送配電網、5:都市新設・広域再開発を伴うSC、6:次世代交通インフラ、7:非電化向け・RE利用MG、8:産業向けMG、9:大規模RE発電プラント、10:高効率エネルギー利用インフラ)を念頭に、中国の社会環境・経済環境・エネルギー政策・国家電網の動向、知的財産権関連制度を調査した。一方、韓国市場に対しては、我が国のインフラ輸出政策のケーススタディとすべく、韓国企業や韓国政府の動向を広範に調査した。 現在、中国においては、急増するエネルギー消費の大半を環境負荷が高い石炭で賄っており、石炭の需給逼迫による発電所の操業停止など、石炭が引き起こすエネルギー・セキュリティ上の課題が顕在化しており、RE(太陽光・風力等)の導入、老朽発電所の更新・集約、石炭以外の地産エネルギー源の利用促進(農業廃棄物、バイオ燃料など)などによる電源の多様化が図られている。また、エネルギー資源が内陸に偏在しているため、需要地である沿岸部への輸送時に生じるエネルギーロスの影響も大きく、送配電網の多ルート化、地域間融通の高度化、需要地近傍での発電プラント建設、低損失送電網技術の導入などが図られている。さらにエネルギー消費を抑えるために、需要家の省エネ促進(スマートメーター等)、各種エコシティープロジェクトの推進、BEMS/HEMSによる施設のスマート化も推進されている。 但し、中国の送配電網を独占する国家電網は、低損失送配電網やスマートメーターに従来から注力しており、既に高水準の技術力を保持している。我が国が強みを持つスマートグリッドやマイクログリッドに関しては、国家電網が持つ配電/小売の独占体制に影響を及ぼす分野であるため、現状では積極的に取り組む姿勢を見せていない。省エネに関しても、中国のエネルギー消費に占める民生部門の割合が低いこと(16%)、緑色建築に代表される省エネ政策が建材断熱に偏っていること、電気代が安くBEMS等のランニングメリットが生じないことから、普及が進んでいないことが明らかにされた。 また、中国の知的財産権関連制度では、日本との類似性も多く見られるが、実用新案の活用範囲が広いため、知財関連では特に既存の実用新案の調査・分析を行うことが必要である。また外資系企業などは、特許等の権利化に加えて、技術のブラックボックス化戦略、さらには営業秘密的技術情報に関する流出防止措置(人材ロイヤルティ向上や厳格な罰則規定等)を講じていることが明らかになった。 一方、韓国政府/韓国企業のケーススタディからは、韓国企業がインフラ輸出のために戦略的にショーケース(済州島テストベッド、松島国際商業都市)を運営していること、スマートコミュニティ分野でインフラ輸出に関係する大企業が1分野1企業体制となっており、政府支援のレバレッジが効きやすい構造であること、「知識経済部による相手国政府へのトップセールス→韓国電力(KEPCO)を中心としたコンソーシアムによる受注→コンソーシアム参加企業による受注機会の拡大」という、トップダウンアプローチを起点とした好循環を築けていることなどが、我が国にとっての示唆として抽出された。
英文要約Title: Information Gathering Project for Northeast Asia (People's Republic of China and Republic of Korea) Market Regarding International Expansion of Industries Related to Smart Community FY2011 Final Report
The main purpose of this research is to figure out macro-environment of SC (Smart Community) market in China and South Korea. Regarding Chinese market, we investigated trends of social and economic environment, energy policy and the State Grid Corporation of China, and laws regarding intellectual property right with the following 10 solution packages in mind: 1)Renewable energy chain; 2)SG (Smart Grid) with RE (Renewable Energy); 3)SG with power grid management; 4)Low-loss power transmission and distribution networks; 5)SC accompanied by new city construction or redevelopment on a regional scale; 6)next generation traffic infrastructure; 7)MG (Micro Grid) in non-electrified areas using RE; 8)MG on industrial parks; 9)Large-scale renewable power plant; 10)Infrastructure with high energy efficiency. These days, China has some energy security issues caused by rapidly growing energy demand and heavy use of coal fired power. Chinese government pursues energy diversification policy by introducing RE, renovating or aggregating old power plants, and promoting utilization of locally produced energy. Also, energy loss during transportation of energy resources cannot be ignored since the resource production areas are far away from coastal areas that are demand sites. In order to reduce its impact, Chinese government pushes ahead with some policies such as enhancement of power distribution grid or upgrade of regional energy flexibility. Furthermore, Chinese government is promoting several energy reduction project including smart meters, eco-cities, and BEMS/HEMS. However, the State Grid has been focusing on the low-loss power networks and smart meters and already has high level technologies. As for the SG and MG that Japanese companies have the advantage in, the State Grid is not aggressive so far since entering into these businesses may affect their power distributing and selling structure. Also, it has turned out the energy saving technologies haven’t been widespread due to some critical reasons such as the small proportion of energy consumption by civilian activities. As for intellectual property right, Chinese utility model patents can be applied to a wide range of products. Therefore, we need to investigate and analyze the existing utility model patents in particular. Also, it has turned out foreign companies use the following strategies in addition to authorization of their patents: 1) Conceal the detail of their key technologies, 2) Improving employee loyalty or setting strict penalty to protect their confidential information. Regarding Korean market, we caught the following suggestions: 1)Korean companies manage test sites with a strategy of exporting their infrastructure technologies; 2)Among the SC market, there is just one big player in one product field so that the company easily receive capital leverage from the government; 3)Top-down approach creates a virtuous cycle which enables Korean companies to award foreign infrastructure projects.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る