成果報告書詳細
管理番号20120000000101
タイトル平成23年度成果報告書 スマートコミュニティ関連産業の国際展開に係る米国市場情報収集事業
公開日2012/8/9
報告書年度2011 - 2011
委託先名アーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約 米国スマートコミュニティ関連市場は、政府支援による後押しを得て急速に成長しつつある。オバマ政権発足後に成立したグリーン・ニューディール政策といわれる米国再生・再投資法ARRAは2019年までに、スマートグリッド関連(170億ドル)、エネルギー効率化関連(258億ドル)をはじめ、再生可能エネルギー、クリーン自動車など新・省エネルギーに多額の予算を投じるものであり、スマートコミュニティに関わる新技術開発やインフラ整備推進の柱となっている。また、州政府によるエネルギー効率化(EE)や再生可能エネルギー導入(RPS)の目標設定、税制インセンティブ(PTC/ITC)などの措置も実質的な推進効果を生んでいる。
 成長が顕著な領域としては、スマートグリッド、再生可能エネルギー、電気自動車(EV)インフラ、建物や機器などの電力利用効率化関連などがあげられる。例えばスマートメーターは2015年普及率50%を目標に設置が進められている。他の先進国と比べると停電が多くエネルギー利用効率が低いなどから米国の電力インフラは依然として脆弱であるといわれ、政策規制を背景に電力事業者が主導で電力インフラを高度化し効率化を進めている。その中でスマートメーターは電力利用のより精緻な検針・課金を実現するとともに、電力需要ピークに対応して需給をコントロール(デマンドレスポンス)するためのキーデバイスとなる。また、再生可能エネルギーの電力供給に占める割合を2025年に25%まで引き上げる方針が掲げられ導入が進められている。現在、風力発電が再生可能エネルギーの約6割を占めるが、今後年平均成長率38%で成長するといわれる太陽光発電も大型発電施設および分散型発電設備の両側面において注目される。
 当該成長市場をターゲットに、グローバル大手プレイヤが多数参画するとともに、急成長するベンチャー企業がポジションを確立しつつある。電力・通信・ITをした統合的に活かしたシステム・サービスの提供が求められる中、グローバル大手(電力系大手GE、通信大手CISCO、IT大手IBMなど)は、スマートメーターなどのキーコンポーネントを買収する動きや、企業提携によりエコシステムを強化する動きなどにより、既存の事業基盤を活かした更なるポジション強化を進めている。一方で、政府支援や大手プレイヤの潤沢な資金を背景に、スマートメーター関連Silver Spring、電力制御関連GRIDPOINT、EV充電インフラCoulomb Technologiesなどのベンチャーがポジションを確立しつつあることも米国市場の特長といえる。近い将来、米国市場で築いたスマートグリッド関連ビジネスを海外市場へ展開していくことも、関連企業および政府の思惑にある。
 米国の各種電力事情の背景には自由化の影響がある。電力自由化とともに電力事業者数が増加し、現在は全米でおよそ3,000社に上るといわれる。所有形態として私営、公営、協同組合などがあり、供給における機能としては発電、送電、配電、関連サービスがある中でプレイヤがそれぞれに事業展開している。垂直統合的に展開する巨大民間事業者(IOU)や公営事業者(SMUDなど)がある一方で、地方公営・協同組合営の小規模の配電事業者が多数存在している。このような事業構造に由来する電力投資や電力網アーキテクチャの複雑さは、米国市場への参入にあたり踏まえておくべき事項といえる。
英文要約 The US smart community-related market continues to grow with strong support from the Government. Since the Obama Administration has taken office, it has pursued a Green New Deal policy which has included the American Recovery and Reinvestment Act (ARRA). Large investments have been earmarked toward the smart grid ($17 Bil), energy efficiency ($25.8 Bil) and other new energy and energy saving areas, such as renewable energy and clean automobiles. This policy becomes the pillar support to promote smart community-related new technology development and infrastructure deployment. Additionally, energy efficiency (EE) targets, renewables portfolio standards (RPS), and tax incentives (PTC/ITC) set by state governments also promote the growth.
 At present, market progress is ongoing in areas of smart grid, renewable energy, electric vehicles infrastructure, and building/equipment energy efficiency improvement. Smart meters, for instance, are penetrating toward the goal of reaching a 50% penetration rate by 2015. Compared to other developed countries, the US’s electrical power infrastructure remains vulnerable, with more frequent power outages and lower energy usage efficiency. Government regulations drive electrical power companies to modernize and improve the efficiency of the electrical power infrastructure. As a part of these efforts, smart meters are considered to be a key device for not only greater precision metering and billing, but also for controlling demand and supply responding to demand peaks (demand response). Also, the announced aim of boosting the percentage of renewable energy within total power supply to 25% by 2025 promotes renewable energy installation. Currently, wind power comprises around 60% of renewable energy, but for the future, solar power is of great interest with projections for growth rates of 38% annually.
 Targeting this growth, major global players have entered this field, while rapidly growing venture companies have strengthened their positions. To address the need for comprehensive system and service offerings best utilizing power, telecom and IT systems, top global players (such as GE in electrical power, CISCO in telecom and IBM in IT) have strengthen their positions leveraging their existing business platforms by acquiring key component companies like smart meter vendors as well as making alliances to solidify their eco systems. On the other side, thanks to Government support and generous funding from global players, venture players, such as smart meter-related Silver Spring, electrical power control-related GRIDPOINT, EV charging infrastructure-related Coulomb Technologies, continue to strengthen their positions ? another unique feature of the US market. The players and US government have future goal to export the businesses developed in US market.
Finally, the current features of US electrical power industry comes from deregulation started from 1990’s. The number of electric companies has increased to more than 3,000. There are private companies, public companies and municipals/cooperatives in terms of ownership, and there are different players in power generation, transmission, distribution and the related services. There are private giants (IOUs) and the large scale public companies (SMUD, etc) with vertical integrated businesses, while there are many small size municipals/cooperatives especially in distribution. The complexity in investment and power electric architecture resulted from the complex industry structure ? the feature new entrants need to understand.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る