成果報告書詳細
管理番号20120000000103
タイトル平成23年度成果報告書 スマートコミュニティ関連産業の国際展開に係るASEAN市場情報収集事業
公開日2012/8/9
報告書年度2011 - 2011
委託先名アーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本調査はASEAN地域の各主要国において、スマートコミュニティ市場ニーズを明らかにし、我が国の強みを踏まえた事業機会獲得に資することを目的としている。ASEAN有望国選定にあたっては、GDP経済成長率等マクロ指標による評価を実施し、インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、ベトナムを調査対象国として選定した。以下各国調査結果の概要を示す。
【インドネシア】
電力需要伸び率が今後10年で年率9.2%と非常に高いと予想される一方、第一次、第二次クラッシュプログラムにて計画されている電源開発は計画通り進んでおらず電力供給不足が解消されていない。また島が多い同国は電化率が80%未満と低い。同国の電力供給はPLN電力公社がほぼ独占しているが、送配電網の脆弱さによる高い送配電ロス、電力品質の低さが顕著であり、頻繁な停電の発生や電圧変動が同国の工業化推進においても課題となっている。電力供給不足に対しては海外からのIPPの積極的な導入を目ざすが、低く抑えられた電力価格や政府許認可の煩雑さが参入障壁となっている。スマートグリッド導入に関しても、配電網の強化がまず必要であり、導入にはまだ時間がかかる見込み。
【ベトナム】
電力需要伸び率が年17?20%と極めて高いが、電力供給の中心は水力発電であり天候に左右されることから頻繁な停電が発生。しかし、電力価格が政府政策で安く抑えられているため発電部門への投資が進まず、電力供給不足が解消されていない。政府は電気料金の値上げと電力自由化を推進することで今後IPPなど積極的な投資の呼び込みを進めているが、電力価格の低さから投資の魅力度の低さから進展していない。スマートグリッドに関しては老朽化したグリッドのアップグレードニーズが高く、SCADAなどの導入プロジェクトが推進されている。
【タイ】
2010年において電源の72%を天然ガスに頼っており、長期的に電力供給ポートフォリオの多様化を進めている。特に再生可能エネルギーとしてバイオマス発電や太陽光発電導入を積極的に進めている。現在電力買取り上乗せ制度があり、積極的な投資を呼び込んでいる。太陽光発電は2022年に500MW導入目標としているが、既にライセンス枠を超えており、目標枠の拡大が検討されている。スマートグリッドでは配電公社であるPEAが推進しており、2026年までに全国へのスマートメーター(AMI)導入を進める予定。
【マレーシア】 
電力供給は現在十分な余裕を持っており、供給品質も安定している。電力事業は発電事業を除き電力公社3社が地域独占。スマートグリッドの導入意欲は低いが、グリーンビル開発に政府優遇が手厚く、スマートシティー開発も積極的に進められている。また再生可能エネルギーについてはバイオマス発電を中心にREの導入拡大を目指しており、太陽光発電や風力発電の目標設定は低い。
英文要約The purpose of this research is to clarify smart community market needs in each of the main ASEAN countries and support the identification of business opportunities based on Japan’s strong points. In order to identify the most promising ASEAN nations, we conducted an assessment of macro indicators such as GDP growth rate etc., and selected Indonesia, Thailand, Malaysia, Singapore, and Vietnam as the target countries to research. Below is a summary of the research results for each country.
Indonesia
The growth rate for electric power demand is forecast to be extremely high at 9.2% over the next 10 years. However, their 1st and 2nd rush programs for electrical power development have not progressed according to plan and they have failed to eliminate the problem of power shortages. Also, with many islands, the penetration rate for electric power is still under 80%. Public utility, PLN, has a near monopoly of electric power supply, but they suffer from high transmission losses due to the decrepit transmission grid, while the poor quality electrical power and frequent outages are a problem for Indonesia’s push toward industrialization. To counter the electrical power shortages, they are looking to bring in IPPs, but the price controls on electricity and the difficulty of the government approval process and other red tape are barriers to entry. For the introduction of smart grid as well, they first need to strengthen the transmission grid, so adoption is still projected to take some time.
Vietnam
The rate of growth for electrical power demand is extremely high at 17 ? 20%, but as their chief source is hydro power, there are frequent outages due to weather fluctuations. Since the price of electrical power is controlled by the Government, there is little investment in power generation and shortages have not been eliminated. The Government is looking to attract more active investment in the future from IPPs and others by raising electric fees and greater deregulation, but there is little progress due to the fact that low electricity prices make investment unattractive. Regarding smart grid, there is a strong need to upgrade their aging grid, and they are conducting projects to install SCADA etc.
Thailand
In 2010, they relied on natural gas as the source for 72% of all power and they are now looking to diversify their portfolio for the long-term. In particular, they are actively installing biomass power and solar power as renewable energy sources. Presently, they have an adder price power purchase incentive system (PPAs) to aggressively attract investment. While their target for solar power installation is 500MW by 2022, they have already achieved the licensing framework and are considering expanding the target. In smart grid, power distributor PEA is proceeding with plans to install smart meters (AMI) nationwide by 2026.
Malaysia 
Power supply is fairly abundant and the quality is steady. Aside from generation, the electric power business is dominated by 3 public utilities with regional monopolies. Incentives for installing smart grid are low, but the Government is offering generous support for green building development and aggressively promoting the development of smart cities. Also, for renewable energy, they are aiming to expand RE installations, chiefly in biomass, while solar power and wind power targets remain low.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る