成果報告書詳細
管理番号20120000000102
タイトル平成23年度成果報告書 スマートコミュニティ関連産業の国際展開に係る欧州市場情報収集事業
公開日2012/8/9
報告書年度2011 - 2011
委託先名エー・ティー・カーニー株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成23年度成果報告書 スマートコミュニティ関連産業の国際展開に係る欧州市場情報収集事業

EUはエネルギーの輸入依存度を減少、エネルギー源の多様化や加盟国間での相互性の向上を通じ、エネルギー安保を高めようとしている。そして、EU27ヶ国では20/20/20ターゲットを目標に掲げ、温室効果ガスの排出量削減・再生可能エネルギーの割合の増加・エネルギーの高効率化に関する大きな政策目標を宣言している:
(1)1990年と比較し2020年までに温室効果ガスの排出量を20%削減 する
(2)2020年までにエネルギー消費量に占める再生可能エネルギーの割合を20%まで高める
(3)2020年までにエネルギーの消費量を現在の予測値よりも20%削減する
 他方、EU全体で定量目標を掲げるも、各国でも定量目標を掲げ、自国のエネルギー供給状況や優先順位を反映しながら見合った実行計画を採択している為、EUを1つの市場として捉えるのではなく、分化した市場の集まりだと考えることが重要である。欧州全体で見ると電力が供給不足になることは考え難いが、電力消費量の増加率、発電種類の割合も各国で全く異なる。しかし、電力システムの安定と再生可能エネルギー比率の増加は各国共通の目標である。各国のイニシアチブは大きくは以下の2つのアプローチで進められている。(1)供給側のアプローチ:最適なリソースがある箇所への再生可能エネルギー発電の設置、送電系統の容量増加のための投資 (2)需要側のアプローチ:再生可能エネルギーによる発電の流通に焦点をあて、消費者や流通のレベルで、地域毎の消費を最適化する
  オンショア・オフショアでの再生可能エネルギー発電の増加に伴い、送電関連機器の市場は拡大する事が見込まれる。ドイツや英国におけるオフショア風力発電の増加により、送電網に対する潜在需要は底堅い。中でも、ドイツにおけるオフショア風力は英国に比べより陸上から離れていることから、高電圧による海底送電の需要が大きくなる事が予見される。また、再生可能エネルギー発電の増加に伴って、陸上での送電線は増加する見込みだが、特に架空ケーブルに対する住民の抵抗もあり、地中ケーブル市場の潜在力も大きくなる。
 再生可能エネルギー発電の分野では現在は風力発電の市場規模が大きいが、今後は家庭用太陽光も有望になると考える。ドイツでは家庭用発電と自己消費を後押しする政策が取られており、2016/2017迄に家庭用自家発電PV及びメガソーラーPVがグリッドパリティを実現する見込みである。これに伴い、蓄電池(battery storage)は家庭用やオフィスビルといった需要が顕在化しつつある。 LIBでコストレベルを500 ?/kWh 程度に引き下げる事ができればドイツで家庭用に需要がある。一方、大規模蓄電池等の送配電網への導入は、送配電による売電規制がネックとなり現時点では困難。但し、送電側には系統安定化ニーズがあり、規制を撤廃していくことも重要だとの認識がある。
 HEMS/BEMSの市場は徐々にではあるが顕在化しつつある。HEMSに関してはドイツや英国が中心的市場となる見込みである。英国では規制緩和によるユーティリティ企業間の競争によりスマートメーターの積極的な導入進みHEMSを促進するドライバーとなっている。一方、ドイツではPVを活用した自家発電の導入が政府支援で拡大しており、自家消費を推進する政策がある中でHEMS市場が形成され始めている。 BEMSに関しては、欧州ではビルのエネルギー効率化に向けた法規制とビルマネジメントの効率化・高度化が求められ拡大しつつあり、すでに独Siemensや 仏 Schneider Electricが統合的なソリューションを展開し始めている段階である。一方、CEMSに関しては、中小規模の配電事業者がパイロットプロジェクトを実施している段階で、市場が顕在化しているとは言いがたい
英文要約Title: Market research of Smart Community related industry in Europe (FY2011) Final Report

The EU intends to reduce energy import dependence and to increase overall energy security with a focus or source diversification and increase interconnectedness of member states. With the so-called 20/20/20 targets, all 27 EU member states pursue ambitious policy targets regarding GHG emission reduction, the share of renewable energies the increase of energy efficiency. These targets are: (1)Reduce GHG emissions by 20% (comparing 1990 to 2020), (2)Increase the share of renewable energy in total final energy consumption to 20% by 2020 and (3)Reduce overall energy consumption by 20% compared to a baseline scenario by 2020. While quantified EU policy targets exist, each country has committed to a differentiated set of quantified targets and chooses its on national path of implementation, reflecting the different energy supply situation and priorities of each Member State. In Particular, With regard to electricity there is no supply shortage electricity in Europe as a whole. However, power consumption grows at different rates (e.g. 0%- 1% p.a. in Germany and UK, 3-4% in Poland and Spain, respectively) and the installed power generation base differs greatly. For example, Poland is almost exclusively based on coal, while France depends heavily on nuclear and Italy almost exclusively on natural gas, while Germany still has a balanced portfolio of multiple sources. And also increasing the share of renewable energy while warranting electricity system stability are a top priority in all countries. Two fundamentally different ways are currently considered and are likely to be implemented simultaneously in the mid term future: (1) Supply Side approach: Build renewables where there are the best resources, invest in increased transmission grid capabilities. (e.g. Off-Shore wind development or Desertec Initiative combined with investment in HVDC connectors.) (2)Demand side approach: Focus on distributed generation of renewables and optimize local/ regional consumption at user and distribution level (e.g. Smart homes, Sustainable Cities, distributed renewable energy)
 The increase of RES in on-shore and off-shore will drive investment to transmission system. Germany and UK, in particular, have plans to install huge number of off-shore wind-park in Nord Sea area. This will drive demand for off-shore grid-access as well as enhancement of Grid backbone. In particular, demand for high voltage transmission system will increase in Germany where location of off-shore wind parks is much far from those in the UK. In addition, potential of underground cable is high, because of increasing needs to enhance Grid, but there is significant public resistance against overhead lines.
 In the area of RES, wind generation market is currently major. However, PV for household use may grow in the near future because German government provide subsidy for residential self-generation by solar. By 2016/2017 PV grid parity in Germany is expected reached in self-generation and mega solar. Mega solar needs more cost competitiveness than PV for self-generation. The demand for battery storage in household and office also has significant potential demand in grid. For Lithium Ion batteries, there will be high demand in German household if cost would be under a threshold of about 500 ?/kWh. On the other hand, it is not easy to implement large battery to transmission and distribution grid, because there is the regulation for electric power selling on Transmission System Operator (TSO). TSOs, however, have requirement to stabilize electric flow, and therefore, there are potential market if the regulation is removed.
 
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る